« 大江山連峰鳩ヶ峰名残雪の滑降 | トップページ | 11年ぶりの深山(丹波・摂津国境) »

2013/03/09

樹氷の氷ノ山2013

 1月末に氷ノ山の大倉谷を滑った。昨シーズンから狙っていてようやく実現した。そのときは、しめって重い雪に苦戦し、転倒した際に木にぶつけて顔をけがするという辱めを受けた。というわけで、リベンジだ。それと、大倉谷には右股と左股があって、前回は左股だったので、今回は右股を行ってみよう。同じコースでは芸がない。
 3月3日日曜11:30、鳥取県わかさ氷ノ山スキー場到着。パトロール事務所で登山届を記入して、12:10リフト乗車。2本乗り継いでスノーピアゲレンデの最上部へ。リフトから見上げると空は曇ってはいるが、積もったばかりの雪を頂いた白い山頂はちゃんと見えている。
P1020303


 12:25、ザックに板を付け標高1190mのゲレンデトップからつぼ足で尾根を登る。出だしは急登の林間。登るほどに少しずつ斜度がゆるみ、進行方向左手に三ノ丸から山頂の稜線が見渡せる。
 アルペンスキーを背負った単独行の男性が「以外に雪質いいですね。もっとザクザクかと思った」と言いながら追い越していった。
P1020309


 3月1日は、猛烈な南風が吹いた。九州北部、中国、四国、関東では春一番と発表された(九州南部と北陸は2月初めに発表済み)。近畿、東海ではまだ春一番の発表はないが、観測地の大阪、名古屋で風速が春一番の基準値に満たなかったようだ。とはいえ、北近畿、例えば兵庫県の豊岡では10m/sを越える風が吹き、フェーン現象による気温上昇で最高気温は20度近くになった。また、わかさ氷ノ山スキー場の裏側にある、氷ノ山国際スキー場は、強風によりリフトが損傷し、今シーズンの営業をうち切りに追い込まれた。その1日夕方から夜に雨が降り、翌日には寒の戻りの雪となり北海道や東北では吹き溜まりにクルマが埋まるほど。しかし山陰ではあまり雪が降らず、今日に至る。気温上昇と風と雨で、根雪はもうひどい状態。昨日の雪が頼みの綱だ。
 1月末には雪が少なく雪庇ができていなかったやせ尾根には、例年通りの雪庇ができていた。そこを越えると、なだらかな頂上台地となる。13:20、スキー板を装着して歩き始める。樹氷をまとったブナ林が美しい。
P1020320P1020323

 この辺りから下山してくる人とすれ違いにぎやかになる。スキーとスノーシューが半々くらい。
 稜線は風が当たるせいか新雪が薄い。例によってシールは貼らず、手彫りのステップソールの効力で登るが、アイスバーンが出ているところではステップが食い込まずに難儀する。
 ゲレンデトップでは大山が山頂をのぞいて大方見えていたが、いつの間にやら雲に隠れてしまった。それどころか、西からどんどんガスが追いかけてくる。三ノ丸の手前では辺り一面ガスに飲み込まれてしまった。ただし、ホワイトアウトと言うほど濃くはなく、近くの様子はよくわかる。また、GPSレシーバーがあるので、迷っても来た道を引き返すことは可能。予備の電池はもちろん、もう一台予備機を持ってきている。
P1020333P1020334

 三ノ丸を越えると、ガスが薄まり、一度見えなくなっていた山頂が見えてきた。雲の切れ間から樹氷の林立する白銀世界に日が射して幻想的な雰囲気。
P1020338P1020346P1020344


 わさび谷を通り越して、14:45、大倉谷へ。前回は山頂よりの左股、今回は三ノ丸寄りの右股からエントリーの予定。昨年は、なかなか天気に恵まれず、ようやく3月20日に来てみたものの、アイスバーンの急斜面に撤退となった。それが左股。今回の右股は左股よりも急斜面。いざ、エントリーポイントに立つと、その斜度にびびってしまう。いや、1月末のように雪が柔らかければそうでもないのだが、果敢に滑り込んだ先人のトレースがあるが、横滑りやカニ歩きの下降など苦戦の跡が見られる。結局今日も撤退。
P1020347P1020351P1020350


 15:00、ワサビ谷滑降開始。大倉谷よりもやや斜度は緩いが、新雪は薄く、アイスバーンに苦戦する。そうかと思えば、新雪の吹き溜まりもあって、対応が難しい。
P1020352


 斜度を下げるにつれて、薄い新雪の下のアイスバーンはクサレ雪に変わった。さらには、沢が出ていて、急な法面を、立木をかわしながら進む。
 最後の杉林に入る。そのまま沢に沿っていくとスキー場のスノーピアゲレンデとイヌワシゲレンデの連絡通路に出るが、双眼から北方にそれてイヌワシゲレンデ上部を目指す。
 しかし雪が悪い。急斜面で密度の濃い杉林をトラバースしていたら、うっかり谷側に転倒。スキーが木に引っかかって宙ぶらりんの逆さづりになってしまった。脱出するのに5分ほど費やす。16:25、イヌワシゲレンデに到着。結局、今日も屈辱を感じながらの下山となった。
P1020355P1020357


 それでもすっかり天気は良くなり、樹氷で白く輝いた山頂に見送られながら家路につく。

|

« 大江山連峰鳩ヶ峰名残雪の滑降 | トップページ | 11年ぶりの深山(丹波・摂津国境) »

コメント

 2度目の大倉谷残念でした。ボクも行きたいな、大倉谷。サクッと行く、はいかいさんがうらやましい。

投稿: すう | 2013/03/14 22:46

 いつも重い腰を上げるのに苦労しています。大倉谷は、2年前にすうさんと一緒に滑ったワサビ谷みたいに天気が悪い方がいいみたいです。とにかく厳冬期限定コースですので、来シーズンですね。

投稿: はいかい | 2013/03/18 00:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 樹氷の氷ノ山2013:

« 大江山連峰鳩ヶ峰名残雪の滑降 | トップページ | 11年ぶりの深山(丹波・摂津国境) »