« 大晦日に大雪警報 | トップページ | 2011/1/2おじろスキーレポート »

2011/01/01

謹賀新年そして祝大雪

 新年明けまして、加えて大晦日からの大雪警報が継続してまして、おめでとうございます。
 元旦の午前中、降雪は小康状態。昨日よりも気温は高く(実際最高気温は5度台で昨日より3度ほど高い)、昨日まで、そして夜の内に積もった雪はすっかりへたって大屋根から落ち、庇で砕けて家を揺らす。
 午後になって、雪が降り出す中、天橋立の丹後一の宮「籠神社」に初詣に出る。
 山間部の道は除雪のあとまたうっすら積もり始めた感じ。幹線道路ではないので、交通量は少なく順調に走る。しかし、岩滝から阿蘇海沿いの国道178号線は渋滞。昨日から除雪されていないようで道がでこぼこ。普段は3分で走れる道が、30分経っても神社に着かない。手前のドライブインにクルマを入れ、1kmほど雪道を歩いて神社へ。ここの駐車場も満車だ。駐車場は満車ながら、例年はごった返しているはずの参拝客はさほど多くない。アプローチにかかった時間から比べると、あっという間に参拝終了。鉛色の阿蘇海を見下ろしながらドライブインに引き返す。とんだシーサイドスノーハイクだ。道中の民家の庭の木の枝が、雪の重みで折れている。そういえば神社の雪囲いも、枝から落ちた雪に破壊されていた。今日の雪は湿って重い。
P1210154P1210158P1210163


 阿蘇海と天橋立の雪景色の見えるドライブインでコーヒーを飲む。観光バスが到着して団体客が押し寄せた。一人ずつお椀が回されている。阿蘇海のアサリ汁だろうか。雪景色に歓声を上げている。 ピークは越えたようで、帰路の渋滞は往路よりましだった。
 家に帰ったらもう日没。雪は再び小康状態。急速に暗くなっていく中、家の周りの除雪をする。雪が重くて疲れる。庭木の枝が折れている。積雪は昨日と同じ24cmくらい。へたる前の朝だったら30cmを越えていただろう。
 除雪をしていると、防災無線から立て続けに、丹後地方の大雪警報は解除、京丹後市内の国道の除雪のための通行止めの知らせ。あちこちで交通が麻痺しているようだ。
 本来は交通の途絶える明け方に除雪車が動くのだが、大晦日から元旦にかけて、帰省と初詣で交通が途絶えず、しかも既に雪が積もった道路にさらにどんどん積もっている状態。除雪車が入れないまま道路状況が悪化し、延々と渋滞が続いたのではないか。阿蘇海沿いの国道脇にはクルマのバンパーの破片のような物体がみられた。事故があったのかも知れない。そういったアクシデントも、渋滞の引き金、または追い打ちとなる。
 ということで、今日も雪を堪能した。本年も、こんな感じで行きます。

|

« 大晦日に大雪警報 | トップページ | 2011/1/2おじろスキーレポート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 謹賀新年そして祝大雪:

« 大晦日に大雪警報 | トップページ | 2011/1/2おじろスキーレポート »