« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011/04/30

GWに滑る氷ノ山東尾根(4/29)

 過去に氷ノ山を最も遅い時期に滑ったのは、4月22日。2000年と2006年のことだった。ともに大雪の年だったのだが、今年はさらに雪が豊富。さらに一週間、遅く滑ることができた。
 4月の中下旬、仕事や悪天で土日がつぶれ、氷ノ山の残雪を滑る絶好の時期を逃したかに思われた。でも、4週間前にクローズした「わかさ氷ノ山スキー場」のライブカメラにはまだ白い雪が残っている。まだ望みがある。
 朝9時前に家を出発。久しぶりの晴れた休日だ。大型連休のせいかクルマが多いので交通量の少ない道を選ぶ。養父市中心街からの国道9号線は裏道でエスケープ。
 氷ノ山が見えてきた。まだ白い、行ける!
P1240869


 しかし、山が近づくと雲が広がり、登山口に到着すると小雨が降ってきた。山頂部には薄くガスがかかってしまった。昨日まとまった雨を降らせた寒気がまだ残っているのだ。そんなに大降りにならないことを見越して出発準備。駐車スペースには7台ほどのクルマが停まっている。
 
 兵庫県養父市関宮町「氷ノ山国際スキー場」脇東尾根登山口[789]11:20 -
 11:52東尾根休憩小屋[1002]11:59 - 12:33一ノ谷休憩所[1147] -
 14:15山頂[1513]14:40 - 14:49神大ヒュッテ下[1235] - 15:05千本杉[1379] -
 15:32一ノ谷休憩所 - 15:58東尾根休憩小屋- 16:20東尾根登山口

 雪の全くない登山口を、スキー板を背負って歩き出す。行程のほぼ中間点「一ノ谷休憩所」までは雪がないはず。その区間はどうせ雪があっても滑れないし、登りでシール歩行もできない。この時期この標高の緩んだ雪はない方がいい。何人かの登山者とすれ違いながら一ノ谷を目指す。親水公園にクルマを止めて、氷ノ山越え、山頂、東尾根の周回コースの登山者が多いようで、東尾根登山口から親水公園までの距離をたびたび聞かれる。
P1240876P1240878

 一ノ谷休憩所は、特に何かの施設があるわけではないが、そういう標が立っているのでそう呼んでいる。谷というが、谷の源頭部の尾根である。
 さあ、その上の大斜面を見上げる。雪はある!
P1240882


 この上がスキーできる区間なのだ。前述のように、一ノ谷から下は滑れない。残雪期にこの状態がずっと続くのが東尾根コースの特徴だ。今シーズンは氷ノ山国際スキー場クローズからひと月以上この状態ということだろう。
 ちょうど雪の大斜面をつぼ足登山者が下りてくる。雪は締まっているし、板はそのまま背負って斜面に取り付く。雪面に残っているのは、大量のつぼ足トレース。でこぼこだ。この時期に雪を想定している人はいないのか、スキーやスノーシューのトレースは皆無。
P1240883P1240884P1240885


 振り返ってハチ高原スキー場のゲレンデを望む。クローズから1ヶ月を過ぎ、残雪はごくわずか。2006年4月22日には、うっすら新雪が積もって全面白かった。その日の夕方には茶色が透けて見えたが。あのときは、今歩いている斜面にも新雪が積もっていた。残雪ももっと多かったが、1週間の違いがかなり影響あるのだろう。
 大斜面を登り切ると緩やかなブナ林が広がる。斜度の切り替わりのところで雪が切れ、チシマザサの藪が顔を出していた。シール登行に切り替えてもいいが、面倒だしそのままで歩きやすいので板を背負ったままつぼ足で行く。
P1240887P1240897P1240898


 ふと足元を見れば、黄砂で真っ黒に汚れた残雪を、真っ白な新雪が覆っている。昨夜は雪だったようだ。いつしか空は快晴だ。
 ブナ林から千本杉と呼ばれるちょっとした杉林。左手から大段ヶ平の尾根、さらに右手から流れ尾根をあわせて山頂へ。その手前でスノーシューの単独男性とすれ違った。本日唯一の雪遊びの同士という感じだ。
P1240899P1240910P1240915


 山頂部はいつものように雪が溶けているが、その周辺の残雪は厚い。ここから千本杉辺りで滑って遊ぶだけなら、まだ来週だって行けるだろう。三ノ丸も、笹が出ているが、まだ雪面も残って滑れそうだ。扇ノ山はこれからだ。大山や三室などの山は霞んでいて同定する気にならない。
 風が強いので避難小屋に入って、行動食を食べる。
 さあ、滑降だ。春の新雪は重いのでありがたくないが、今日は薄いので気にならない。快適なザラメ滑走だ。千本杉を抜け大段ヶ平方面へ。いいねぇ。
P1240924P1240930P1240934


 それでも、神大ヒュッテ下の斜面までにしておく。その下は斜度が緩すぎるのと、笹が顔を出しかけている。
 千本杉までの登り返しは、わずかなので板を担いでつぼ足で。
 千本杉からは、東尾根一ノ谷に向けて最後の滑降。緩斜面から急斜面に切り替わるところは藪が出ていて難儀。板を外さずにおりようとして立ち転け。そういう転倒を2回。この大斜面は笹に阻まれて快適な滑降とはいえなかったが、何とか一ノ谷までは板を外さずに滑って降り立った。
P1240936P1240942

 あとは板を背負って下る。
 クルマに戻って帰り支度をしていると、福井ナンバーのクルマが停まって2人の男性が下りてきた。今日扇ノ山に登り、この辺りでテント泊して、明日は氷ノ山だそうだ。大型連休だねえ。クルマが多いから、裏道を通って帰ろう。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011/04/28

春なのに「うらにし」ですか

 1週間、天候不順が続いている。丸一日雨が降らない日がない。
 23日の土曜にまとまった雨が降ったあと、24日の日曜、25日の月曜は、天気回復の予報が当日になって急転。上空の寒気による不安定な空模様。気温も低く、北西の風が吹いて晩秋から冬場のような時雨が降る「うらにし」模様。しかも、局所的。春、それも立春から80日が経過し初夏が近いというのに。

 2週続けて土曜は雨で、日曜は舞鶴で仕事。せめて通勤くらいは楽しもうと24日の日曜はスーパーカブでの通勤を狙っていたが、午後の雨予報にクルマで出動。片道50kmの道中、自転車や自動二輪に乗る人の姿がうらやましい。しかし、途中で雨に遭い、その後雷に雹(ひょう)。やっぱりクルマで正解だった。雨の範囲は狭いので、帰り道には天橋立で自転車をおろし阿蘇海一周。
P1240833P1240834P1240836


 翌25日月曜は、スーパーカブと折り畳み自転車による通勤を試みるが、通り雨に遭遇。短時間の雨宿りでかわすことができたが、強い雨足で路面には水たまりができて自らの泥跳ねを浴びる。
P1240849P1240853


 その後も不安定なウィークデイが続き、27日の水曜には気温は上昇で夏日となり、夕方から土砂降りの豪雨。28日には、またも時雨で前日よりも最高最低気温ともに10度近く下がる。まさに、気温が乱高下。

 それでも、昭和の日の祝日とその翌日の土曜は天気がよさそう。久しぶりの晴れ、それも休日。うっぷんが晴らせるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/17

西舞鶴の槇山

 17日は舞鶴で仕事。昼過ぎに終わったので、舞鶴湾の入り口西側にそびえる槇山に自転車で登った。標高差483m、約23km。
P1240744P1240774P1240755


| | コメント (0) | トラックバック (0)

カタクリも遅め

 家から5kmの山間部にあるカタクリ群生地。まだ咲き始めで、開ききっていない。つぼみもある。10日から2週間くらい遅め。
P1240733P1240734

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/11

急転直下

 4月10日、この日はアルペンスキーでの山行き。強く確実なエッジングが求められる。転倒したら滑落の危険性。こうした緊張感のあるスキーも…たまにはね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/04/07

冬の動画いろいろ(後編)

 ヘルメットカメラで撮っていたものの、編集が面倒でほったらかしていたもの。2月中旬から下旬のもの。

1.テレマークスキーでのスキー登山
   最初から最後まで粉雪の滑降。


2.ミカタスノーパークでゲレンデテレマーク
 2月中旬の粉雪のスキー場。いろいろ練習してみるけど大して上達しないまま、シーズンは終わった。


3.ランドナーでダートのダブルトラックのダウンヒル
 2月下旬の、丹波の林道。ダブルトラックを自転車で下る。林道上部は絶景なんだけど、路面をしっかり見ないといけないから、あまりおもしろい映像は撮れない。麓には少しだけ残雪もある。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

霜が下りたか桜はまだかいな

 前日5日の東山へのアプローチも白い景色の中だったが、6日もまた霜。もう4月だから遅霜といえるのだろう。庭の梅はようやく満開。桜は、つぼみがほころび始めた。今度の日曜は地域の花見だが、海上の桜はまだ芽吹きかけというところ。
 日中は初夏の陽気。
P1240579P1240581P1240583


| | コメント (0) | トラックバック (0)

若杉天然林から因幡の東山

 鳥取県第三の山、東山(とうせん)は、兵庫、鳥取、岡山の三県の境界をなす三室山、後山、沖ノ山などの標高1300m台の山々が連なる山塊の鳥取県内にある山である。山塊の中では最も高い標高1388mで、この近辺では国道29号線の戸倉峠を隔てて北東側の氷ノ山に次ぐ高さである。
 三県境界の山塊内部には林道はあるものの除雪はされず、冬の間は山塊は雪に閉ざされている。近年では、鳥取県の若桜町の糸白見や吉川から尾根を突き上げて東山に登頂してスキーで滑降するのが主流のようで、特に糸白見側は北斜面になるので雪の質、量ともによく、今シーズンは3月上旬でも麓まで雪をつないで滑り降りることが出来たようである。
 しかしながら、私にとっては標高差、ラッセルが鬼門である。それにザラメ期にはもう麓まで滑ることは出来ないだろう。というわけで、入山は岡山県西粟倉村の若杉原生林と決めて、その時期が来るのを待っていた。冬の間は大茅スキー場までしか除雪は入らないが、3月15日から若杉天然林までの除雪作業が開始され、春分の日の連休頃にはクルマが入れるということを村役場に問い合わせて聞いていた。しかし、3月には寒の戻り波状攻撃。ロングコースなのでラッセルがあると山頂までたどり着けない。根雪は相当深く、シーズンはまだまだ続くはず。時が来るので、ひたすら待つのだ。

岡山県西粟倉村若杉天然林[430]8:21 - 9:22岡山鳥取県境尾根[1087] -
10:50中国自然歩道1158P[1157]11:01 - 12:08沖ノ山林道智頭・若桜越[1114]12:12 -
13:51東山[1390]14:05 - 14:29沖ノ山林道智頭・若桜越 - 15:52 1158P -
16:40岡山鳥取県境尾根 - 17:31若杉天然林
ステップソール付テレマークスキー 16.9km

 満を持して、4月5日に決行。西粟倉は丹後から見て山塊のちょうど真裏。以前、沖ノ山にスキー登山をするときにもこの若杉天然林から入山したが、アプローチは、北の鳥取周りでも南の千種周りでも170kmを越え、3時間以上となった。東山(とうせん)、遠山(とおせん)、山道長いのね、そうよアプローチも長いのよ。
 ところが久しぶりに訪れてみると、兵庫県内の国道178号線沿いの無料高速が延長されていた。さらに、鳥取市からの南下ルートだが、国道53号線を走っていると無料の高速道路が併走している。案内板によれば姫路方面は高速へ、とある。R53は岡山方面なのでいずれ高速はR29沿いへトレーンチェンジしていくと思ってそのままR53で霜の降りた里の中を走るが、高速はずっと寄り添ったまま。つまり、智頭、西粟倉、佐用を経由する、R53→R372に沿ったルート。つまり、私の行きたい方向への道だった。途中でそのことに気付いて高速に乗る。岡山県に入ってすぐに高速を下りて、若杉天然林には京丹後から3時間ちょうどで到着。標高900mは、まだまだ雪が深い。雪解け水が、路面で凍結している。
P1240461P1240465P1240469


 まずは天然林を歩き出す。ブナやナラの気持ちの良い林だ。葉を落とした木々をバックに空が青い。ここをほぼ真北に向かっていけば東山で、西に向かえば沖ノ山である。
 いくつか渡渉ポイントがあるが、森林公園の探索ルートなので、コンクリートで平らな飛び石が作られている。踏切を思い起こさせる。全行程のうちで板を外したのは、渡渉の時のみ。
 今日はアップダウンのある行程なので、ステップソールの板。雪面がガチガチに凍てついていてステップが噛まないので、シールを装着。繰り返すが、とても気持ちのいい林間歩きだ。
 県境尾根が近づいてきて、「遊歩道の第2分岐」の案内板があるところで北西方向の支流沿いに進路を変える。わずかに登った鞍部を越えると鳥取県だ。沢沿いの緩い下り勾配をシールを付けたまま滑り、スノーブリッジを越えて標高1110ピークに登り返す。そのピークを越えて下りた鞍部が芦津・吉川越。1110Pを越える必要はなかったが、結果的には往復ともに越えることになった。この辺りの地形はややわかりにくい。
 若桜越からは真北へ伸びる稜線を行く。稜線には中国自然歩道が敷かれ、6年前の夏にMTBで辿ったことがある。ただし細かなアップダウンの連続で、北上は登り基調。スノーシューのトレースに導かれるように進む。
 標高1158mの三角点ピークで小休止。木々の間に氷ノ山が覗く。三ノ丸が白くなだらかだ。
 北上を続ける。植林帯で余り展望がなかったが、東側が落葉樹林となって展望が開け始める。前述の氷ノ山の他、扇ノ山、青ヶ丸、仏ノ尾も見える。麓の吉川集落も見える。
P1240486P1240487P1240489

 1205ピークからようやく目標の東山が白く見えた。西の木々の合間には大山がちらちら見えた。そして、一気に下って沖ノ山林道の智頭・若桜越。ここは3度目。中国自然歩道のときと、芦津から吉川へ沖ノ山林道を走ったときで、いずれも自転車ツーリングである。そのときは笹や樹林に覆われていた東山だが、笹は雪の下に隠れ、木々も葉を落としているので、とにかく真っ白でどこでも滑れそうに見える。
P1240494P1240493P1240496


 さあいよいよ私にとっては未踏峰、東山への登りだ。智頭・若桜越までですでに4時間近く経過している。スキーのシュプールが何本か残っている。
 智頭・若桜越から1時間半、若杉天然林から5時間半をかけて東山に登頂。改正の空の下360度の大展望が広がる。来たに扇ノ山と青ヶ丸・仏ノ尾、東には東中国山地の盟主、氷ノ山。そして、三室山、後山、沖ノ山、那岐山、はるか西に大山。主立った山を時計回りに並べてみた。皆込谷右股の源頭部は全層雪崩でチシマザサが顔を出している。
P1240523P1240555P1240561
P1240510P1240529P1240528
P1240526P1240531P1240517


 さて、復路も長い。天然林からずっと付けっぱなしだったシールを外して、滑降の準備。
P1240537P1240543P1240551


 下りは一気だ。とにかく絶景の中、気分上々の滑り。あっという間に、林道智頭・若桜越。
 シールを貼って中国自然歩道へ。1205P手前で勾配がなだらかになったらシールを外す。暖かい日差しで雪は程良く緩み、ここからは登りもステップソールで十分こなせる。
 6年前にMTBで走ったときはこの方向だったので、何となく雰囲気がよみがえる。
 さすがに下り基調で、往路よりは時間短縮。しかし、1158三角点Pを越えると、ルートファインディングが難しい。往路は楽しいと思えたのだが、復路は尾根を間違えて下りそうで不安になる。それに、この辺りは雪面が堅い朝のうちに通過したのでトレースがはっきりしない。何度も行ったり来たり立ち止まったりを繰り返す。今回もGPSレシーバーには大変お世話になった。
P1240564


 どうにか県境尾根鞍部にたどり着いて一安心。後は下るだけ。
 緩やかな勾配の若杉天然林を滑り、実に9時間ぶりに駐車場に戻った。満足である。
P1240573


 さあクルマに乗って、無料の高速道路を延々と走って鳥取市内へ。本日の締めのラーメンを食べて、買い物をして、日本海に沿って東へ。寄り道をしなければ、3時間弱のアプローチ。距離は169kmだ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011/04/05

神鍋アルペンローズから蘇武岳そして名色へ

 蘇武岳には、スキーで過去に3度登っているが、いずれも奥神鍋や万場のスキー場のリフトを利用して稜線まであがっている。一度は自分の足で登って見たい。そう思って今シーズンは狙っていた。登りはアルペンローズスキー場。2000年3月をもって営業を終えたかつての穴場スキー場だ。このスキー場のトップから尾根を歩いておく神鍋スキー場の上部ゲレンデを横切る林道へと登るのだ。
 と、計画は2月頃から頭にあったのだが、決行は雪が締まって歩きやすい残雪期。ところが3月に入って毎週寒の戻り。重い雪のラッセルでは行程がこなせないのでずっと見送っていた。4月2日は天気がいまいち、3日に決行。でも、朝は地域の山林の排水溝整備の仕事。農繁期を前にいろいろとあるのだ。というわけで自宅を出発したのは10時前になってしまった。朝の内は肌寒い曇り空だったが、徐々に雲の切れ間から日が射すようになってきた。

兵庫県豊岡市日高町万劫(旧アルペンローズスキー場ベース)[357]11:36 -
13:15旧アルペンローズスキー場最上部[697] - 14:58大規模林道妙見蘇武線[891]15:17 -
奥神鍋スキー場最上部[894]15:22 - 16:59蘇武岳[1050] - 17:10名色への尾根の分岐[999] -
18:13旧名色スキー場最上部(備前山)[782] -18:50旧名色高原スキー場ベース部[306]
 …(自転車)…19:17万劫
ステップソール付テレマークスキー 16.5km 自転車3.1km

 神鍋高原の奥に位置する万劫集落はずいぶん溶けたとはいえまだ雪が1m残っている。万場も奥神鍋も1週間前に今シーズンの営業を終えたが、まだまだゲレンデは真っ白。奥神鍋などベースまで全く地面はでていない。昨シーズンの3月初めよりも雪が多い。
P1240313P1240317P1240321


 アルペンローズスキー場の下山コースからゲレンデへ。ここも雪は十分。1時間40分で、標高698mのゲレンデトップ。シールを外して滑り降りたい気分になる。
 さて、今日は長い林道歩きのためにステップソールの板。でも稜線直下の林道までは急斜面なのでシール登行だ。今日は肌寒いが、それ以前に暖かい日が続いていたせいか、雪は緩んだザラメだ。
 アルペンローズから奥神鍋への尾根にはいる。序盤の鞍部を越えて急登の区間にやや難儀。立木の密度が比較的高い。登っていくと徐々に奥神鍋スキー場や、このあと下山コース途中の名色高原スキー場トップの備前山が見えてくる。尾根は細くなる。総合的に見てこちらを滑降でなく登りで使ったのは正解。上部は雪が少な目だが、どうにか板を外さずに行けた。
P1240324P1240340P1240354


 標高900mを越え、大規模林道妙見蘇武線に乗り上げる。奥神鍋スキー場はもうすぐだ。ここで小休止。腹ごしらえをする。日差しがまぶしいが、風は冷たい。
 シールを外す。林道は奥神鍋スキー場の最上部ゲレンデのど真ん中を横切る。今シーズンの営業を終えてちょうど1週間だが、まるで整備された直後のように滑りやすそうなゲレンデ。このまま滑り降りてしまおうかと思う。新しいシュプールは、よく見るとスノーモビルのトレースだった。
 奥神鍋のゲレンデを越えるとすぐに万場高原スキー場最上部からの尾根、そしてさらに万場からの林道が合流。そこで林道は、主稜を東から西に移動。鞍部を横切り、今度は西側の展望が開ける。まず目に付くのはおじろスキー場のゲレンデ。営業を終えてから2週間だが、上から下まで真っ白だ。その上部には扇ノ山、そして仏ノ尾と青ヶ丸。中国山地で最も雪深いエリアだ。今シーズンの扇ノ山は5月下旬までスキーができるかも知れない。さらに進むと、今度は氷ノ山と鉢伏山が見えてきた。ハチ北高原スキー場の北壁も真っ白。ハチ高原・ハチ北高原の両スキー場は、ともに営業を1週間のばし、ハチは本日3日で、ハチ北は10日までの営業とのこと。3週間も前に営業を終えたミカタスノーパークも全面真っ白。どこのスキー場も、雪のあるなしだけなら今年はもっと営業できるはずだが、それでも閉めてしまうのは、やはり客の入りの少なさのためだろう。
P1240360P1240370P1240369
P1240373P1240398P1240399


 蘇武岳まで林道は登り基調だが、下りもある。ステップソールの板が適している。林道は長丁場で、蘇武岳直下まで1時間半以上かかる。林道最高地点から蘇武岳山頂まで標高差はわずか50m程だが、山肌に取り付いてしばらくのところで止めておく。大きな雪庇の付いた山頂はすぐそこ標高差は30mの所まで来たが、下山が気になる。スキーとMTBあわせて5回以上山頂を踏んでいるのでまあいいだろう。さあ急いで下山開始だ。林道を少し下って名色に下る尾根へ。いくつか別れているので慎重に尾根を選ぶ。スノーシューやスキーのトレースも付いている。雪はクサレ気味、林間であまり下りは快適ではない。不本意ながら横歩きで下る場面もある。つぼ足で下ったあともある。スキーヤーだろうか。今日はザラメが緩んでいて板を外して下ることはできない。
P1240405P1240406P1240419


 植林地帯を通過。6年ぶりだが、木があまり育っていないような木がする。少し登り返しがあったり、林道に合流したりして、1時間で名色高原スキー場のトップに到着。とりあえず一安心。
 しかし、上部は急で狭い斜面。雪も悪くて苦戦。再び横歩きで下る。広いゲレンデまで下ったら、斜滑降キックターン。その後普通にターンができるようになる。
 今シーズンから営業を辞めた名色高原スキー場。とにかく次々とスキー場が営業を停止していくのだが、多くは再開の見込みのない休止状態。しかしこの名色高原は、すでにリフトの支柱も撤去されている。
 どうにか真っ暗になる前に、スキー場を下り終える。最後は何ヶ所か雪が切れていた。
 あらかじめデポして置いた自転車に乗り換えて万劫へ3km。クルマに自転車を積んで、名色で板を回収して帰路に就く。本日の行程は、19km強だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/03

建もの探訪あい間に八方

 少し上の世代の人たちの旅に便乗。まずは、伊豆半島の付け根、伊豆の国市韮山の富士山や箱根の山が見える標高630mの高台で移住生活をしている人の家を訪問。そして、今回の旅の中心人物、御大N氏が所有する信州安曇野の別荘へ移動。別荘を拠点に八方尾根でスキーを楽しむ、全行程3泊4日の旅。丹後に戻ってから、たまたま通りがかりに、自宅を建て替えた音楽ホールのある(新聞に掲載されるほど)独創的な家を訪問するオプションまで付いた。
P1240050P1240052P1240147


 さて、その中の3月31日のお話。八方尾根スキー場でゲレンデスキーだけではもったいないので、私は単独で八方池まで。ゴンドラリフトとクワッドリフト2本を乗り継いで八方池山荘で他のメンバーと別れる。登山届を提出し、シールを貼ってスタート。天気は快晴。白馬三山など白い峰を見ながら稜線を歩く。私より少し先にスタートした単独行の男性、さらにそれ以外にトレースがいくつも見られ、人気コースであることが改めてわかる。八方池山荘の裏手でビーコンチェックをしているのは、ガイドツアーだろうか。
P1240158P1240177P1240163


 シールでのんびり歩くことができる、なだらかで広い稜線。1時間ほどで八方池に到着。先行の男性は、一段下の公衆トイレの近くでシールを外していた。
P1240203P1240212


 板を置いて雪に埋もれた八方池のまわりを散策していると、スキーを背負った2人組の男性が登ってきた。話をしてみると、京都府の日本海側の丹後、というと、珍しくすんなり通じた(京都府に海があることが通じないことが多い)。1人は父親が福知山だという。2人ともアルペンスキーで、父親が福知山の彼はビンディングがディアミール3。私もディアミール2を持っている。もう10年ほど前のモデルだ。彼らはツアーの下見で八方沢へと下るという。反対のガラガラ沢の落ち口では、八方池山荘の裏でビーコンチェックをしていた3人がいざ滑り込もうとしている。アルペン山スキーのガイドに、スノーボードのカップルが率いられている。
P1240173P1240224


 さあ下ろう。谷に下りる人が多く尾根にはあまりシュプールがない。今日は山スキーだが、テレマークスキーが主体、という父親が福知山のスキーヤーの視線を重圧に感じながら登ってきた尾根を戻る。
P1240231P1240229P1240227


 白馬三山は、登りの途中からガスで見えなくなった。そして今ちらちらと雪が舞っている。予報通りだ。
 昨夜から今朝方の薄い新雪が午前中の日差しで緩んで、滑りは重い。予定通りスキー場に戻り、メンバーと合流。昼の休憩のあと、2時間ほどゲレンデスキーを楽しむ。テレマーカーの姿もちらほら見られた。
P1240250TeleP1240269

 安曇野の別荘に帰ったら、夕暮れまでのひととき、自転車を借りて30分あまりの一走り。朝見えていた大天井は見えないが、防風林に囲まれた農家が点在する田園地帯が何とも安曇野らしい。
P1240276P1240281P1240275


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »