« ニューイヤーダッシュ2012 | トップページ | 寒波も仕事始め »

2012/01/02

カーステレオ交換

 年末にカーステレオが故障した。携帯音楽プレイヤーの音をカセットアダプタを使って、カーステレオに送っていたのだが、カセットが入らなくなってしまった。
 自動車屋にクルマを預けるのも面倒だし、できるだけ安くあげたい。ネットで調べてみると、カーステレオを自分で交換している報告がいくつか見つかり、そんなに難しくなさそうだ。通販サイトにはカーステレオのユニットも出ている。となると、9月の衛星放送のアンテナと同様、自分でやるのが早くて安い、という結論に至る。
 カーステレオユニットはパイオニアのFH-P040。3年前に車を買ったときに付けてもらったのだが、現在でもまだ売られていた。ただし、カセットテープが使えるモデルで、今普通に売られているのはこれだけ。3年間、カセットテープはまったく使っていないので、カセットテープのドライブななくてもいいだろう。携帯音楽プレーヤーの音を出すのには、AUXの端子があれば問題ない。
 というわけで、パイオニアのDEH-460を選んだ。CDとAUXに加えUSB端子もついている。もちろんラジオも。メーカーを同じパイオニアにしたのは、接続が楽なんではないかという期待を込めて。
 元旦未明にAmazonで注文して、2日の午前中に到着。早いなぁ。ちなみに、1万円を少し切ったお値段。
P1000260P1000263P1000265


 カーステレオやエアコンのスイッチの並んだセンターパネルを外し(ここまでは予行演習済み)、取り付けステーごと旧ユニットを外す。背面のケーブルは、電源とスピーカーが束になった物と、ラジオのアンテナの2種類。アンテナは当然共通だが、電源やスピーカーの方もそのまま新しいユニットに使えると思ったが微妙に端子があわなかった。仕方なく、付属のケーブルに接続。スピーカーは、フロントのみなので左右それぞれ2本ずつ(リアスピーカーがあるクルマならあと4本)。電源はバッテリーとACCの2本。あとリモート変換ライン。それぞれ色分けがされているのでわかりやすい。
 ところが、ユニットの縦サイズが半分になったので、明いた部分を小物入れにするつもりだったが、そちらを注文し忘れていた。翌日(つまりこの日の未明)に注文したので、明日届くだろう。だからぽっかり穴が空いた状態で仮止め。ここまで、小1時間の作業だった。
      *        *        *
1月4日追記
 一日遅れで注文した小物入れも、一日遅れの3日に到着して無事装着。
 4日、オートバックスで同等現行モデルのDEH-460が13800円で売られていた。取り付け工賃も3650~円とのこと。オートバックスで購入取り付けをやってもらうより8000円くらい安くあげたということが判明。もうちょっと差がつくと思ったんだけどな。
P1000269


|

« ニューイヤーダッシュ2012 | トップページ | 寒波も仕事始め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カーステレオ交換:

« ニューイヤーダッシュ2012 | トップページ | 寒波も仕事始め »