« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013/02/22

新雪の旧アルペンローズスキー場

 2月16日は、雪が舞った。山では雪が積もっていることだろう。雪が残り少なくなっているスキー場にとっては恵みの雪だ。17日の日曜日、できれば氷ノ山に行きたいと思っていた。1月末に転けまくってろくに滑れず、顔面を木にぶつけた大倉谷のリベンジをしたかった。でも、休日の朝の惰眠の心地よさにこの日も負けてしまった。
 結局午前中をだらだらと過ごし、昼過ぎに家を出る。やってきたのは神鍋高原。2000年3月で営業を終えたアルペンローズスキー場の跡地。スキー場の駐車場だった広場にクルマを止め、板を担いで万劫集落へ。集落の奥からスキーを装着して雪の上を歩く。シールを貼っての登行は今シーズン初めてだ。
P1020099


 リフト乗り場の跡のコンクリートの塊を見ながら、かつての下山コース、勾配のあるダブルトラックを登る。登行リフトを兼ねたこのリフトはゲレンデ下部に中間駅があった。一般的に、リフトの中間駅は下車専用だが、ここは珍しい乗車専用の中間駅があった。だから、一番下の乗り場からは一つとばしで乗車するルールになっていた。スキー客がどんどん入山してくる朝のうちは、一番下から乗車したスキーヤーとゲレンデを滑って中間駅から乗車したスキーヤーが交互に上部に運ばれていく。
P1020102


 林間のダブルトラックを越えると、景色が開け雪原に出る。実質的なスキー場のベースで、リフト中間駅のプレハブ小屋やゲレンデ食堂の跡が点在している。半日券は閉鎖する直前に設定されたが、主に一日券しかなかった時代のスキー場なので、昼頃からは一番下の乗り場から乗る人は滅多にいなかった。
 雪原を進み、正面に立ちはだかるあすなろゲレンデにとりつく。このスキー場は細長いコース主体で、ゲレンデと呼べるのはここくらいのものだった。そのあすなろゲレンデも、徐々に木が生い茂ってきている。
P1020109


 あすなろゲレンデを登り切ると、狭いコース状の登りに変わる。この辺りが標高差のちょうど中間辺り。こちらも木が生えていてそれを交わさないといけない。今シーズンのこれまでの山は、なだらかだったりアップダウンがあったりしたので、手彫りのステップソールだけで済ませていたが、今日は頂上までひたすら登って、その後はひたすら下る単純な行程なのでシールを貼った。木を避けながらの登行はステップソールでは厳しかったから、シールを貼って正解だった。
P1020113


 しばらく行くと、最上部へのリフト乗り場だ。このスキー場は標高差340mを2本のリフトを乗り継いで登る。最上部リフトの乗り場は狭く、長い直線にすることも蛇行させることもできないため、リフト待ちの行列の作り方にも独特のルールがあった。2列縦隊で並ぶのである。その列の間はロープで仕切られ割り込めないようにされている。リフトに近い方の列がほぼなくなった頃に、係員がロープを持ち上げ列のまま真横に移動するのだ。
 そのリフト乗り場から、スイッチバックする形で登ったところにあるのが、万劫とは別のベース、稲葉(いなんば)からのリフトの下り場である。このスキー場のリフトは3本。すべてシングルリフトだった。
P1020117


 そこでまたコースはスイッチバックして、尾根を頂上へと向かう。背後には、アンテナ群を頂いた三川山が見えている。
P1020124


 登り初めから1時間半あまり、標高698.6m、三等三角点「万劫」のある、旧アルペンローズスキー場のゲレンデトップに到着。ナイターの照明が灯るアップ神鍋スキー場を正面に見ながらシールをはずす。隣の奥神鍋スキー場から、下山を促す場内放送が聞こえてきた。さあ、いそいで下ろう。
 いつものことだが、滑り初めは雪の状態が心配。うまく滑れるだろうか。
P1020134P1020138P1020148


 結果からいうと、とても滑りやすい雪だった。底無しの新雪は持て余してしまう技量だが、少し堅くなりかけていて程良い浮力。それでいて表面はさらさらと柔らかく気持ちがいい。
 コースは登ってきたのとは別、最も東よりのススキコース。一番斜度があって滑りごたえがある。中間部辺りは細い木が生い茂ってきているが、それを避けながら滑るのがまた楽しい。これらの木が太く成長するまでの、お楽しみだろう。
P1020145P1020155P1080797


 快適にゲレンデ下部に降り立ち、後は中間駅から下の下山コースへ。雪が悪いと難儀するが、ちょうどいいくらいの抵抗で直滑降のまま集落へ。最後まで楽しかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/02/17

スキー動画集

 さらに自分撮り動画。今度は両手を使って、前から後ろから。そして横から上からも。天気もいい。

 NIFTYの動画共有サイトが廃止になって、お蔵入りになっていた動画などをYoutubeにあげなおした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/02/13

スキー場で自分を撮影

 スキー場で、ストックにカメラを付けて自分の滑りを撮影してみた。まずは、前と横方向から。

 次に、後方から。レンズにかかる雪を払いのけながら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/02/09

まだ冬は終わっていない

 立春は過ぎたが、まだ冬である。2月7日夜から雪が降り出し、8日朝には少し積もった。およそ2週間ぶりの雪である。朝のうちは激しく降る時間帯もあったが、それもつかの間。雪かきをしなければならないほどには積もらなかった。
 それでも3連休を前にしたスキー場にとっては恵みの雪。
P1080755P1080759

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三和から西紀・春日へ、箱部峠・鼓峠・栗柄峠・三春峠周回

 3週間前に天候悪化と日没で中途半端に終わった、丹波の国の峠越えツーリングのリベンジ。曇天ながら雨の心配のない2月5日の昼過ぎに、福知山市三和町河内野の国道9号線と府道710号線分岐にあるドライブイン跡地にクルマを止める。
P1010957P1010958

 ランドナーを組み立て、府道710号線を南下。まずは田園地帯から山間部に入り府県境を越えて兵庫県へ。箱部峠は、府県境でなく、兵庫県側に位置している。峠の両側が桑原。おそらく北は端郷なのだろう。峠を越えた本郷の桑原の集落から、本来ならば県道509号線に行きたいところだが栗柄峠の手前で西紀ダム工事のための通行止め。そのまま710号線を進んで県道97号線の鼓峠を越える。福知山と篠山を結ぶ、通行量のいらない最速ルートである県道97号線鼓峠はたまにクルマが通る。私も、クルマでよく利用している道だ。全くクルマが通らない細道の509号線の方が格段に快適である。それでも、鼓峠は自転車では初めてなので、一度くらいは走っておいてもいいだろう。多紀アルプスの三嶽がいろいろな角度から見える。クルマでは気づかなかったアングルだ。
P1010962P1010964P1010972


 ヘアピンカーブで急激に登って鼓峠を越えたら緩く下る、いわゆる「片峠」と呼ばれる非対称の地形だ。この峠は、本州の中央分水界で、日本海側由良川水系から太平洋(瀬戸内)側加古川水系へと移動をしたことになる。
P1010975P1010976

 通行止めの県道509号線と合流する栗柄集落で西紀ダムの工事現場を右に見送ったらすぐに栗柄峠。篠山市(旧西紀町)から丹波市(旧春日町)の市境をなすこちらの峠は鼓峠を上回る片峠で、なんと建設工事が行われている西紀ダムからの流れ杉ヶ谷川が栗柄峠を越えて篠山市から丹波市の滝ノ尻川へと流れていく。当然水が下から上へと流れるはずはなく、峠とは名ばかりで篠山側からは全く登っていないのである。
 どうしてこうなったかというと、丹波市の滝ノ尻川の侵食の勢いが強く、かつての峠地形を崩して反対側の杉ヶ谷川の水源を奪ったのだそうだ。栗柄集落のある緩やかな谷には、加古川水系の宮田川が南に向かって流れていて、本来は杉ヶ谷川はこちらに合流していたのだが、前述の水源の争奪により杉ヶ谷川は滝ノ尻川となって西に流れていく。同じ谷から別方向の流れが発生する、谷中分水界(こくちゅうぶんすいかい)である。しかも、滝ノ尻川は竹田川を経て由良川に合流して日本海に流れる。つまり、谷の中に本州の中央分水界があり、栗柄は日本海側と太平洋側にまたがった集落ということになるのである。
P1010978P1010980

 さて、栗柄峠の東、丹波市側は、薄暗い林の中の細道から大規模な道路の拡幅工事現場となり滝ノ尻川の深い谷を見下ろす。左手には多紀アルプス(多紀連山)が屏風のようにそびえる。
 道路工事現場を過ぎ、センターラインのあるバイパスから谷底の集落に降り立ち一車線の細い農道を行く。そのまま栢野(かやの)集落の中の旧道へ。狭い道の両側には、古いが立派な作りの木造家屋が並ぶ。壁は赤く塗られている。「ベンガラ(弁柄)」である。
P1010987P1010991

 栢野集落を抜けると再びバイパスで田園地帯を西に。三井庄(みのしょう)で北に進路を変え、三春峠を目指す。こちらもバイパスがつけられているが、できるだけ集落の中を行く。やっぱり家がベンガラで赤い。
P1010998P1020012

 三室ダムを右手に見てしばらく行くと集落は終わり、三春峠への本格的な登りが始まる。それまでは時たまクルマが通ったが、この先はほとんどクルマに出会うことはない。この日も、三春峠越えでは一台もクルマには出会わなかった。やはり自転車はこういう道を走らないと。
 標高440m余りの三春峠は、本日のコース最大の峠。峠が近づくと竹田川の大きな谷を見下ろす。対岸には多岐連山の西端に位置する三尾山。その山腹を貫いて現われた高速道路が高架で山に巻きついている。
P1020017P1020023

 三春峠は兵庫と京都の府県境。ここまで、府県境が避けた峠、片峠、川が越えている峠など、クセのある峠を越えてきたが、ようやく最後にして正統派の峠である。ここで今日一番の下りに備え中間着を着込む。京都府側の方が風景はさらにダイナミック。まずは尾根を行くスカイラインだが、すぐにヘアピンカーブとなって谷に下っていく。そのヘアピンカーブのあたりからは、大きく深い谷の底に田ノ谷の数軒のトタンに覆われた茅葺屋根の家々が見渡せる。その家々は遠く小さく見えるのだが、下りは早い。あっという間に田ノ谷に到着。
P1020025P1020032P1020037


 あとは緩やかなく下り基調を、国道9号線に向けて北上。だんだんと谷が広く田園風景となって、久しぶりにクルマに出会う。薄暗くなってきたのでLEDライトを装着し、点滅させる。
P1020041P1020047P1020049


 ひっきりなしにクルマが行きかう国道9号線に出た。クルマを止めたドライブイン跡までの1km程は、歩道走行。
 いくつもの峠を越え、府県境や中央分水界をまたいだ38kmの周回コースだが、すべては丹波の国の中での出来事。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/02/08

豊岡盆地を見下ろす三開山

 豊岡市立図書館で予約していた本の貸し出し準備が整ったという連絡が来た。借りに行かねば。節分の暖かさですっかり雪はなくなったが、スーパーカブで往復2時間冷たい風にさらされるのはきつい。クルマで往復100kmだとガソリン代が約930円もかかってしまう。本1冊借りるのにこれはもったいないので、何か楽しめる用事を作ろう。というわけで、豊岡周辺の地図を睨む。あった三開山だ。
 2月3日、節分の日曜、クルマにMTBを積んで豊岡へ。
 京都府京丹後市久美浜町布袋野(ほたいの)と兵庫県豊岡市奥野をつなぐ府道および県道709号線の峠は、冬期閉鎖であるが、雪解けのため通ることができた。一車線分だけ除雪もされていたようだ。おかげで交通量や信号が多くてめんどくさい国道を使わずにすんだ。豊岡盆地には行ってすぐの中嶋神社の赤い大鳥居がある駐車場にクルマを止める。ああ遅くなった。もう16時過ぎだ。MTBを組んでスタート。全く雪のないグラウンドでなにやらスポーツ(野球かサッカーか?大人か子どもか?)が行われている神美小学校の裏手から登山道が始まっている。
P1010899P1010903

 麓を小学校や新興住宅、福祉施設に囲まれた標高202mの三開山にはかつて頂に山城があり、今は東西南北4方向から登山道がつけられている。国土地理院の地図には登山道は描かれていないが、おそらく東側からはなだらかな尾根を行くのだろう。MTBで乗れそうだ。そして、この標高ならば雪は解けてなくなっているだろう。そういう読みである。前日は雨だったので、MTBに簡易泥よけを装着し、防水シューズをはいて、ズボンの裾をスパッツで防御。
P1010913_2P1010915

 実際来てみると、予想通りに尾根に乗り上げ、予想通りに雪はないのだが、整備され過ぎて丸太の階段が多いのがやや不満。かつての城跡の成果、登山道沿いのあちこちには石仏が佇む。
P1010916


 山頂手前には2段の急な段差がある。これはかつての城郭を形成する曲輪(くるわ:「郭」とも書く)と呼ばれる人工的な段差で、もっと下の方にあった丸太の階段のあった場所も曲輪の跡と思われる。幾層にもなっているのは山城には割とあるようで、その階層構造にいわゆる本丸、二の丸、三の丸などという名称がつけられている場合もある。
 40分ほどで山頂へ。円山川や出石川の流れ、豊岡市街、但馬中央山脈に神鍋高原のスキーゲレンデ、来日岳や法沢山など眺めがよい。
P1010923P1010924

 さあ、下山しよう。なだらかな尾根は予想通りMTB向き。ただ、少しぬかるんで滑るので要注意。中腹で、ブレーキをかけたら後輪が浮き上がり、前に手をついたらぬかるんでいて滑りヘッドスライディングのように腹這いに転倒。それでも体感乗車率は70パーセントとまずまず。下山の所要時間は20分。小学校のグラウンドは静かになっていた。
P1010951


 MTBをクルマに積み込んで、図書館へ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

氷ノ山初めての大倉谷

 快晴の1月31日、正午過ぎに、鳥取県若桜町のわかさ氷ノ山スキー無料駐車場にクルマを入れた。
 支度を整え、スキーパトロール事務所の登山届けに記入してリフト乗車。2本乗り継いだら標高1200mのゲレンデトップ。霞が深く大山は見えるか見えないかのぎりぎりのところ。青空をバックに扇ノ山、青ヶ丸、仏ノ尾は白くきれいに輝いている。
P1010836P1010837P1010843


 こんな平日には山を独り占めだろうと思っていたが、スノーシューの単独男性が下山してきた。見れば、複数のスノーシューのトレースが重なってできる高速道路が上に向かって延びていた。快晴が人を山へと誘ったようだ。
 板をザックに固定してつぼ足で登り始める。しばらくするとテレマークスキーの板を背負いスノーシューをはいた単独の男性が下山してきた。山頂直下までいったところでビンディングが板から抜けてしまい、泣く泣くスノーシューで戻ってきたという。何とも気の毒だが、今日の天候ならば稜線を歩くだけでも値打ちがある。
P1010842


 登っていくに連れ木々に小さな樹氷が着いている。いつも雪庇ができているやせ尾根は、今年はまだ雪の量が少ないせいか、雪庇はなかった。
 標高1320m位まで登るとなだらかになってスキーを装着。とりあえずシールは貼らないで、手彫りのステップソールを効かせて歩く。今シーズン、スキー登山はこれで3日目だがシールは全く使っていない。
P1010855P1010857P1010863


 樹氷のブナ林を抜け広大な雪原を歩く。チシマザサが完全に埋まりきっていないところもあるが、おおむね快適に滑れる丘が連なる稜線だ。なだらかで小さなアップダウンが続くので、ステップソールの板が効果を発揮する。
P1010866P1010868

 三ノ丸、ワサビ谷の頭を越え、標高1448mピーク付近に到着。もう山頂は近いが、山頂は目的地ではない。ちなみにこの1448Pは、一ノ丸つまりは山頂と、三ノ丸に対する二ノ丸ということらしい(「兵庫県大百科事典」神戸新聞出版センター)。
P1010876


 積雪期に三ノ丸と山頂の間を行く場合は、1448Pには乗り上げずに、その東側、つまり兵庫側のなだらかな斜面を巻くのが一般的で、西の鳥取側の谷は見下ろしたことがなかった。その1448Pの西側の谷が、大倉谷である。昨シーズン初めてこの谷をすべりおりてみようと思ったが、活動可能な人天候の巡り合わせが悪くて訪れたのは3月の下旬となった。そのころにはすっかり新雪の供給は途絶え、斜面は堅いアイスバーン。急斜面の谷に滑り込むのは断念、ワサビ谷に戻って、そちらを滑降した。
 あれから10ヶ月、今日は数日前の降雪から雨は降っていないし、やや鮮度は落ちても雪は柔らかくなかなかいい条件ではないのかと期待しながらやってきた。大倉谷は右俣・左俣に分かれているが、昨年目星をつけたエントリーポイントは山頂よりの左俣。1448Pには一人の男性が立っている。スキーだろうかスノーボードだろうか、それともスノーシュー。滑走できないとしたら本日中の下山は難しかろう。山頂で泊まりだろうか。足下が見えないのでわからない。大倉谷の急斜面を見下ろしながら1448Pの西側を巻いて左俣へ。
P1010885


 立木が多く、急斜面でワサビ谷よりもハードだが、今日は雪が柔らかいので転倒しても滑落のおそれはない。結局シールは使わなかったので、歩行から滑走へは心の準備だけの切り替え。というわけで、意を決してドロップ。
P1010886


 谷の上部は落葉樹林のため西部がもろに当たり、新雪というには鮮度の落ちた雪が重い。細い木が多くなかなか快適とはいえない。あげくにはスキーのトップが雪面に突き刺さって、前のめりに転倒。細い木に顔面を痛打。左の頬が痛む。目、鼻、口をぶつけなかったのが幸いだ。
P1010887


 何度も転けながら下りていく。切り立った側面から落ちてきたデブリもあり、難儀する。喉のように細くなった急斜面も難所だった。
 喉を越えると右俣との合流点。スノーボードとスキーのトレースが、そちらからきていた。それぞれ単独で数時間前に付けられたもののようだ。
 谷の下部は日陰になるため雪質がよくさらさらだが、その薄い新雪の下は悪雪でやはり苦しい。斜度は落ち着いたが、沢が出てきて切り立った法面を斜滑降で進む。法面をただ斜滑降で滑ればいいというわけではなく、立木や露岩を避けなければならない。下手をすれば沢に滑落してしまうので、緊張が走る。スキーはまだ歩けるからいいが、スノーボードのトレースは、途中つぼ足に変わっていた。
 谷が開けなだらかになって杉林に突入。明るい落葉樹林から暗い林に入るのはワサビ谷と同様だが、こちらは滑りやすい斜度で、しかも前方の木々の隙間から開けた雪原が見える。あっという間にわかさ氷ノ山スキー場の仙谷アルパインゲレンデだ。
 ゲレンデはかちかちのハードバーン。連絡路を経てイヌワシゲレンデに移動し、その下の駐車場に止めたクルマに板を積んで、ブーツを履き替えてパトロール事務所のある樹氷スノーピアゲレンデ入り口にクルマで移動。
 公衆トイレの鏡で、大倉谷の上部にて木にぶつけた顔面をチェック。左目の下と、鼻の左下から出血。特に鼻の左下がひどい。顔を洗ってから、パトロール事務所に帰還報告。ああ、明日はマスクをつけて出勤だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/02/05

雪が少ない大江山連峰鳩ヶ峰

 大寒が後半に差し掛かった1月26日ごろから降雪があった。ひと月前のクリスマス寒波では降雪が少なかった大江山連峰にも徐々に雪が積もってきたようだ。
 1月29日、午後が空いたので行ってみる。福知山市大江町の千丈ヶ原には、平日ながら先客のクルマが一台。ツボ足のトレースが付いている。それをたどるようにスキーで歩き出す。まずは林道歩き。手掘りのステップソールがあるのでシールは貼らない。積雪は明らかに少なく斜面には笹が出ている。
P1010741P1010740

 除雪の限界点から少し歩いたロッジ群で、鍋塚林道に右折。ツボ足トレースもそちらに向かっている。しばらく登ると単独の男性が下山してきた。あいさつを交わしてすれ違う。
 そのあと2か所で大きく林道をショートカット。ツボ足トレースは林道をたどっていた。
 空は曇天。鳩ヶ峰や千丈ヶ嶽が見えてきたが、すぐにガスで隠れて細かい雪がパラパラと降ってきた。
P1010746


 歩き始めてから1時間半ほどで稜線に到着。林道はここまで。まずは鳩ヶ峰を目指す。雪はすぐにやみ、再び鳩ヶ峰が見えてきた。つぼ足トレースは途中で折り返していた。雪が少ないとはいえつぼ足ではきつい。しかも、スキーと違って下りもずっと歩きだ。とてもまねはできない。
 鳩ヶ峰の山頂にはかつては道標しかなかったが、いつの間にか山頂を表す碑が立っている。そういえば去年の残雪期に作業員に出会ったことがあった。国定公園となってから整備されてきている。
P1010769P1010787

 結局シールを貼らずに登ってきたのですぐに滑降ができるが、その前にベンチに腰かけてパンを食べる。
 鳩ヶ峰の東斜面にドロップ。雪質はまずまず。そのまま東尾根に下ることもできるが、これだけで下山するのはもったいないので、でだしのおいしい斜面だけ滑ったらトラバースで縦走路に。雪が薄めの縦走路沿いを滑って林道終点の鞍部に戻る。稜線をそのまま鍋塚方面にむかう。やはりシールは貼らない。つぼ足トレースはそちらにも伸びていたが、鞍部から少し進んだだけで折り返している。結局、どの山頂も踏まずに心が折れたようだ。
 徐々に夕暮れが近づき、どうやら鍋塚登頂は無理なようだ。その手前の標高711mピークまでとしよう。鍋塚も雪は薄いようだが滑れなくはなさそう。時間がないのがちょっと悔しい。
P1010798P1010805

 711Pからは南東尾根から千丈ヶ原へダイレクトに滑降しよう。下の方は笹が出ていたが、ブッシュの範囲は少なく何とか滑れそうに見受けられた。しかし、尾根の登山道への入り口を見つけるのにやや難儀。昨シーズンと全く積雪量が違い、ブッシュに隠されていたのだ。
P1010809


 ブッシュに苦労しながら下って行き、植林の中をショートカットする。しかし、雪があまりにも薄くターンをするのが危険になってきた。結局その下の、昨年見つけた植林の快適な斜面はあきらめて、鍋塚林道に戻る。ちなみに帰宅後に稜線から高倍率の望遠で撮った写真を見てみれば、下の方の植林の中はどこも雪が薄かったようだ。
 林道を使っての下山は全く楽しくなかった。こんなことならまだ鳩ヶ峰の東尾根を使う方がよかったのかもしれない。あちらも雪は薄いが、あまりターンをしないでほぼ斜滑降のみで下れるのでこういう雪の少ない状態ではそちらの方がよかったか。
 その後、降雪は途絶えまるで春先のように雪はあっという間にとけた。一昨年は1か月半、去年は2か月半という驚異的なスキーシーズンとなった大江山連峰だが、今年は数日限りで終わりなのかもしれない。まあ、これが普通なんだけど。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

1月は108km

 二つ前の記事にも書いたけど、雪が少ない。大寒の前半にあたる1月20日からの週にも、5日間のウィークデイのうち3日通勤で自転車に乗ることができた。とはいえ、道路わきに雪が残り路面はぬれているので、クルマと同じ道は走りたくない。というわけで、天橋立と宮津湾沿いの自転車道を中心に。ダートの天橋立では泥はねによる汚れ防止のため、泥除け装備のランドナーにズボンの裾をスパッツで守ってまたがる。
P1080676P1080694

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »