« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012/04/28

北摂高岳を南から北へ貫く

 2011年の暮れからMTBをひっさげて北摂のを訪れるようになってからちょうど4ヶ月。中でも集中して訪れたのが大野山でこの間に4回も訪れている。その大野山も一段落付いたので、今度は隣の高岳へ。
 4月24日13時、猪名川町の「奥猪名健康の郷」の入り口の駐車場にクルマを止める。桜吹雪の中MTBの前後輪をフレームに装着し、ズボンの裾をベルトで止めるなど身支度を整え、13時20分スタート。まずは県道12号線を南へ標高差200mの下りを一気に走る。今日は汗ばむ陽気。半袖でもいいくらいだがその準備はしていない。走る前から火照っていた体を、下りでクールダウン。
P1030192P1030197P1030200


 杉生交差点から県道602号線に左折し東へ。今度は登りだ。道沿いの家は、古いが立派な作りのものが多い。茅葺き屋根の葺き替えをしている家もある。道が狭い割りにクルマがそこそこ通る。早くクルマが全く通らない道に行きたい。
P1030201P1030202P1030205


 猪名川変電所を通過。近畿北部の火力、水力発電所、若狭の原子力発電所などからの電気がここへ集められ、阪神の都市部工業地帯へと送られていく。さらに登って中山峠。ここは兵庫大阪の府県境。能勢町側に入ってすぐのダブルトラックに左折する予定だが、さてどれだろう。少し迷走した後、コンクリート舗装の道に入る。入り口からすぐのところで掘削工事をして入りにくかった(精神的に)。しかし、その工事現場を越えると木漏れ日のいい雰囲気の道となる。もちろん、クルマは全く通らない。南からは猪名川変電所から猪名川不動尊を経由するルートもあるが、そちらはシングルトラックの担ぎが多いようだ。個人的には登りは車道またはダブルトラックでできるだけ乗車できる方が好みなので、こちらを選択。
 コンクリート舗装の道の勾配は徐々にきつくなり、時折押しながら行く。標高500mを超えた辺りにヘアピンカーブがあり、その先端から高岳へのシングルトラックが始まる。そのシングルトラックに入る手前で、背後からオフロードのオートバイが追い越していった。今日の山で出会った唯一の人である。
P1030209P1030212P1030211


 シングルトラックに入ってすぐに道が分岐している。左は少し先で道がえぐれているようなので、そちらを避けて右へ。ダブルトラックほどの幅があるものの木の枝や石が散らばり地面も緩んでいて急勾配で乗車不能の道を押して進む。谷を積めると踏み跡が怪しくなった。とにかく斜面を登れば、高岳の東尾根にでてやがて山頂に着くはず、とMTBを置いて偵察をするが、斜面は急で崩れやすくMTBを担いであがるのは無理。どうやら、二択は不正解だったようだ、と分岐に引き返す。左の道はしっかりとした踏み跡が続いていた。分岐から見えた部分は、補修のために削られていた部分のようだ。そして、「MTBの聖地」北摂らしく、ぬかるみにはブロックタイヤの跡も見える。20年前に出た「関西MTBツーリングブック」には、このコースは下りようとして紹介されているため、やはりMTBの轍は下りのもののようだ。
P1030221P1030223P1030228


 沢沿いから植林の中へ、しっかりとした踏み跡に誘われ高岳東尾根に出た。植林の幼木を保護する柱が無数に立ち、シングルトラックに添って黒いネットが張られている。最後は、すさまじい急斜面を登って、送電線の鉄塔広場、そして山頂に到着。
P1030230P1030233P1030236


 ここはブッシュが多くて展望はあまり利かない。隣の大野山くらいは確認したいと思うが、ダメだった。黄砂で霞んでいるので、今日は展望に期待してはいない。
 一休みしたら下りにかかる。まずは北に伸びる尾根を行く。しばらくアップダウンの連続。そして、猪名川変電所から続く「丹波線」という送電線に絡むように尾根はあるので、時折鉄塔広場がある。また、黒いネットも続いているが、支柱が折れてネットも倒れている箇所がある。支柱を支えるワイヤーが張られているので、引っかからないように注意が必要。
P1030240P1030242P1030247


 開放的な草原もあって、なかなか気分がいい。ただし、細かく急なアップダウンのため乗車率は高くない。
 665mピークを超えると、送電線の巡視路ではおなじみの黒いプラスティックの階段の急な下り。これで尾根の西側の谷まで下る。下り終えたら、このコースの名物である沢を渡る、歩行者用の鉄橋。MTBには狭く、ハンドルが両側の欄干につかえるので、担いで沢を飛び越える。
P1030260P1030266P1030268


 その後は沢、というより小川に添って行くが、渡渉しながら歩きやすい方の岸を選んで下る。足下は地面が緩かったり方斜面だったり不安定であまり乗れない。ようやく踏み跡がしっかりしてきたら乗車できる。時折沢を鉄橋で渡る。もうゴールが近いところでぬかるんだ区間。避けたつもりが、ふわふわの地面に足を置いてしまい、次わーっとしみ出した水が靴の中を濡らしてしまった。あーあ。
P1030275P1030277_2P1030278


 そしてしっかりとしたダブルトラックで砂防ダムの脇を超えたら、畑と民家が見えた。杉尾新田の集落である。斜面にぽつぽつとある家は、どれも立派だ。また、標高400mを超えるこの集落は、桜の残り花も、庭先の花も咲き乱れ春爛漫の桃源郷といった雰囲気。一車線の道を軽トラがふさいで畑仕事をしている人と立ち話をしているのも、なんだか牧歌的な風景。
 舗装路を一気に下って、ゴールイン。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カタカタクリクリカタクリクリ

 家の近くの山のカタクリ、例年は4月10日頃に咲くのだが、今年は16日と21日に見にいったらよく咲いていた。雪が多かったので遅かったようだ。
P1030027P1030144P1030146


| | コメント (0) | トラックバック (0)

3回目の春の嵐

 今年度も、また日曜の舞鶴での仕事が始まった。雨も降るし、なにより風が強いので自動車での出勤。ところで、この22日は京丹後市の市長および市会議員選挙。候補者のポスターを貼った看板が風で倒れている。山間部の集落では、倒れただけでなく、遙か下の沢まで落ちていた。その沢にはまだ残雪があった。
 ただし南風なので日本海はさほど荒れてはいない。
P1030166P1030174P1030172


| | コメント (0) | トラックバック (0)

葉桜ポタリング

 21日土曜は、天気が悪くなる予報とは違い、ぽかぽか晴れの休日。遅く起きたので遠くへは行けない。夕方になってから、スーパーカブで出動。曇天になってしまった。先週と同じ丹後半島北西眼を小径車で走る。違うのは、桜が終わっていること。
P1030153P1030159P1030164


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/15

土日の小径車桜ポタリング

 14日土曜、夕方になってからスーパーカブで出動。折り畳み小径車を下して序盤に小さな峠を二つ越え京丹後市北西海岸流から竹野川沿いを流して12㎞ほどを周回するコース。
 家に帰ったら、薄暮の中クルマのタイヤ交換。もうスタッドレスタイヤじゃなくていいだろう。
P1020943P1020947P1020960


 15日日曜、やはりスーパーカブで出動。今度は若狭湾方面の海沿いへ。宮津市里波見で折り畳み小径車をおろし府道619、620号線、長通り峠を超えて621号線。最後は国道178号線で若狭湾の波打ち際を走る。海沿いの国道は自転車を数台見かけた。大荷物を積んだツーリング車もいれば、軽快なロードレーサーもいた。みんなソロばかり。
 本当は氷ノ山にスキー登山するつもりでいたのだけれど、朝寝坊してしまったのだ。
P1020982P1030002P1030015


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/13

やっと桜が咲いた

 地域の花見大会を翌日に控えた7日のお花見会場の桜。これは花のない花見だな。
P1020767

 暖かかった10日の日中にかなり花が開いたようだ。家の2階の窓から見える寺の境内の桜を11日朝に撮影した。この境内の広場では、8日の日曜に地域の花見大会が行われたが、そのときにはまだ咲いていなかった。なかなか行事が多くて日程の調整ができず、花のない花見だった。
P1020914


 そして13日、満開の桜。
P1020929


| | コメント (0) | トラックバック (0)

コウノトリは久美浜に巣を作りたいらしい

 3月22日に通りがかりにコウノトリを見かけて以来、通るたびに出会う。
 4月4日、3月22日の電柱から2,3本目の大衆食堂前の電柱に巣を作っていた。なお営巣と電力会社による撤去のいたちごっこを繰り返してきた3月22日の電柱は、営巣の邪魔になるようにいろいろな物が置かれ派手な電柱になっている。
P1070370P1070371


 4月8日、少し離れた久美浜高校入り口の電柱に営巣をしかけていた。
P1070384


| | コメント (0) | トラックバック (0)

北摂大野山から丹波猪村

 4月10日、仕事を休める日と晴天が重なった。しばらくすると日曜にも仕事をしなければならないことがあるので、休めるときに休んじゃえ。丹波と摂津の国境、大野山へMTB登山。これで昨年末から4度目だ。
 丹波篠山の盆地をかすめて北摂に入り、「奥猪名健康の郷」の駐車場にクルマを止めさせてもらう。冒頭には晴天と書いたが、薄曇りの空。まだ丹後や但馬のといった日本海側の山は雪が残っているが、ここまでなんかすれば雪の心配はない。
 山頂までの舗装道路を登るのは、もう何度も書いているので今回は省略。2日前の伯耆大山のスキー登山の疲労がまだ残っているのかこれまでよりも苦しかった。標高753mの山頂で小休止。一月前の前回にもまして霞のため、見通しが悪い。瀬戸内海は見えない。
P1020881P1020894P1020895


 さあ山頂から真北の猪村へ向けてのシングルトラックの下りだ。いきなり激下りで乗車不能。半分くらいは自転車を押さねばならない。標高差で200mほど自転車を押して下って標高560m付近から徐々に乗れるようになってくる。標高540m付近から下はほぼすべて乗れる。ただし、途中からはダブルトラックであるが。
P1020899P1020904P1020908


 乗車できればオートキャンプ場などがある丹波猪村(標高400m)まではあっという間。ここは丹波篠山である。
 あとは舗装路で標高450mの西峠を越えて丹波から摂津へ。これで一周16km、3時間強。
 前回は大野山から「渓谷の森公園」へと下った。渓谷の森公園は丹波猪村よりも少し西側にあるが、隣接しているので初めてこの辺りにきたときには一連の施設かと思ったくらいである。それでもそれぞれに大野山山頂へのシングルトラックがある。どちらがMTB向きかといえば、間違いなく猪村の方である。どちらも激下り区間があるが、渓谷の森の方はロープが張ってある足場が悪く急な下りだった。そしてその下りがコースのやや終わりの方にある。それに対し、猪村へ下る場合は、最初に急な下りがあるが、後半に行くほど乗車ができるので気持ちよく下山を完了できる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恒例春の伯耆大山

 毎年春に残雪の大山を滑っている。今年はたまたま2月にも滑ったので2度目である。
 4月8日は、今年初めて安定した晴れの日曜。雪道だった2月と比べて30分も短いアプローチで到着すると、4月とは思えぬ真っ白な大山にすでにたくさんの人が列を作っているのが見える。
P1020797P1020801P1020803

 夏山登山道を登っていると、ヘリコプターの音が聞こえてきた。何かあったか。ヘリコプターは、旋回しながら大山の上空にとどまり続けている。「(この日も風が強かったので)負傷者を引き上げるのに手こずっているのかな」などと言いながら登る。そのうち下山してきたハイカーから上で滑落事故があったことを聞く。あとでわかったことだが、滑落した人はそのまま行方がわからず、その滑落した場面を見ていた別の登山者が110番通報をしたそうだ。ヘリコプターは目視で滑落した人を捜していたのだった。なお、この記事を書いている11日現在、滑落した人が見つかったというニュースは入っていない。
P1020808P1020820P1020810


 六合目の小屋は屋根が出ているだけ。山頂小屋はまだ入り口が埋まり、雪を掘っている最中。とにかく、例年にない残雪の量だ。
 案内人の意向により、滑ったコースを紹介することはできないが、前々日から前日にかけて4月に入って2度目の寒の戻りがあったので新雪の滑りだった。新雪といっても気温が上昇した4月の快晴の日、非常に重い雪だった。
 なお、下山したら警察官が待ち受けていて、通ってきたコースを聞かれた。前述の滑落した人についての情報収集である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の嵐

 もう10日も経ってしまったが、4月3日の爆弾低気圧による暴風について。
 前夜から強風が吹き荒れたが、風のピークは3日の午前中だった。二階にいると突風で何度か家が揺れた。これまでにも風で家が揺れたことは数回あるが、その最初の経験は1986年(昭和61年)12月28日のことである。なぜ日付まで覚えているかというと、この日の突風により兵庫県の餘部鉄橋からお座敷列車が転落し、40m下の水産加工場を直撃する大惨事があったからだ。
 3日昼過ぎに短時間風が止んで静かになったが、午前中の南風から一転、北西から西の冷たい風が吹き日本海側の丹後では午前よりもまとまった雨量となった。冷たい雨は、山間部では雪となり山はうっすら雪化粧となった。
 8日天橋立では「クリーンはしだて」という市民による清掃活動が行われ、翌日に通ったときには折れた枝などが大量に山として積み上げられていた。根元から折れた松もあったようだ。
P1020863P1020865


 また、その8日に鳥取県の大山を訪れたが、大山中腹の大山寺では建物の屋根が飛ばされる被害が複数会ったそうである。また麓の集落でも、屋根瓦が乱れた家が見られた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/04

東北から帰還

 報告が遅くなっているが、2日早朝敦賀に上陸。野坂岳はまだ白い。一路丹後へ。
 7カ月の間に、復興が見えているところ、ほとんど変わっていないところ、様々だが、全体的にはまだまだ復興への道のりは長いという感じ。その一方でどんどん進んでいるのが、被災地以外での「風化現象」。
 ボランティア活動の中で「風化防止」という言葉がたびたび使われ、活動中の写真等の撮影も昨年夏ほど厳しく制限されなかった。地元に帰ったら、被災地の様子をどんどん伝えよということのようだ。
 また、こちらでも伝えていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/01

安達太良山

4月1日、快晴の朝、名残雪で真っ白。あだたら高原スキー場から安達太良山へスキー登山。薄い新雪の一番シュプールをいただき。
P1020608

正午に下山した時には曇天。クルマに乗り込んだら雨で山はあっという間に見えなくなった。会津は雪。越後平野にでたら日が差すも強風。夕方のフェリーで敦賀へ向けて出航。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワカメの水揚げ作業

30日は大槌の吉里吉里の港での活動。瓦礫処理に人手を奪われ港が人手不足とのこと。
P1020467

それが終わったら、夕方から福島へ南下。夜遅く友人宅に到着。
31日は風が強く雨も降るので福島市内散策。駅の近くには、「除染プラザ」という環境省と福島県による施設があった。原子力発電所の近くにある「PR館」のような雰囲気。
Dcim0029


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »