« スキー板にホットワックスをかける | トップページ | 30年ぶりの冬 »

2011/01/10

碇高原で日本海を見ながら滑降

 さあ、三連休も最終日。雪が降ったり止んだりの天候だが、止み間は結構ある。昨日ホットワックスをかけた板を試したい。さあ、フィールドに繰り出そう。昼過ぎに家を出る。
 昨日の夕方からの雪は大したことはなかった。平野部では朝はうっすら新雪が積もっていたが、昼過ぎには路面が出た。山間部にはいるとさすがに軽く除雪が入っていた。それでも無雪期の所要時間とほぼ変わらずに碇高原に到着。雪の壁は、ところによってクルマより高い。除雪作業中ではないので、道路脇の除雪でできたスペースにクルマを停める。京都府営の碇高原総合牧場に勝手に入って遊ばせてもらうのだから、作業の妨害にならないように注意しないといけない。
12103841


 ステップソールの板を付けて歩き出す。雪が降りしきる。風はあるが、ここにしてはましな方だ。日本海の季節風がまともに当たるこの高原は、スキーが斜面を登って行くほどの強いときもある。新雪の層は薄く、その下の根雪はやや固まっている。ほとんどラッセルはない。スキーならば楽に歩ける。
 登りは牧場の作業道であるダブルトラック。クルマが走る道なので、ステップソールには快適な登り勾配。さすがに雪が滑走面に着くことはない。ホットワックスの効果だろう。しかし、新雪の下の根雪はすっかりクサレ雪だ。滑るには苦労しそうだ。一昨日の高温と、昨日の雨(湿雪)で一気に悪化したようだ。
P1210385P1210391P1210393


 滑降開始ポイントに着いたので、ヘルメットにカメラを装着。雪が降り続いているので、ゴーグルを装着。いきなり汗でゴーグルが曇る。ただでさえ雪で視界が悪いのに。雪面は見にくいし、悪雪のため、何度も転けながら滑降終了。
 さて、2本目は板を替えよう。やはりこのクサレ雪ではステップソールのハーフキャンバーにはきつい。シングルキャンバーの板に、シールを貼って登る。歩き出すと雪は止み視界が開けてきた。先ほどのドロップポイントを通り越し、もう一段上の笠山展望台まで登ろう。ラッセルがあるときは、短いピッチを何度も繰り返した方が楽だが、今日はラッセルがないし、シールの着脱の手間を考えると、一度の行程が長い方がいい。笠山展望台まで登って、やっと標高差100mを少し越える程度。
P1210398P1210415P1210429


 展望台からは360度の展望。海上の雪雲が荒々しい。足下の丹後松島の海岸は、白い波が西日を受けて輝いている。若狭湾方面は、鉛色の雲が覆い被さって、暗い雰囲気。積雪は結構あって、展望台のベンチがすっかり埋まっている。
P1210445P1210457P1210461


 さあ、シールを剥がして滑降開始。ヘルメットカメラもスイッチオン。
 やっぱりシングルキャンバーは違う。悪雪でもターンが切れる。ただし、テレマークターンはできていない。写真を撮りながら下る。1本目のドロップポイントまで下り、ステップソールの板で苦労した雪面へ。やっぱりこちらも大分楽にターンが切れる。先ほど落としたカメラのケースを拾い、日本海を見ながら楽しく下れた。
P1210462P1210466P1210472

 本日の動画は、滑降2本目の様子。

 丹後半島のミニバックカントリー、碇高原の笠山展望台からの滑降。ピークでシールを外し、写真を撮りながらの滑降。最後は板を外すまで。途中、1本目の滑降の時の落とし物を拾う。

|

« スキー板にホットワックスをかける | トップページ | 30年ぶりの冬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 碇高原で日本海を見ながら滑降:

« スキー板にホットワックスをかける | トップページ | 30年ぶりの冬 »