« スイス村スキー場の芝桜 | トップページ | 第16回「植村直己冒険賞」受賞式 »

2012/05/28

小径車で丹後半島先端部一周

 先週、自転車での丹後半島一周は素晴らしかった。青う空、青い海、緑の山、さわやかな風。アップダウンがあって、距離はちょうど100km。程良い走りごたえ、そして達成感。
 27日の日曜もいい天気。午前は前の記事の通り、芝桜見物。午後に先週の感動を求めて家を出る。丹後半島一周する時間はないので、国道から離れた野室崎と新井崎の区間、丹後半島先端部一周が今日のお目当て。3週間前にも同じようなコースを走ったがあの時はランドナー。そして先週の丹後半島一周もランドナー。今日は折り畳み小径車。自転車が変われば楽しみも変わる。
 舟屋の立ち並ぶ伊根湾の入り口、伊根町日出までスーパーカブでアプローチ。そして荷台から小径車を下ろす。アプローチの途中、サポートカー付きの自転車の集団とすれ違い、出発準備中もまた集団走行部隊が走りすぎていった。どちらも5台以上のグループでほとんどがロードレーサー。
P1040057P1040059P1040060


 まずは、内陸部、府道652、621、57とつないで本庄へ。伊根町役場前から坂を登り切ると、田原、湯之山、越山と小さな集落が点在し谷間に水田が広がっている。本庄からは少しだけ国道178号線を経ヶ岬方面に北上し、浦島(宇良)神社から府道623号線で海沿いに出る。まずは野室崎への急な登り。
 私の所有する自転車は、小径車以外どれもフロントのギアは3枚なのだが、小径車はフロントが1枚、変速はフリーのギア8枚のみ。今日は、こうした貧弱な変速の幅で急な登りに対応するトレーニングだ。本来ならばペダルの単位時間あたりの回転数(ケイデンス)を一定に保つのが理想だが、小径車のローギアではオーバーワークとなって息が切れ、とても持たない。だからペダルをゆっくりと回す。サイクルコンピュータで表示される速度が5~6km/hが目安だ。これなら何とか急坂を上れる。
P1040063P1040069P1040072


 海が見えてきた。午前中に太鼓山(スイス村スキー場)から見たときよりも若干霞が薄くなった冠島が見える。断崖に囲まれた入り江の泊も見える。急坂にあえいだ標高差130mの登りだが、いったんあそこの海岸まで下らないといけない。その後またそれ以上に登らねばならない。まあ、それはどうしようもないことなので、とりあえず風を切って下る。
P1040076P1040083

 泊から新井崎への登りは、またペダルをゆっくり回していく。前半の急な登りをクリアして、やや緩い下りで新井の集落。そして府道623号線から分かれる町道(?)へ逸れる。上りの後半戦はまた急坂となる。こちらの方が、急斜面に並ぶ小さな田んぼの集合体「千枚田」の眺めを楽しめる。3週間は田植え前だった。先週と比べると苗の勢いが増しているのが感じられるから、この時期の稲の成長はすさまじい。ついでの雑草もあっという間に伸びるので、草刈りが大変だ。
P1040088P1040090P1040099


 千枚田からもうひと登りで峠を越え、大原の集落から海沿いにハンドルを切る。府道623号線に戻ったら一気に伊根湾に下る。
 伊根湾では釣り客が撤収作業。舟屋をバックに写真を撮ったらスーパーカブに戻る。ああ、気持ちよかった。
P1040108P1040111

 3週間前とほぼ同じコースを走ったが、前半の内陸部の北上ルートが異なる。今回は山間部の府道を使い、3週間前は国道178号線。国道は標高差100m弱の峠が2つ。府道なら標高差100m強の峠が一つ。道の雰囲気も含め府道の方がおすすめ。海沿いの野室崎、新井崎はさらに険しいアップダウンとなる。丹後半島一周ほどではないが、それなりの走りごたえのあるコースで、景色は丹後半島一周の中で最もいいところと言っても過言ではない。距離は25㎞ほどで、累積標高差は400~450mくらい。

|

« スイス村スキー場の芝桜 | トップページ | 第16回「植村直己冒険賞」受賞式 »

コメント

 やっぱり丹後半島のベストは泊と新井ですか。犬ヶ崎から経ヶ岬は海岸段丘がきれい、カマヤは人を寄せ付けない絶壁の厳しさ、泊や新井はその2つの融合のうような感じ。ほめすぎですかね。
 それはそうと、スイス村の芝桜がきれいですね。

投稿: すう | 2012/05/30 21:17

 まあ、ベストといってもいい、とあいまいな表現にしときますけどね。人それぞれだし。友人は、伊根の舟屋が一番好きだ、と言ってます。
 すうさんがあげたところもいいし、屏風岩や養老の透き通った海もいいです。
 丹後半島一周道路が開通した最後の区間はカマヤ海岸ですが、国道が避けた野室崎・新井崎の区間はもっと秘境なのかもしれません。天橋立ユースホステルでは、北海道の積丹半島に似ていると紹介されていました。
 私が丹後半島一周をするようになって数年の、1990年代前半は、新井崎が落石や工事で通行止めということがよくありました。日曜で自転車だから何とかなると通っていました。
 当時は道が狭くてクルマ同士での離合が怖いから、前述の天橋立ユースホステルの丹後半島一周ツアー(クルマ利用)は反時計回りだとのことです。

投稿: はいかい | 2012/05/31 21:36

はじめまして!

先日、初めてドライブで丹後半島に行ってきました。
お天気も最高で、
舟屋の風景も伊根湾も新井崎も・・・
もう感動する美しさでした。。涙

そして奇跡の光景を見てしまったかも、なんです!
「新井崎の千枚田」にどうしても行ってみたくて
迷いながらもどうにか到着!
これがそうよね?
空と海の青と稲の緑。表現できないくらい綺麗!!
しばらく見とれていると・・・

一羽の鳥が水田にスーッと飛来。
その姿は、尾のほうが黒く
大型でまっすぐ伸びた肢体。
そのまま、視界に入らない場所に降り立った様子。

なんの鳥だろう?サギにしては大きい感じ・・・
まさかのコウノトリ??

と冗談で思いつつ、しばらくしてその場を離れました。
それから、コウノトリってじゃあどんなのだったっけ?ということで調べたら、、、、

ソックリ!!!

ひょっとして、本物???
豊岡で放鳥されたものとは考えにくいのでは、と思いながらも気になって。。。

もしまた行かれることがあれば、
是非、鳥も注意して見てきてもらえますか?
目撃場所は説明できないんですが、
車の通行があまりない海岸線沿いの、左から段々に下がっていく見事に整備された美しい棚田でした。

あれが本当なら素敵です☆
ちなみに家族は信じてくれません。
サギの詐欺に合ったな~と笑われてます・・
でも、もっと大きく見えたんだけど・・・

投稿: olive | 2012/08/31 08:15

oliveさん
 10年と少し前までは、晩夏によく丹後半島一周してました。海水浴シーズンが終わった海は、静かできれいで気に入っているんですが、この数年の残暑では自転車に乗る気になりません。
 京丹後市では、久美浜でコウノトリの雛が孵ったことをすでにここで報告済みですが、弥栄や峰山でも竹野川近くの田んぼやため池でコウノトリが割と頻繁にみられるようです。放鳥二世のようです。
 新井の千枚田でも可能性はゼロではないと思いますよ。またもう少し涼しくなったら自転車で訪れてみようと思います。

投稿: はいかい | 2012/09/01 10:05

はいかいさん、
わー!ありがとうございます☆
そうなんだ・・・放鳥二世が空を舞ってるんですね。想像するだけで感動します。。

私も以降、こうのとりセンターのHPなんかも興味持って覗いてみました。
近辺での目撃記録も掲載されてますよね。
はいかいさんのおっしゃる通り、
少しの可能性を信じて、
あの時の画を目の奥に焼き付けておくつもりです。。。笑
また、何か分かれば是非こちらに載せて頂けると嬉しいです!

あの景色の中、自転車で風を切って走る
心地よさは、ホント永遠の憧れです。。


先日、初めてこの地を訪れたんですが、
帰ってくるなり絶対にまた行きたい!って
思わせてくれる素敵な土地でした。
たくさん写真も撮ってきたけど
はいかいさんの作品には叶わないな....
阪神間在住なので、なかなか頻繁に訪れるのは難しいけど、
こちらにお邪魔しては楽しませてもらうつもりです♪♪

素敵な旅日記、ずっと楽しみにしてますね。
どうかくれぐれも気を付けて旅をしてくださいね!

投稿: olive | 2012/09/06 22:51

 伊根は少し遠いので、最近割と見かけられる家の近くの竹野川に近い田んぼを、日曜日に見に行きました。残念ながら出会えませんでした。
 竹野川には、コロニーがあるのか、ものすごい数のサギがいました。ほとんどがシラサギで、少しクロサギも見られました。

投稿: はいかい | 2012/09/11 21:02

こんにちは。
朝晩がとっても涼しくなりましたよねー
夏の終わる淋しさを今年も感じてます。。。

ご報告、ありがとうございます
やっぱり、そう簡単に逢える訳じゃないんですね....
あの時の立派な雄姿を思い出してみては、
大き目のサギだったのかな~と少し弱気?!になってます。

こちらも、休日に京都の南の方を訪ね、途中
美しい水田風景にうっとりしました
鳥も注意深く観察してみたけど、
あんな光景は見られませんでした。
コウノトリ公園のHPも覗いてみたら、
公園からかなり東方面でも目撃されてるみたいですよね。
今後、もっと拡がりを見せてくれると
いいですよねー

羨まし~い素敵な旅を
楽しまれてる はいかいさん、
また嬉しい情報がありましたら、
是非お願いしますね!
楽しみに拝見してます

投稿: olive | 2012/09/20 14:35

 9月30日の記事の通り、新井崎に行ってみたのですが、稲刈りが終わって田んぼの水は抜かれていました。餌がなくなり、これではもうコウノトリはきませんね。
 最近は、8月にコウノトリが訪れたことが頻繁に報告されている、京丹後市峰山町長岡のため池を頻繁に訪れています。仕事で通る道の近くなので、先週4回ほど訪れましたが、残念ながらサギしかいませんでした。

投稿: はいかい | 2012/10/06 08:51

こんばんは。
記事読ませていただきました
凄い体力ですよね!羨ましいです!!

でも、涼しくなったら自転車快適なんだろうな~
想像するだけで、心地よいBGMが聴こえてきそう・・・
あの美しすぎる海と風が感じられる気がします。。。

季節は確実に流れ、
すっかり水田の風景も
変わってしまったんですね。
自分の中では時間が止まっていました。

長岡という地域も見てくださったんですねー
ありがとうございます
でも、その辺りに頻繁に目撃談があるだけでも
何か幸せな気持ちになります
いつの日か私も、またそちらを訪れてみたいと思っています。
コウノトリも今度こそしっかり見てみたいです

あんなに素敵な場所にお住まいだと
何処に行っても、感動は薄いのかなーと。
普段から美しい景色を見慣れてると
逆に違う土地に行くと、汚くみえてしまう。
そんな気がします。

ちなみに私の自宅付近はと言えば、、
住宅街を流れる整備された川
山のふもとまでびっしり埋め尽くされた家
山を覆い隠すような高層マンション
道路には絶え間なく流れる車
神社の真ん中にはトンネル・・・
昔のような美しさは
いつの間にか消えていました。

だから、そちらから帰ってきたらガッカリでした

今年から趣味でギターを弾いてます。
あんな風景の中で一回でいいから弾いてみたいな~と憧れてます。
ま、その時までに腕もあげなきゃ!なんですが。

これからはまた、旅の機会も増えそうですね!
どうかくれぐれもお気を付けて
素敵な日々をお過ごしくださいね。

投稿: olive | 2012/10/07 00:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小径車で丹後半島先端部一周:

« スイス村スキー場の芝桜 | トップページ | 第16回「植村直己冒険賞」受賞式 »