« 小径車で奥尻島一周 | トップページ | 丹後に無事帰還 »

2012/08/28

大沼から小樽へ

前日は水平線に沈む夕日を見ながら江差に上陸、大沼公園到着は夜。林間の東大沼キャンプ場は倒木の危険とのことで閉鎖。駐車場にテントを張って寝る。蒸し暑い。
P1050914P1050918P1050928


27日朝6時半自転車スタート。大沼一周に日暮山を付けて22km。303mの日暮山からは大沼・小沼と駒ヶ岳の大展望。走り出した時は爽やかなだったが8時を過ぎたら汗だく。
P1050967P1050948P1050945


キャンプ場に戻ってテントを撤収、自転車を積んで9時前カブスタート。
P1050974P1060010

小樽へ向かうまでにもうひとつ。きじびき高原へ。日暮山の倍の標高があり、大沼・小沼、駒ヶ岳に加え函館や噴火湾も見える。それに広大な牧草地が広がり豪快。
P1050977P1050996P1060005


10時半今度こそ小樽へ。しばらくは噴火湾沿いを行くが前後にクルマがいることが苦痛で、日本海側にレーンチェンジ。遠回りでもストレスなく走ることが大事。
P1060023P1060050P1060069


きじびき高原を含め、実に380km。最長ではないけど。小樽着は18時半。ただし最短コースでなくクルマの少ない道を選び、最後は濃霧の毛無峠を越えガス欠しながら小樽の街に降り立った。
山岡屋でラーメンの夕食を済ませフェリー乗り場にカブを止め、自転車で夜の小樽散策。
P1060072P1060083


フェリーに乗船して忙しい1日が終わる。さあゆっくり寝よう。

|

« 小径車で奥尻島一周 | トップページ | 丹後に無事帰還 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大沼から小樽へ:

« 小径車で奥尻島一周 | トップページ | 丹後に無事帰還 »