« 丹波市市島町の山城「日内城」跡 | トップページ | ホワイトクリスマス »

2010/12/26

山城を下りて丹波の里をポタリング

 …前の記事からの続き…
 さあ、すっかり天気がよくなった。冬晴れだ。ここまで南下してきてよかった。こうなるともうひと遊びしたい。クルマの中でツーリングマップルを睨む。そして東にクルマを走らせる。
 戸平峠を越えて国道9号線に出て、さらに東へ。京都府福知山市美和町から、京丹波町の旧瑞穂町の水原で府道711に右折。明俊小学校を過ぎたところの道路脇のスペースにクルマを止めて、自転車を降ろす。京車に積んでいるのは700Cタイヤのクロスバイク。日没までの1時間弱、小さな峠を含む10kmあまりを周回するのだ。
 まずは、国道9号線へ。先ほどクルマで通ったコースを逆戻り。すでに日は傾いている。クルマがビュンビュン飛ばしている一桁国道を先に済ませるのだ。上大久保では国道を避けて集落の中の道を行く。石垣や庭の手入れが行き届いた立派な家が並んでいる。丹波地方にはこういう集落が多い。豊かな土地だったのだろう。
 「どちらさんですか!」突然道路脇に佇むおばあさんに強めの口調で聞かれた。「通りすがりの者です。」とっさに答えたら、「ああ、見かけない人だったから」。世知辛い世の中になっているということだろうか。
P1200758P1200760P1200762


 下大久保の集落の中に入り、三郡(みくに)峠へ向けて南下。クルマの多い国道を離れて一安心。1.5車線の道は濡れていて泥よけ付きのランドナーでこなかったことを後悔。
P1200770P1200772P1200774


 集落から山間部へ入り、標高差100mに満たない三郡峠を超えて兵庫県篠山市に入り草山温泉へ。集落には野菜の無料販売もあり、のどか。
P1200779P1200785P1200787


 県道711号線で旧瑞穂町の明俊小学校へと戻る。この寒い時期、いよいよ薄暗くなった集落から山間部へと入るのはとてもさびしい。府県境の峠は、やはり標高差100m未満。峠には、犬を散歩させる少女。峠付近まで田園があり、すぐ近くに民家も点在していた。茶畑も見られる。家々には明かりがともり、中にはイルミネーションも点滅させた家もある。
 さあ、寒いし暗いし急ごう。下りを飛ばして一気にクルマに戻る。

|

« 丹波市市島町の山城「日内城」跡 | トップページ | ホワイトクリスマス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山城を下りて丹波の里をポタリング:

« 丹波市市島町の山城「日内城」跡 | トップページ | ホワイトクリスマス »