« 碇高原で日本海を見ながら滑降 | トップページ | 大雪警報再び »

2011/01/15

30年ぶりの冬

 1月13日、除雪車の音で目覚める。前夜からの新雪が15cm以上積もっていて、さらに降り続いている。
 根雪という言葉が使われなくなって久しいが、この冬はクリスマス寒波以来ずっと雪景色。周囲の田んぼに積もった雪が解ける前に次の雪が降る。こういう冬は、30年ぶりだ。
 このぐらいの積雪ならばクルマは出せるので、除雪は夜にすることにして出勤。
P1210576P1210580

 日中も雪は降り続き、丹後半島の平野部で朝から夕方までに積雪が10cm程度増加。例えば、大宮町口大野で8:30に36cmから16:30に46cm。日中にこんなに積雪深が増すのは珍しい。
 昼過ぎに京丹後市の峰山から宮津市へ移動。雪が降りしきりのろのろ運転。渋滞の幹線道路は避けたのだが、普段なら30分だが、この日は50分ほどかかった。ただし、宮津市の辺りの雪は大したことなく、ほとんどは京丹後市内での時間ロスだった。
P1210581P1210586

 夜に帰宅して除雪。家の前の積雪深を計ってみると27cmだった。
 翌14日は、朝から宮津に出勤する日。7時頃に家を出発すれば、宮津市の通勤渋滞の始まる前に到着できるのだが。前夜からは新たな降雪は少なかったものの、それでも雪道をゆっくり走るクルマがいて、混雑が始まりかけた時間になってしまった。お陰で、宮津市内到着は50分ほどかかって8時前。
P1210589P1210591

2011/1/14、京丹後市の自宅から宮津への通勤風景。「どんど焼き」が行われる集落を出発し、峠を越えて、天橋立の内海「阿蘇海」沿いを岩滝まで。山間部では、除雪でできた雪の壁はクルマの高さほど。峠を越えると、季節風は下降気流となるため雪が少なく、アスファルト

|

« 碇高原で日本海を見ながら滑降 | トップページ | 大雪警報再び »

コメント

年末からそちらはすごい雪ですね
僕のところと年末から同じぐらいの雪量が続いてるみたいです
例年は 越前よりかなり少ない積雪だったと思います。がまだまだ大寒すぎるまではつもりそうですね
近くの山のツアーが楽しめそうですね

20年くらい前は寒のころは1mくらいは積もっていて3月の中頃までは雪が解けませんでした

僕はその板はうろこの抵抗があまりにもすごく滑らないので削ってしまいました
今シーズンは一度もテレしてません

投稿: ゆう | 2011/01/16 23:02

 ステップソールの抵抗は、さほど気になりません。シングルキャンバーの「XCD Guide」でも一度滑ってみたいです。

投稿: はいかい | 2011/01/17 19:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 30年ぶりの冬:

« 碇高原で日本海を見ながら滑降 | トップページ | 大雪警報再び »