« 薫風の丹後半島一周2013 | トップページ | TANTANロングライド追走記 »

2013/05/31

残雪輝く加賀白山

 5月25日21:00、丹後を出発。昼間、勤務のため舞鶴までスーパーカブで往復したときには、自転車を沢山見かけた。5月中旬以降、ほとんど雨が降らず、安定した晴れの日が続いている。明日までは晴れの予報だ。日中の最高気温が30度を超えた生ぬるい風の中、クルマで東へ。敦賀I.C.から福井北I.C.まで北陸自動車道を使い、勝山を経由して、石川県白山市白峰へ。ちょうど満月のこの夜、勝山盆地では水田が輝き、白峰から白山の懐に入っていくときには白いまだらの山が月明かりを浴びて夜空に浮かび上がった。
 26日2:00、別当出合に到着。クルマは5~6台。先週の金曜(17日)に別当出合までの道路が開通し、この土日には沢山の人が押し掛けているのではないかと思っていたが、意外に少ない感じ。それはともかく、すぐに仮眠。
 4:40、夜明けとともに目覚める。まだ動き出している人はいない。昨日道中で買って置いた朝食を食べてから出発準備。5時を過ぎると、クルマからハイカーが出てきて出発していき、新たなクルマが駐車場に入ってくる。ラッシュアワーに入ったようだ。やはり、沢山の人出賑わいそうだ。私も、5:30出発。
P1030867_2P1030869_2

 駐車場から少し歩いたところの、白山登山センターのトイレに寄ってから、吊り橋を渡って登山道へ。登山道に雪はなく、板を背負って歩く。中飯場辺りから雪の上を歩く。直登する冬のルートを行くが、笹や灌木のブッシュに阻まれて大変苦労する。スキー板を背負っているので、なおのことブッシュが引っかかる。周囲をよく見て、登山道をたどった方がよかった。
 私は登るのが遅いので、どんどん抜かされていく。スキー板を背負っている人と背負っていない人の割合は、3:7といったところか。
P1030875_2P1030877P1030881


 標高1730m、ちょうど中飯場と甚ノ助ヒュッテの中間辺りで、雪面と勾配が安定し、ブッシュの影響が薄れてきたので、シール登行開始。林間を登っていくと、甚ノ助ヒュッテが見えてきた。
P1030897P1030899P1030904


 標高1950m、ちょうど中間に位置する甚ノ助ヒュッテで小休止。ブッシュは疎らで、この辺りは快適に滑れそうだ。ただし、まだまだ登りは長い。
P1030907P1030914P1030918


 甚ノ助の上の斜面は勾配が増して、さらにペースが落ちる。別当谷の源頭部をトラバースするときにはスキーアイゼンが心強い。しかし、雪の切れ目があったのでスキー板をザックにつける。黒ボコ岩直下の急斜面はキックステップで直登。登りはつらいが、周囲の景色が素晴らしい。別山や奥越との国境の山々、スタート地点の別当出合付近の展望が、励ましてくれる。
P1030922P1030924P1030930


 黒ボコ岩まで来れば、弥陀ヶ原の奥に室堂、そして御前ヶ峰など白山のピークが見えてきた。山頂付近の岩肌が出ている。勾配は緩やかで再びシール登行可能だが、そのままつぼ足で行くことにする。私の場合シール登行だと、凄まじくペースが遅いのだ。
 スキーヤーが滑り降りてきた。気持ちよさそうだ。早く滑りたい。
 室堂を横目に、御前ヶ峰を目指す。勾配が再び急になっていく。黒っぽく氷結した雪面がありキックステップを刻みにくいので、できるだけ柔らかい雪で覆われたところを拾うように歩く。柔らかいザラメ雪に足首まで埋まるところがあった。最近積もった雪だろう。
P1030933P1030932P1030934


 標高2635m付近が、残雪の最高点。スキー板とザックを置いて御前ヶ峰へ。北アルプスが見えているようだが、霞が濃くなり、はっきり同定できない。残雪に戻ると、周囲はガスに覆われてきた。
P1030946P1030947

 さあ、シールを外して滑降開始。少し下ればガスはない。穴や溝ででこぼこの雪面だが、やはりスキーで滑るのは楽しい。周囲が絶景ならば、なおのことだ。
P1030948P1030950

 弥陀ヶ原を横切り、エコーラインを下ることにする。沢山の人が歩いていて穴だらけだが、滑りにくいというほどではない。振り返ると、ガスが切れて山頂が見えていたので小休止。下には南龍ヶ馬場のロッジ群が見える。
 エコーラインの尾根から甚ノ助ヒュッテの上部へとトラバースするコースがあるようだが、すでに一部ブッシュが出ているらしいし、そもそも良く知らない。甚ノ助ヒュッテと南龍ヶ馬場を結ぶ登山道まで下る。標高2140m付近で、その登山道を見つけて、スキー板を外して肩に担いで歩く。時折雪が切れた、等高線に沿う道を15分ほど歩いたら、甚ノ助ヒュッテの上の斜面に到着。再びスキーを装着して滑り始める。甚ノ助ヒュッテの少し下までは快適。その後は、ブッシュにやや苦戦。それでも、シール登行を開始した標高1730m地点まで滑降。標高差900mほど、滑ることができた。その後は、板を背負ってつぼ足で下る。ブッシュに苦しむが、登りほどは苦労しなかった。
 中飯場から下は、虫に悩まされる。ブヨが大量にまとわりついてきてうるさい。まさに、五月の蠅だ。ただし「五月蠅い」の語源となった「五月」は旧暦のため、実際には梅雨の時期のハエを意味している。
 やっとの思いで、別当出合に到着。無事に下山。全行程の3分の2はスキーで下れた。スキーを使わない登山者は、当たり前ながら下りもずっと歩き。とても真似できない。
 というわけで、これで今シーズンの滑り納めとなった。
 帰り道は、高速道路を使わずに。日付が変わってからの帰宅となった。

|

« 薫風の丹後半島一周2013 | トップページ | TANTANロングライド追走記 »

コメント

 はいかいさんも行かれたんですね。ビッグマウンテンは景色がいいですね。登った感もあります。天気よさそうで良かったです。
 来シーズンもよろしくお願いします。

投稿: すう | 2013/06/06 23:59

 体調を崩して家で寝るだけだった去年の雪辱を果たしたゴールデンウィーク4連休の北海道ツーリングに始まり、今年の5月は充実した活動ができました。特に、5月12日からこの白山の翌日の27日までの間、雨が降ったのは19日のみ。あとはほぼ晴天。日は長く、湿度が低く、活動には最適の日々。こんなチャンスを逃す手はない。ここぞとばかり畳み掛けました。流行の言葉で表せば、まさに「いつやるの?今でしょ」の5月でした。
 白山はこれで4度目、うちスキー登山は3回ということになります。すべて、別当出合から。別当出合からの標高差1500mが、日帰りの自分の限界だと思っています。別当出合までの開通は17日の金曜で、その告知を認識したのは前日の16日。18日の土曜には、体調の調整が間に合いませんでした。19日は天気が悪い。翌週、25日は仕事で、なんとか26日まで晴天が持ってくれ、と祈っていました。
 日頃、標高差500m以下の山行きで満足しているようなヘタレには、これは一大チャレンジです。ほかの登山者に追い越され名からひたすらマイペースを貫きました。単独でないとダメですね。
 前回は、2009年の6月6日。今年と同じくらいに開通したのですが、天候や体調(睡眠)の管理により結局6月にずれ込んでしまいました。結果、スキーができたのは2630~2100mの標高差500m余り。もう少し滑りたいと思いました。だから、今年はなんとしても5月のうちにと思い、標高差900m滑れたのはまずまず満足でした。でこぼこの雪面でしたが、雪質はザラメで、ヘタレマークでもなんとか楽しくターンができました。でも、6月に入ってからの方が、いろいろな人(本格的な登山者ばかりでなく)がいて、楽しいですね。
 翌週のTANTANロングライドの時に白山の報告もしようかと思っていたのですが、前日の受付の時は忙しそうでしたし、当時はやはりロングライドでいっぱいいっぱいで、脇役は出しゃばらないでおきました。
 来シーズン、またご一緒しましょう。

投稿: はいかい | 2013/06/09 21:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 残雪輝く加賀白山:

« 薫風の丹後半島一周2013 | トップページ | TANTANロングライド追走記 »