« 扇ノ山はいまだ全面滑走可能 | トップページ | 福島へ(天元台から吾妻山) »

2011/05/08

福島へ(往路編)

 福島に住んでいる知人に電話をしたのは3月9日のことだった。あいにく不在。そして2日後の大地震。連絡が取れたのは、4月中旬になってからだった。
 5月2日23時20分、福島へ向けて夜の道を走り出す。丹後半島から若狭湾沿いの国道27号線、そして広域農道を130km走って敦賀へ。敦賀から北陸自動車道へ。夜中でもクルマが多い。S.A.はほぼ満車だ。比較的空いている小さなP.A.で3回仮眠。富山県内で夜が明けた。気持ちのいい青空。
 神戸ナンバーや姫路ナンバーの警察車両が10台以上列をなしている。兵庫県警の災害派遣部隊だ。
 新潟JCTから磐越自動車道へ。西会津I.C.で高速道路を下りる。本来なら1万円近い料金が休日特別割引で1000円。この恩恵も、この旅が最後だろうか。
P1250021P1250029P1250033


 西会津からは、阿賀川沿いの県道で北東方向へ。飯豊山が白い。不思議だ、古墳の上に墓がある。
 蕎麦の山都は素通りし、喜多方でラーメン。
P1250041


 国道121号線を北上し、山形県へ。オートバイが気持ちよさそうだ。13時間(仮眠タイムを含む)をかけて、800km近くを走って最初の目的地へ。(つづく)

|

« 扇ノ山はいまだ全面滑走可能 | トップページ | 福島へ(天元台から吾妻山) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島へ(往路編):

» 地震・災害時に役立つ優先ポイント [地震・災害時に役立つ優先ポイント]
地震や災害発生はいつ起こるかわかりません!! 緊急時に役立つポイントをまとめてみました。 いざというときのために慌てないように地震対策をしておきましょう。 [続きを読む]

受信: 2011/05/11 22:57

« 扇ノ山はいまだ全面滑走可能 | トップページ | 福島へ(天元台から吾妻山) »