« 鍋塚東尾根コース事後ルート研究 | トップページ | ホワイトデイの白い鳩(大江山連峰滑降コース探索) »

2012/03/09

北摂大野山から渓谷の森公園

 3月7日は、うれしい平日の休み。雪山に行きたいところだが、一昨日のまとまった雨に昨日の気温上昇。「激しい気象現象の直後は要注意」という日本雪崩ネットワークの見解がある。7日はもう落ち着いたかも知れないが、デプリに苦しめられるのも嫌なので、雪山には行かない。MTBで丹波と摂津の国境、大野山へ。2月17、18日に降った雪もすっかりとけたはず。
 丹波篠山の盆地をかすめて北摂に入り、「奥猪名健康の郷」の駐車場にクルマを止めさせてもらう。空は灰色の曇天で昨日とうって変わって肌寒い。先ほど後川から見上げた大野山に雪はない。想定通りだが、そこに至るまでのもっと日本海に近くもっと高い山々にも雪は見えなかったから当たり前である。
 MTBを下ろして前後輪をフレームに装着したり、雨上がりだから簡易泥よけを付けたりしていると、貸し切りバスが来て、さらに「奥猪名健康の郷」からぞろぞろと大勢の人が出てきてバスに乗り込んでいく。バスより一足先に出発。杉生までの下りを飛ばす。時速40kmほどだしていたが、それでも先ほどのバスの方が早く追い越された。
P1070001P1070016

 山頂まで舗装道路が通じている大野山へ自転車で登るのは昨年末から2ヶ月半の間に3回目。ちょうど3ヶ月前に日本雪崩ネットワークのセミナー「アバランチナイト」が西宮で開催されたときに猪名川を通って、冬場に自転車に乗りたかったら北摂へ、と気づいてからずいぶん足繁く通っている。
P1070021P1070023

 標高753mの山頂で小休止。今日は霞のため、今までで一番見通しが悪い。瀬戸内海は見えない。東の山間部に、何か人工的なものが整列したエリアが見える。クルマが並んだ駐車場か、家が並んだニュータウンかと思ったが、猪名川変電所だと気づいた。丹後や若狭などの発電所で作られた電気がここに集まり、阪神の工場や家庭に送られていく。よってこの界隈には送電線が張り巡らされ、山々に鉄塔が建ち並ぶ。鉄塔の足下は木々が伐採された広場で展望があり、鉄塔をつなぐ巡視路もあってMTBに打ってつけのフィールドなのである。
 山頂で景色を眺めたら、下りにかかる。山頂から丹波猪村へ下る登山道の西の尾根に付けられた「渓谷の森公園」への下りが本日のコースだ。山頂直下の駐車場からシングルトラックが始まっている。出だしハヤや不安定な足場だが、すぐに尾根の道となり所々で乗れる。ただしたまに倒木がある。またシングルトラックが不明瞭なところもあるが、間違いやすい方向には木の枝で通せんぼしてあるので迷うことなくいけた。
P1070024P1070029P1070030


 コースの中盤で、尾根からに死の谷に下りるのだが、この下りが大変な急坂。黄色と黒のロープが張られている。スイッチバックして急降下する道は滑りやすくMTBはお荷物でしかない。スイッチバックでは方向を見失いやすいので、道案内の看板が多数付けられていた。苦労して谷に下ったら、2つの渡渉ポイント。一昨日の雨で少し増水気味で飛び石が水没しかけていた。苔も生えているので、MTBを杖代わりにして渡る。川の流れで車輪の泥を洗うことができた。
P1070033P1070034P1070035


 しばらく不安定な道が続いて、ようやく杉林の中の緩やかなシングルトラックに出て、ここを快走と行きたいところだが、倒木が多くて面倒。ようやく走れたと思ったら「渓谷の森公園」に着いてしまった。乗車率は50パーセントを大きく下回っている感じ。
 公園内の舗装路の下りは車輪が勢いよく回転するので、ブロックタイヤに詰まっていた泥が飛び散る。泥よけが仕事をする瞬間だ。なお登山道にはぬかるみはわずかだったが、それでも汚れるのは一瞬なので、泥よけは無駄ではなかった。
P1070036P1070038

 県道12号線にでて西峠を越えてクルマに戻る。

|

« 鍋塚東尾根コース事後ルート研究 | トップページ | ホワイトデイの白い鳩(大江山連峰滑降コース探索) »

コメント

 近くに来られたのですね。冬は木々の葉が落ちて走りやすうそうに見えます。落ち葉で滑るかもしれませんが。
 下り専門ならMTBも楽しそうです。
 

投稿: すう | 2012/03/11 14:21

 いえいえ、スキー登山と同じで、自分で登るから下りが楽しいのです。落ち葉は全く影響ありません。さすがにもう春先ですからその存在感はありません。それよりも、滑りやすい土と急こう配に苦しめられた区間がありました。もちろん乗車不能、立っているだけでもずるずる滑ってこけそうでした。
 北摂は間違いなく宝庫ですね。アバランチナイトをきっかけに、5回訪れました。大野山だけで3度ですが、まだコースを残しています。

投稿: はいかい | 2012/03/12 00:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北摂大野山から渓谷の森公園:

« 鍋塚東尾根コース事後ルート研究 | トップページ | ホワイトデイの白い鳩(大江山連峰滑降コース探索) »