« 暑かった9月 | トップページ | スーパーカブのオイルとスパークプラグを交換 »

2012/09/30

満を持して自転車の季節到来

 9月と言えば例年自転車に乗る時期。前述の3連休は高温多湿に台風の風が加わり、心の準備をしていた丹後半島一周を走れず。翌週も、22日土曜日は朝起きてみるもやや雲がある天気に二度寝。睡眠不足をおして自転車でスタートを切るにはスカッと快晴でないと。やはり丹後半島一周は、海が青くないと値打ちがない。
 23日(日)~29日(土)は、7日連続勤務。しかしながら、ようやく訪れた自転車に乗りたくなる気候。半日のみの勤務の日もある。最高で26㎞/日ながら、通勤も含めて7日連続で自転車に乗り、計110㎞ほど乗ることができた。

■9月23日
 日中小雨が降ったが夕方には雨がやんだので、舞鶴での仕事の帰りに阿蘇海一周。朝は雨だったが走りはじめですでに残照。走り終えたときにはすでに真っ暗。15.1km。
P1060244

■9月24日
 午前と午後の移動の合間に、栗田半島一周。海が青いが、蒸し暑い。昼過ぎに通り雨があった。14.5km。
P1060256

■9月25日
 午前中勤務。午後、伊根起点で丹後半島先端部一周。内陸の筒川沿いの集落では、彼岸花がちらほら咲き始めていた。本状は間から海岸に出て野室崎、新井崎を越える。千枚田は、すでに稲刈りが終わっていた。26.5km。
P1060321

■9月26~28日
 通勤。26日13.4km。27日22.2km。28日10.2km。
P1060342

■9月29日
 午前中舞鶴で仕事。帰ってから散髪にいって、昼過ぎに京丹後市丹後町西小田起点の周回。スーパー株から小径車をおろしていざ走り出そうとしたら、小雨が降ってきた。台風が接近している。携帯電話の降雨レーダーをみたら、通り雨のようだ。気にせずスタート。小さなアップダウンを越えて徳光、さらにもう一つ小さなアップダウンを越えて砂方で海岸に出る。雨は小さな峠周辺だけだった。海を左に見て間人まで北上したら、竹野川左岸を西小田までさかのぼる。12.6km。
P1060378


|

« 暑かった9月 | トップページ | スーパーカブのオイルとスパークプラグを交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 満を持して自転車の季節到来:

« 暑かった9月 | トップページ | スーパーカブのオイルとスパークプラグを交換 »