« シーズン末期に禁断のグレードアップ | トップページ | 大阪へ買い物に »

2010/12/26

東舞鶴の山城「溝尻城」跡

 12月5日、西舞鶴で仕事が終わったのが15時をだいぶ過ぎてから。日没までのわずかな時間で何かやれそう。クルマで東舞鶴へ移動。国道27号線から府道28号線に乗り換えて、舞鶴若狭自動車道の舞鶴東I.C.に隣接した道奥集落へ。樹徳寺の駐車場にクルマを入れて、道奥の集落を歩く。すでに16時を過ぎているので、集落の散策は後回し。
 樹徳寺の脇の道を入る。集落の裏山と言った雰囲気だがかつての山城「溝尻城」跡である。竹藪を抜け紅葉の残る樹木の間の道を登ること20分強、祠のある山頂部に到着。標高は200m。四等三角点「宮谷山」が置かれている。山頂部の展望はよくない。木々に合間に舞鶴湾がどうにか確認できる。また、登山道の途中から東舞鶴の市街地や青葉山をブッシュの合間に見ることができた。
P1200631P1200632P1200635


 さあ、日没だ。正面に舞鶴東I.C.を見ながら急いで下山。すでに夕日は山の端に姿を消し、残照の中堂奥集落に降り立つ。寺の裏手の趣ある建物は、武家屋敷跡らしい。その他の家もすべて和風建築で、畑もあるのどかな雰囲気。煙突から煙を上げている家がある。薪で風呂を焚いているようだ。野菜の無人販売もある。電柱から猿が降りてきて、田んぼの脇にたたずんでいる。私が近づくと用水路の暗渠に姿を隠した。
 太く大きい石灯籠が立つ広い庭園を持つ家の大きな窓の向こうで、大きな映像が踊っている。何とも大きなテレビの画面だ。
 集落はずれの駐車場に戻り、城跡を眺めてからクルマを出す。
P1200657P1200653P1200678


|

« シーズン末期に禁断のグレードアップ | トップページ | 大阪へ買い物に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東舞鶴の山城「溝尻城」跡:

« シーズン末期に禁断のグレードアップ | トップページ | 大阪へ買い物に »