« まるで梅雨末期 | トップページ | 新緑の但東峠越えショートツーリング »

2011/05/13

福島へ(富山で寄り道復路編)

 磐越自動車道で真っ白な飯豊山に向けて西進する。会津盆地が広がりを見せてきた。クルマはそれなりに混みあっているが、順調に流れている。会津若松を過ぎると片側1車線の対面通行区間が主体となるが、車線だけでなく交通量も減るので問題なし。
 しかしいい天気だ。新潟からは北陸自動車道へ。こちらも混雑しているが、関越自動車道の分岐、長岡JCTを過ぎると関東地方のクルマが減って楽になる。富山県に入ってすぐ越中境P.A.の前で事故による車線規制があり、渋滞発生。のろのろ運転で通過。すでにクルマは移動され、現場検証中のようだった。
 その後、富山県内を順調に走る。上市のスキーチューンナップ工房にスキー板を預けることになっているので、上市の最寄りの滑川I.C.の手前の有磯海S.A.へ。大混雑だが何とかクルマを止めて、工房のオーナーに電話をかける。すると、出かけているとのこと。実は、事前の約束は夜とのことだったが、早めのスタート、スキー登山の断念でまだ15時。どうしよう、夜まで待とうか。と思っていたら、「砺波にいるんでそちらで」といってくれた。ありがたい。
 というわけで、さらに進んで砺波I.C.へ。国道359号線を東に進み「頼成(らんじょう)の森公園」へ向かう。道中クルマが多いなあ、と思ったらチューリップ公園でチューリプフェアの真っ最中。そうだ、砺波といえば「かいにょ」と呼ばれる屋敷森に囲まれた家が散らばる散居集落とチューリップだ。
 頼成の森公園近くの待ち合わせ場所で到着の連絡を入れ、スキー板からビンディングを外していると工房のオーナーさん到着。用事の最中なのに柔軟に対応してくれて感謝。無事板を預ける。
 その後、ちょうど1時間後に砺波I.C.に戻って、ひたすら帰宅の道を行く。片道800kmの道のちょうど中間点辺り、いい気分転換だったが、夕方になって高速道路のクルマが増えてきている。尼御前S.A.は満車とのことだ。
 砺波でいったん高速を降りる手前から電光掲示板に気になる情報が表示されていた。「武生、敦賀間、事故のため渋滞20km」。まだ遠いから、解消してくれるのを願うが、近づくに連れ「鯖江、敦賀間、渋滞25km」とむしろ悪化。うーん、北陸道は名神に近い米原辺りはUターンの渋滞になるだろうけど、それは私には無関係。敦賀までは混んでも渋滞まではいかないと思っていた。しかし、事故が絡むとそうなるなぁ。
 結局時間が経っても、渋滞は20km。実際福井県内にはいるとずいぶんクルマが混みあってきた。
 武生I.C.で北陸自動車道を下りる。2004年に開通した国道417号線の木ノ芽トンネルを通ってみることにしよう。事前に道を調べていなかったので、国道8号線を少し走らねばならないことがわからず少しまごついた。国道8号線から365号線で南条へ。同じように北陸自動車道のエスケープを考える人がいるのか、クルマが列をなす。流れてはいるが、それなりに信号があるので停止を強いられる。沿うように走る北陸自動車道は、渋滞している。
 南条から今庄へ南下すれば信号は少なくなり快適に進む。そして、「今庄365スキー場」で国道365号線との重複区間が終わり417号線の単独区間。すぐに木ノ芽トンネル。ところで365号線の木ノ芽峠は未だ冬期閉鎖で連休明けから開通。トンネルは年中無休だ。
 トンネルを抜け、これですんなり敦賀まで行けると思ったら、渋滞に捕まる。市街地までまだ距離があるのに。原因は道路工事の片側通行の信号だった。10分ほどかかって抜ける。再び北陸自動車道と添う。北陸道は、ゆっくりと流れているようだ。
 すっかり夜になった敦賀ではソースカツ丼を食べよう。今日初めてのまともな食事だ。去年の9月の記憶をたどり、ヨーロッパ軒へ。大きなビルなので何とか見つかった。混んでいるので時間がかかると言われたが、それでも10分ほどで大きなカツの乗った丼が出てきた。いただきまーす。
P1250220P1250221P1250222


 私の少し後にやってきた客は「もう閉店です」と言われていた。時刻は20時。ぎりぎりセーフだったようだ。ラッキー。
 その後は順調に走り、23時に帰宅。出発からちょうど72時間だった。

 翌6日は腰痛を我慢しての勤務だったが、7日の土曜は安静にして過ごしてかなり回復、8日日曜はリハビリもかねて扇ノ山でスキー登山。腰痛発症から6日目の5月10日には、完全に痛みはなくなった。長引かないで良かった。(これで終わり)

|

« まるで梅雨末期 | トップページ | 新緑の但東峠越えショートツーリング »

コメント

今庄からの道通られたのですね
近所にPAがあるので良く行くのですが GWは例年どおりの込みようでした 
高速1000円も終わるみたいなのからでしょうか

これからは小浜あたりから少しずつ高速延びてきているのでちょっとは近くなりますね 福井からの中部縦貫道路も大野までは2,3年後には繋がるので岐阜方面もちかくなってきます

投稿: ゆう | 2011/05/16 10:27

 今庄・敦賀間は旧北陸本線の狭いトンネルがネックでした。これで、トラックがびゅんびゅん走る国道8号線を通らなくてもすみます。

投稿: はいかい | 2011/05/16 19:10

 長編の旅行記だったけど、3日間のできごと?中身が詰まっていますね。3日間で片道800kmはボクにはできません!
 山形や福島のことも全く知りません。行動力には驚かされます。はいかいさんが動くと日本が狭いみたい。

投稿: すう | 2011/05/16 21:34

 H氏は、以前と変わらぬ大らかな雰囲気でしたよ。
 別荘の所有、移住、3月末には、御大の方々の第2の人生を見学するようなツアーがありましたが、今回のH氏のリタイア後の生活は、何とも個性的。こういうのもありなんだなあ、と思いました。
 二十数年後の自分はどうしているのでしょうか。

投稿: はいかい | 2011/05/17 00:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島へ(富山で寄り道復路編):

« まるで梅雨末期 | トップページ | 新緑の但東峠越えショートツーリング »