« 小径車のブレーキを換えてみた | トップページ | 久美浜湾一周 »

2011/09/05

台風12号

 まずは、紀伊山地などで被災された方々にお見舞い申し上げます。
 8月末の進路予想では、紀伊半島潮岬から丹後半島経ヶ岬へ近畿地方を縦断するような線が描かれていた。しかしながら実際には予想よりも西寄りの進路、高知県から四国へ上陸し、瀬戸内海を経て岡山に再上陸して鳥取県から日本海へと抜けた。そのため、台風の進行方向右側にはいった紀伊半島では、大被害に見舞われてしまった。
 海から吹きつける南風はたっぷりと水蒸気を含み、それが紀伊山地にぶつかって山肌を駆け上がッ手できた雨雲から猛烈な雨を降らせた。加えて、高気圧にブロックされて、10~15km/hという動きの遅さ。台風はなかなか立ち去ってくれず、所によっては9月1~3日の間に1500mmもの雨が降ったという。
 今回の紀伊山地の他、四国山地、九州山地など、海から余り距離を置かずに険しい山岳地帯となっているところでは、台風の進路でその後の生活が一変してしまうおそれがあるわけだから大変だ。
 さて、私の住む丹後半島周辺は、3日午後から4日午前中を中心に大雨や洪水の警報警報が発令され、それなりに風が吹き、雨は降ったが大きな被害はなかった。やはり日本海側に、南風では大被害をもたらすほどの大雨は降らない。7年前の台風23号は、例外中の例外といえるだろう。
 4日、仕事のため舞鶴へ出向いたが、5月末の大雨で崩れて、応急処置の状態のままだったところが再び崩れているのが見られた。南風のため、海は凪。
 そして今日5日は、台風が日本海を北東に進み、台風の西側にはいったため、西高東低の気圧配置で風は北西。時雨模様となった。湿度は高いが、気温が下がって涼しい。

|

« 小径車のブレーキを換えてみた | トップページ | 久美浜湾一周 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風12号:

« 小径車のブレーキを換えてみた | トップページ | 久美浜湾一周 »