« 土日をうまく使えない | トップページ | 赤石林道(与謝峠から双峰) »

2011/11/21

やっと季節が追いついてきた

 何度か一時的な冷え込みはあったものの、暖かい秋である。11月中旬の先週ウィークデイは、朝のうちはしぐれていても日中には止んで、水木金の3日間はスーパーカブでの通勤ができた。特に18日の金曜は南風で暖かく、前日の雨予報も当日には夜遅くの雨とずれ込み、想定外のスーパーカブ日和となった。
P1030194


 土曜は宮津で勤務。しっかりと雨が降った。この季節らしからぬ、暖かい雨である。
P1030198


 日曜は「うらにし」のしぐれ模様。まさに「弁当忘れても傘忘れるな」である。季節風が強まり気温も下がってきた。日曜は止み間が多く、薄日が射す時間もあった。こういう日には虹がよく見られる(薄くて写真にはうっすらとしか写らなかった)。舞鶴での午前中のみ勤務を終え昼過ぎに帰宅したら、風と日差しで柿の実が乾いていたので収穫開始。次に降り出すまでの合間に、と一生懸命収穫したら、辺り一面柿だらけとなった。なのに木の枝にある柿の実は減った様子が見られない。すっかり熟して赤くなっている。早く収穫しなくては。でも量が多すぎて減っていく実感がない。
P1030205P1030214P1030217


 週明けの21日、月曜は気温がさらに下がり、あられが降った。ようやくこの時期らしくなった。やっとカレンダーに季節が追いついたようだ。そして氷ノ山がやっと初冠雪。1985年以降最も遅い初冠雪とのこと。
P1030219111122

|

« 土日をうまく使えない | トップページ | 赤石林道(与謝峠から双峰) »

コメント

 日本海側の空模様は、この時期曇天が多く外での作業ははかどらないことが多いですね。それにしても柿は豊作ですね。どの柿の木もたくさんなっています。でも、柿を食べなくなったのか、木にぶら下がったなありの状態が多いのも事実。少しもったいない。
 氷ノ山雪の便りですか。昨シーズンは、近場で楽しめたので、柿の木のように隔年だと今年は期待薄。

投稿: すう | 2011/11/22 00:09

 よく「柿は隔年で成り年」と言いますが、基本的には毎年多いです。去年は珍しく不作でした。そのうっぷんをはらすように、今年は超豊作です。
 いっぺんにあまりたくさん穫っても仕方ないので、一度の収穫作業は20分程度で十分ですが、雨や夜露に濡れた柿は収穫できません。だから、作業前には日中の数時間の雨の降らない時間が必要なのです。日曜は、季節風のお陰で柿が乾きました。
 氷ノ山の22日朝の写真を載せました。雪が少ない年が多いので、隔年で大雪だったら大喜びです。さあ、ステップソール加工を施した板を使う日が待ち遠しい。

投稿: はいかい | 2011/11/22 21:45

丹後の地図を眺めていて考えていたのですがMTBで

天の橋立付近から世屋集落 岳山の遊歩道周回コース 

あるいは そのまま 
未舗装林道?から鼓ヶ岳から成相寺 天の橋立方面へ

機会があればいってみたいのですが なかなか良さそうなルートにみえます 良いコースですか のんびり半日くらいです

来週もまた暖かくなるようでまだサイクリングできそうですね 

投稿: ゆう | 2011/11/24 21:02

ゆうさん、
 地図を見てまだ訪れたことのない土地(道)に思いを馳せるのは楽しいですね。
 コースの詳細は把握できませんが、クルマが少ないのどかな道でしょう。岳山の遊歩道(登山道)は、階段だと思います。クロスカントリースキーで登ったことがあります。

投稿: はいかい | 2011/11/26 19:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42369/53300447

この記事へのトラックバック一覧です: やっと季節が追いついてきた:

« 土日をうまく使えない | トップページ | 赤石林道(与謝峠から双峰) »