« がんばろう岩手、恥を知ろう京都 | トップページ | パンクしないタイヤ »

2011/08/13

恥の上塗り

「京都の大文字の送り火で、東日本大震災で被災した岩手県陸前高田市の松の木を燃やす計画が中止になった問題で、改めて送り火で燃やすことになっていた陸前高田のまきの一部から放射性物質が検出されました。京都市と保存会で検討の結果これらのまきを燃やすことを断念しました。(略)
報道関係者が、放射性物質が検出された、皮の部分を取り除いて燃やせばいいのではないかと質問したのに対し門川市長は「放射性物質が検出されれば燃やさないという前提だった」と説明しました。(略)
植物に対する放射性物質の影響に詳しい学習院大学の村松康行教授は、「樹皮は水分を吸収しやすいため雨に含まれる放射性物質を取り込みやすい上、表面に凹凸があるのでいったん付着すると落ちにくい。チェルノブイリ原発事故のあとに現地で行われた松の調査では放射性物質は樹皮にくっついていて木の内部から検出されたのは樹皮の100分の1以下というわずかな量だった。今回のように樹皮からある程度高い値が出るのは当たり前で、もし燃やす場合でも樹皮を取り除けば問題ない。」
  NHKオンライン京都府のニュースより引用

 燃やして影響がでるかどうかでなく、セシウムが検出されたというだけで中止。
 トラック1台、それも荷台に満載というほどでもない程度の薪。だいたい市長だって素手でもっている。
 今回は、「もういいよ」という相手に「何とかもう一度チャンスを」とお願いしてのこと。やり遂げる努力をすべきではないのか。被災者の心や、献身的なボランティアの努力をこうも簡単に踏みにじれるのか。
 陸前高田市長は「陸前高田のみならず、すべての被災者似も心配をかけることとなるので、騒ぎを大きくしたくない」というコメントしている。その通りだと思う。
001002


写真と陸前高田市長のコメントはABC朝日放送のサイトの動画ニュースより

|

« がんばろう岩手、恥を知ろう京都 | トップページ | パンクしないタイヤ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恥の上塗り:

« がんばろう岩手、恥を知ろう京都 | トップページ | パンクしないタイヤ »