« 大江山連峰赤石ヶ岳と双峰で滑りと樹氷を堪能 | トップページ | 大江山連峰千丈ヶ嶽と鳩ヶ峰 »

2011/02/15

ホワイト氷ノ山三ノ丸

 3連休の最終日、雪の時期には登ったことがない若狭の山を狙っていたが、天気が悪そう。西の方が若干天気の回復が早いと言うことで若狭から若桜に変更。氷ノ山だ。
 8時過ぎに、養父で待ち合わせたすうさんのクルマに乗せてもらって、若桜氷ノ山を目指す。今日は久しぶりの雪道。養父の辺りは雪が少なかったが、養父市大屋町にはいると再び雪道。宍粟市波賀町との境の県道若杉峠を越えてすぐの反対車線で10台以上の車が渋滞。峠まで100mを残して登れないクルマが道をふさいでいるのだ。何台かは峠を越えてすぐの若杉高原おおやスキー場へ行くクルマのようで、スキーやスノボを積んでいた。いらついた表情のドライバーを見ながら、慎重に通過。何せ先を急ぎたいクルマがこちらの車線に飛び出そうと迫っているのだ。
P1220578P1220580

 ばんしゅう戸倉スキー場の前を抜け、R29号線戸倉峠を越え鳥取県へ。なお戸倉峠と若桜氷ノ山への上り坂は、消雪のための流水で上れないクルマはいない。ただし走りにくい。
 わかさ氷ノ山スキー場のゲレンデから一番離れた無料駐車場にクルマを停めて、出発準備を整える。10時半にスキーパトロールに登山届を提出。3分ほど並んでリフト乗車。標高770m。リフト2本を乗り継いで標高1195mのゲレンデトップへ。
 雪は小降りで風は弱い。スキー場はゲレンデトップまでクリアな視界。やはり西から天気は回復しているようだ。でも、これまでの経験から言って、三ノ丸や氷ノ山山頂のガスは一日中とれないだろう。
P1220599P1220600P1220607


 板を背負ってつぼ足で樹林帯の急坂に取り付く。よく歩かれているルートなので根雪はしっかりと踏み固められているが、新雪が30~50cmくらい積もっている。本日のトレースはあるが、体重の重い私は何度も踏み抜いて苦戦。ブナ林手前の痩せ尾根にはいつも雪庇ができるが、雪庇伸したに雪が吹き溜まっていて、雪庇と気付きにくい。そのせいか今日のトレースは雪庇寄りについている。それ以上寄ると危ないぎりぎりのところだ。
 そこを越えたら板を付けてシール歩行開始。雪が深いので早めの切り替えだ。狭い急登を越えるとブナ林に入りシール歩行が快適となる。樹氷の中を行く。
P1220611P1220612

 樹氷の根本で単独のスノーシューの男性が休憩中。ブナ林の先端(すぐ先だが)まで行って、ホワイトアウトで引き返してきたとのこと。賢明な判断だ。
 氷ノ山は、標高の割に遭難の多い山と言われている。そしてその多くが道迷いで、それもこの三ノ丸周辺の広い雪原が多発地帯。場所と気象の条件がそろっている今日は、非常に危険度が高いのだ。冷静な判断が必要だ。
 ブナ林を抜けると、文字どおりのホワイトアウト。兵庫鳥取県境の主稜線を行く。GPSレシーバーと、かすかに見える鳥取県側の勾配の急な谷を目印に歩く。うっすらとスキーのトレースがあるが、何度も雪が降っているので何度も見失い、当てにはできない。
 頼りのGPSレシーバーは、2人で2台体制。予備電池も必携だ。何度もこの稜線で使っていて、感度は信頼できる。それでも時折すぐ先でも見えないような目隠しの霧。足下は風により雪に段差ができているが、直前まで気付かない。先行トレースは落ちたリスキートップを突っ込んだりしている。時折吹き溜まりで膝程度のラッセルとなる。
 東面の目標は三ノ丸の避難小屋。もし、小屋が見つけられないようなら、その先のルートファインディングは不可能と判断し、撤退することにする。
 が、どうにか小屋にたどり着いて中に入って休憩。
P1220620P1220633

 行動食を食べて再出発。三ノ丸のピークで普通ならシールを外すが、今日はそのままシール歩行。一歩一歩慎重に歩かないと危険だし、どうせ勾配もわからない濃霧だから滑っても楽しくない。
 スキーの先行トレースが、心なしかはっきりとしているようだ(実は、我々が小屋で休憩している最中に別のパーティが追い越していったことが後でわかる)。そのトレースとGPSレシーバーを見ながら、三ノ丸から山頂へ向けて主稜線を歩く。
 三ノ丸から数えて3つ目のピーク(ワサビ谷の頭)で、主稜線をはずれて支尾根(東尾根)方向へ少し行ってしまった。先行トレースも同じように進んで引き返していたが、我々はもう少し先まで進んでしまった。谷の樹林の様子とGPSレシーバーを見て軌道修正。危ないところだった。
 主稜線に戻るが、足下の段差を回避してもう一度方向を見失う。今度はすうさんが間違いを指摘してくれた。やはり、単独行でない方がかなり危険回避に有効だ。
 どうにかワサビ谷の滑降ポイントに到着。ワサビ谷がスキー場に戻れるコースだが、三ノ丸よりの谷や主稜線の反対側の谷を滑り降りてしまう遭難例がある。滝や岩場に行き当たったりスキー場に戻れなかったりする。GPSレシーバーに登録したポイントと地形や樹林の様子を見て、間違いないと判断。シールを剥がす。先行トレースも、ここを滑り降りている。
 滑降を開始すると、膝上から腰下の深雪。これは楽しい。すうさんは、テレマーク2シーズン目とは思えないテレマークターンを決めている。
Pict0001_001Pict0001_003Pict0001_004


 ただし、浮かれてばかりはいられない。道迷いの危険がなくなったら、次は雪崩の危険に注意しないといけない。気温が低く根雪は締まっているので、可能性は表層雪崩だろう。これまでの経験から、この谷の雪崩は法面からのものがほとんどなので、刺激しないようできるだけ沢芯付近を行く。大量の降雪の後の気温の高いときにはデブリも見られ、5年前には大きなブロックも見られたが、今日はそれは見えない。また、降雪直後に見られる点発生の小規模な表層雪崩も今日はなかった。
 さて、深雪の浮遊感を楽しみながら下る。転けたら雪が舞い上がる。息ができない。
Pict0001_002Pict0001_005Pict0001_006


 大分下ったところで、テレマーカーとスノーボーダーのカップルが休憩中。先行トレースの主。我々が小屋にいたときに追い越したそうだ。聞いてみるとやはりGPSレシーバーを持っているとのこと。
 ずっと深雪のままで最後の植林帯へ突入。その中も深雪で、スキー場のゲレンデをつなぐ連絡コースにでるまでずっとふわふわだった。最後はゲレンデ滑走。
Pict0002_001


 14時45分、パトロールに帰還報告をして全行程終了。遭難の危険と裏腹、緊張感のある山行きではあったが、深雪に関しては当たりだった。安全地帯まで戻って、楽しさがこみ上げてくる。バレンタインデーの前日は、ホワイトデーだった。

|

« 大江山連峰赤石ヶ岳と双峰で滑りと樹氷を堪能 | トップページ | 大江山連峰千丈ヶ嶽と鳩ヶ峰 »

コメント

 ありがとうございました。おかげであんなにパウダーをいただいたのは初めてでした。感激しました。山の標高が低めなので気温の上がらない日でしかパウダーにはならず、天気のいい日は無理なんでしょう。この日は、天気が悪かったもののその分雪がよかったのだと思います。
 歩いているときは頼ってばかりですいませんでした。次からはもう少し役に立つようにします。

投稿: すう | 2011/02/15 21:34

 お疲れさまでした。すうさんが一緒で、とても心強かったです。あんな日には、単独では行かないですね。本文にも書きましたが、遭難の多い山の遭難多発地点、その上気象条件と、遭難しやすい条件がそろっていましたから。
 雪に関しては、一概にはいえないですね。降雪から3~4日経っても大量の粉雪が残っていたこともあるし、その後同じような条件の日に訪れてみたら全然ダメだったこともあるし。でも、今回ほどずっとしたまで粉雪というのは初めてのことです。よほど条件がそろったんでしょう。
 楽しい条件と危険な条件がそろう日が一致してしまうところが、なんともスリリングですよね。

投稿: はいかい | 2011/02/16 20:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホワイト氷ノ山三ノ丸:

« 大江山連峰赤石ヶ岳と双峰で滑りと樹氷を堪能 | トップページ | 大江山連峰千丈ヶ嶽と鳩ヶ峰 »