« 低燃費マシンの修理 | トップページ | 建もの探訪あい間に八方 »

2011/03/21

雨の合間に

 自転車でひとっ走り。朝に降っていた雨も午後になって止んだ。路面の水が引いて乾くのを待ちながら、家族の軽自動車のタイヤをスタッドレスからノーマルに交換。今週の寒の戻りは小さいと見た。自分のクルマは、まだ雪遊びがあるのでスタッドレスのまま。
P1230918


 そのあと、昨日スーパーカブから外したタイヤとチューブを持って、そのスーパーカブで出動。いつもの、自転車屋さん「BULLDOG」で診断してもらう。タイヤの内側とのこすれによるチューブの擦り切れの原因はいかに。
 タイヤの質、そして空気圧の不具合などによって起こることがあるという。空気圧は、高すぎれば強く押しつけられるし、低すぎるとタイヤ内部でこすれるとのこと。今回は、おそらく低すぎではないだろうかと自分では思う。
 ところでBULLDOGは、チューブの中に「リペアゲル」という合成ゴムとオイルを配合した素材を流し込んで固めた「ノーパンクタイヤ」の取扱店。そこに、受け入れ態勢が整えば被災地でボランティア活動をしたいという京都市内の人から、ノーパンクタイヤの問い合わせがあったという。被災地では、クルマが通れない道路、あるいは通れても緊急車両以外は制限されている道路などが多く、自転車が非常に有効である。これは1995年の兵庫県南部地震などでも実証されている。しかしながら、最大の的はパンク。路面状況の悪さに耐えられるような準備が必要とのことだ。
 さて、いったん家に帰って出直す。今日は折り畳み自転車でなく、ランドナー。だからトランスポーターはクルマ。路面は、ほぼ乾いたところもあるが、場所によってはまだ水が浮いている。泥よけが必要。小さな峠を二つ越えて、海沿い、そして川沿いの10kmあまりのいつものコース。
P1230919P1230922P1230926


|

« 低燃費マシンの修理 | トップページ | 建もの探訪あい間に八方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨の合間に:

« 低燃費マシンの修理 | トップページ | 建もの探訪あい間に八方 »