« 晩秋木津川三上山 | トップページ | 浮き島現象 »

2010/11/19

南山城ツーリングの翌日はサイクルモード大阪

 11月14日は、サイクルモード大阪へ。
 一つ前の話題からの続きである。前夜遅く青波ごん太君の家を後にし、宇治の天ヶ瀬ダムの近くで車中泊。最近手に入れたばかりの冬用のシュラフのおかげで暖かく過ごせた。冷え込みもさほどきつくなかったしね。天ヶ瀬ダムの朝は、紅葉の鮮やかな宇治川沿いの散歩、ジョギング、自転車と賑やか。
P1200081P1200085P1200089


 桂川、宇治川、木津川が合流して淀川となる御幸橋を目指し東から西への移動。途中コンビニで弁当を買って朝食。淀川河川公園背割堤の駐車場に9時の開門直後に入る予定が、行動開始は遅いし入り口で迷うし結局9時半を過ぎてしまった。 ここは昨日走った桂川木津川サイクリングロードの途中なので、自転車が多い。ここにクルマを止めたり、集合したりしてサイクリングロードを走る人も多い。
 私は今日は自転車に乗らず、御幸橋を歩いて渡って京阪八幡市駅。石清水八幡宮の門前駅だ。電車に乗って大阪へ。北浜で地下鉄、そしてニュートラムに乗り換えて大阪南港「トレードセンター前駅」へ。
 ATC(アジア太平洋トレードセンター)という大型ショッピングモールで昼食。そして、サイクルモード会場のインテックス大阪へ。
 サイクルモードは大変な人混み。最近ツーリングをテーマにした自転車のムックで見かける絹代という女性がいる。さらにいくつかのブースにはサイドバックを装着した旅仕様の自転車の展示が見られ、中には泥よけの付いた伝統的なスタイルの自転車もあった。サイクルモードは2度目だが、前回の2年前には見られなかった傾向だ。
P1200097P1200098P1200128


 かつての冬季オリンピック出場選手、ノルディック複合の萩原(例の双子だがどうやら次男らしい)とスピードスケートショートトラックの勅使河原のトークショーを見物して、会場を後にする。前回は試乗もしたのだが、今回は人が多くて試乗待ちの行列がずらり。並ぶ気にならない。
 ATCに再び戻り、最後の恐竜展の入り口へ。入ろうかどうか迷ったが、人混みに疲れたので引き返す。ATCの港の見える中庭風(?)テラスには、コスプレの女性たちが寝そべったりポーズを決めて写真を撮りあったりしている。
P1200145P1200143P1200152


 後は往路を引き返して八幡市駅へ。背割堤付近は相変わらず自転車が多い。
 去年の南山城ツーリングの後も、こうして八幡市から京阪電車に乗って大阪を訪れ、あのときは折り畳み小径車の専門店を訪れた。そして、直後に注文したのだった。都会の街路樹の紅葉もきれいだし。田舎者にとって、こうして電車に乗って味わう都会もいいものである。たまには。

|

« 晩秋木津川三上山 | トップページ | 浮き島現象 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南山城ツーリングの翌日はサイクルモード大阪:

« 晩秋木津川三上山 | トップページ | 浮き島現象 »