« 扇ノ山で春の新雪を滑る | トップページ | まだまだ滑れる扇ノ山 »

2013/04/18

丹波の弥十郎ヶ嶽をMTBで縦走

 北摂の周辺エリア、丹波篠山の南部の弥十郎ヶ嶽。北摂の山に通うときにはその登山口を横目に通り過ぎていた。21年前に発行された「関西MTBツーリングブック」には、弥十郎ヶ嶽も紹介されている。というわけで、それが本日のターゲット。
 昼過ぎに、篠山市後川に到着。日差しが強く、暑いくらいだ。日本海側ではフェーン現象のため夏日となることが予想されている。
P1020976_2P1020978P1020979_2


 13:30、後川をスタート。標高370m。動物除けのゲートを越えて竹沢林道を登る。谷が二股に分かれたところの林道のヘアピンカーブの先端から登山道が始まっている。杉林の中、沢に絡むように登山道が延びている。橋があったり、飛び石で渡渉したりするところが現れる。濡れた石が滑りそうなので慎重に足を置くが、予想以上につるつるでMTBを担いだまま転倒。膝から下が濡れてしまった。でも、この気温と湿度ならすぐ乾くだろう、と思ったら本当にすぐに乾いてしまった。
P1020984P1020989P1020992


 沢は滝となって、それに伴い登山道も急勾配に。MTBを担いで岩場を登る。息が切れる。滝の上に乗り上げれば、また緩やかな道となる。ただし、杉の植林の中の道のため、払われた枝が大量に散らばっていてMTBを押して進むのにも一苦労。
P1020995


 進んでいくと道がわからなくなった。GPSレシーバーに入力してきたルートからはほとんどはずれていないし、赤いテープのマーキングも見られる。とにかく谷を詰めたら尾根に乗り上げればいいのであまり気にせずに進む。ところが、尾根へのとりつきが壁のような急勾配。足場がなく空荷でも大変なのに、MTBを押したり担いだりしながらでは相当な苦行である。見上げれば尾根はそこに見えているのだが、なかなか到達しない。かなりの時間を費やして、ようやく稜線に出た。
 家に帰ってから調べてみたら、途中から正規ルートの谷より東側の谷に入り込んでしまったようだ。GPSレシーバーに入力したルート作成に参考にした、昭文社の「山と高原地図」に記されている登山ルートが間違っていたようだ。GPSレシーバーだけを頼りにしないで、もっと辺りをよく見るべきだった。とはいえ、マーキングが間違える人も多いことを示している。
P1020996P1020997

 尾根の道に出たらスムーズに進めるようになる。路岩を越えてジャンクションピークからは乗車もできるようになる。
P1030001P1030004

 16:10、山頂到着。標高715m。登山口から山頂まで、通常1時間余りのコースになんと2時間半以上費やした。山頂は東から北東の展望が開けていた。北東には篠山盆地東部の広がりが見えるが、濃い霞でぼんやりしている。
 下山中は動画を撮影しようとカメラを探すが、ない。出発準備の時に確かに手に取ったはずなのだが。何となく嫌な感じだ。クルマの中に忘れてしまったということであってほしい。
P1030015P1030016P1030021


 16:30、何はともあれ下山開始。いきなりジャンクションピークまで楽しい下り。道標のある分岐で「篭坊温泉」と記された左手の道へ。いきなり急な下りで乗車不能だが、鞍部近くまで下ると気持ちよく乗れる。登り返しはMTBを押し、ピークを越えたらまた乗車。それを繰り返しながら南東方向に尾根を進む。なかなか楽しい。林の中なので余り実感はないが、両側が急斜面の割と細い尾根のようだ。「ハハカベ山」と刻まれた石碑を過ぎると、西側に尾根道に沿ってネットが張られ、その向こうにダブルトラックがのぞく。地図にないダブルトラックだ。
P1030026P1030028P1030031


 やがて南東に向かっていた尾根は鋭角的にカーブして北東を目指す。すると、17:10、登山道の分岐点に出た。標高622m。尾根を直進すれば「たんば農文塾コース」で原峠方面へ。私は、南側の谷に下りて篭坊温泉方面を目指す道をとる。急な下りが始まるかと思ったが、いきなり浅い谷を緩やかに下る、快適乗車の道。そのうち急な区間や、ガレた区間が現れて、押しの場面が出てくる。実は登りの急な壁のような場面が現れるのではないかと恐れていたのだが、そこまで苦労することはなかった。ただ、谷のルートなので、近年の豪雨の影響だろう、時々ガレて道が不明瞭なところがあった。
P1030032P1030034

 最後は杉林の中のダブルトラックほどの幅のある道となった。快適に走れそうなのだが、沢山の倒木が通せんぼしているのを越えなければならないのが惜しい。17:35、車道に出た。標高417m。
 壁を登っているときの「もう二度と来ない」という気持ちをを覆すほど楽しい下りだった。登りも正規ルートをとればそんなに大変ではない。いつかもう一度来て、リベンジしよう。、
P1030043P1030044P1030045


 17:40、車道を後川へ。下りなので、山間から田園風景へ早送りで景色が変わっていく。山には山桜、郷には残り花でいい雰囲気。17:55、駐車地に戻ったらすぐにクルマのルーフを見る。やはり、屋根の上にカメラを置きっ放しだ。ルーフキャリアの支柱に隠れるように、しかも色も同じ黒だったのが幸いしたようで、無事だった。本日の全行程は、11.6km。

|

« 扇ノ山で春の新雪を滑る | トップページ | まだまだ滑れる扇ノ山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丹波の弥十郎ヶ嶽をMTBで縦走:

« 扇ノ山で春の新雪を滑る | トップページ | まだまだ滑れる扇ノ山 »