« 余部鉄橋の下でたそがれポタリング | トップページ | 昨今の自転車事情に思う »

2011/10/10

秋風の丹後半島一周

 今年はまだ丹後半島一周をしていない。私の自転車ライフの原点。これなしでシーズンを終えるわけには行かない。思えば大雪で明けた2011年、薫風の5月が下旬までスキーシーズンになってしまった。例年、ゴールデンウィーク辺りがスキーと自転車の切り替え時期となっていたのに。こうして、最も自転車に適した初夏に丹後半島一周することができなかった。10年くらい前までならば、8月下旬、「晩夏」も丹後半島一周の適していた。しかし、近年の残暑。盛夏の時期と変わらない猛暑日が9月まで続く。とても自転車に乗る気にはならない。
 この秋には3連休が3回あるのでそのうちのどこかで実現しようと思っていた。こうして、10月10日の体育の日、今シーズン初、生涯通算36度目の丹後半島一周が始まった。
P1020394P1020401P1020410


 10時37分、スタート。ぽかぽか陽気に恵まれた10月の3連休。高気圧の後半に入り若干霞んでいるものの今日もいい天気。ツーリングの序盤は、南風に乗って北上。海沿いに出ても南西の追い風。行楽シーズンで、クルマ、オートバイが非常に多い。そして自転車も多い。海は青いが、水平線はぼやけている。旧丹後町では、各小学校で地域の運動会。知人に出会う。
P1020426P1020448P1020458


 経ヶ岬、カマヤ海岸と走り、本庄から国道178号線をそれて、府道623号線で野室崎、新井崎へ。国道よりも道は険しいが、海は見えるしクルマは減って快適。最近は、自転車やオートバイのツーリングでもこういう景色のいい道を選ばず「国道一直線」の人が多いようだ。まあ、お陰で静かに楽しめるわけだ。一月前なら、この道からさらに千枚田の中を行く枝道にそれるのだが、もう稲刈りが終わってしまっているので府道を行く。府道でも少し千枚田を見ることができる。
P1020470P1020475

 険しい坂を越えて伊根湾に降り立つと、観光客、釣り人、アマチュアカメラマンがうじゃうじゃ。少し前に役場が移転して、旧庁舎の跡地が舟屋を見られる絶好のポイント。
 伊根から天橋立の府中までの海岸線は快走ルート。晴れた午後には、日差しによって陸地が暖められて起こる対流現象、いわゆる「海風」に乗って走れるのだが、今日は南風のベクトルが強く海風は弱め。それでも若干の追い風なのでいい。しかし、クルマが多い。ほんの数秒が待てずにセンターラインを超えて自転車を追い越し、対向車を驚かせる運転。頭が悪いというか、民度が低いというか。
 純粋に丹後半島一周をするだけならば85kmほどなのだが、今日は100kmを超えようと思う。そこで、オプションとして天橋立の松並木の砂嘴を往復する。松並木も対岸の文殊堂の前も観光客が多い。
 砂嘴の往復を終えたら、府中の汽船乗り場で休憩。丹後一宮「籠神社」の境内の木々は既に色づいている。
P1020489P1020495P1020511


 阿蘇海の波打ち際の自転車道を通って、岩滝へ。与謝野町役場の横を通って大内峠を目指す。最近一押しの大内峠。丹後半島一周の終盤に超えるのは2度目。何たってクルマがほとんど通らないのがいい。そして最後に天橋立が見下ろせる。
P1020518P1020521

 京丹後市に下りたら、いつもの自転車店BULLDOGに寄り道しようと思うが、その手前で店長にばったり出会う。自転車の配達だ。そこで今日の報告ができたので、店にはもう寄らない。空にはモーターパラグライダー。
 家の近所まで帰ってきたら、本日の走行距離を100kmに乗せるためのオプション、弥栄平野田園コースを走る。サイクルコンピュータの距離は100kmを超え、GPSレシーバのTripOdmeterも99.91km。暗くなってきたのでライトをつけてゴールイン。
 GPSレシーバーのトラックをパソコンに転送して距離を出してびっくり。99.93km。TripOdmeterの距離に、計測されていないトンネル内などの区間を加えたら100に届くと思ったのに。GPSレシーバを新しいものに換えたのだが、GPSの電波の感度が向上しているとのことでトンネルのかなり奥まで計測できていたのが原因のようだ。しかし、あと70m。いや、あと20mでも四捨五入で100.0kmとかけるのに。まあ、サイクルコンピュータでは101.76kmなので、100km走ったことにしよう。

|

« 余部鉄橋の下でたそがれポタリング | トップページ | 昨今の自転車事情に思う »

コメント

 丹後半島は景色が良いところなのでサイクリング、ツーリングともに多かったと思います。10時からの出発で100kmとはお疲れ様です。ぼくもまた、丹後半島行きたいです。もちろん、新井まわりで。行くことがわかっていたら、ご一緒させてもらっていたかも。また、お願いします。
 ボクは目下自転車の尻痛に頭を悩ませております。はいかいさんは痛くないらしいけど、コツを伝授して下さい。

投稿: すう | 2011/10/12 05:34

 いつもながら、なかなか早く家を出られませんね。毎会こんな時間です。ごろごろして、前夜録画したビデオを見たり、今しなくていいことをやったあげく、そろそろ出発しないと今日はもう無理だという頃になって、重い腰が上がります。
 出会った自転車は、ロードレーサーとそれ以外が6:4くらいでした。ロードレーサー以外はクロスバイク系のツーリング車(泥よけ付きもあった)が多かったですが、シティサイクルのような強者もいました。ロードレーサーだと、ツーリングという寄りトレーニングのような雰囲気ですね。
 お尻は、何も工夫していないのでコツもなにもありません。強いていえば、短い距離でもまめに乗ることですかね。

投稿: はいかい | 2011/10/12 19:29

こんばんわ
丹後半島1周いいですね
地元で色んな道を知っているのでしょうね
坂少なく 車少なく 景色も良くって感じだとだいたいどれくらいの距離になるのでしょうか? 海沿いは坂が多いと見たような気がします
来年は言ってみたいです

丹後縦断?林道のほうも気になります MTB向き?
世屋あたりもかなり良さそうでいってみたいです 

丹後 はいかいさんの記録がとても参考になりますが、あまりに知らない地名ばかりで・・・さっぱり  

投稿: ゆう | 2011/10/13 22:36

 標高差100~150mくらいのアップダウンがかなりあります。GPSレシーバーのデータの累積標高差は1500mと計測されますが、誤差を差し引いて、その半分くらいかと思います。
 丹後半島縦貫林道は舗装林道なので、MTBで走るならスリックタイヤがいいですよ。
 先日の飛騨信濃の遠征では、木ノ芽トンネルを使いました。トラックが爆走する国道8号線を使わなくてよくなって、楽になりました。また、往復共に越前大野の駐車場で城を見ながら休憩しました。いい街ですね。

投稿: はいかい | 2011/10/14 03:17

予想外にすごい標高差です 大変
林道は舗装なんですね 

木の芽トンネルで昔より敦賀少し近くかんじますね
敦賀から舞鶴は下道で1時間半くらいでしょうか?信号もちょこちょこあるので昼間で2時間みとけばいいでしょうか

敦賀から小浜までしか走ったことありませんが遠かった思い出が・・ 

投稿: ゆう | 2011/10/14 21:58

間違えました 宮津市 天の橋立付近までです 

投稿: ゆう | 2011/10/14 22:25

 舞鶴敦賀間はそんなもんでしょう。宮津から舞鶴は30分くらい。もちろん日中は時間がかかります。若狭西街道、若狭梅街道を使えば少し楽です。

投稿: はいかい | 2011/10/15 20:35

ありがとうございます
若狭西街道、若狭梅街道 初めて聞きました覚えておきます

投稿: ゆう | 2011/10/18 20:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋風の丹後半島一周:

« 余部鉄橋の下でたそがれポタリング | トップページ | 昨今の自転車事情に思う »