« 大島半島大山ダブルトラック | トップページ | 落葉 »

2010/11/27

初冬の久美浜湾一周

 11月最後の土日は、両日とも休み。嬉しいなぁ。日曜は冷たい雨が降る予報なので、晴天の土曜日に走っておこう。
 それにあわせたように注文していたペダルが届いた。金曜の仕事帰りに自転車店「BULLDOG」で受け取る。折り畳み小径車に付け替えるのだ。もともとは折り畳み式のペダルが付いているのだが、スポーツサイクルようでなく表面が平らで靴底が滑る。この小径車はサドルとペダルの位置関係が私の所有するほか野路転写と違って、やや後ろよりにペダルが付いている。代って、ペダルの中央のシャフトの上に母子球を乗せてペダルを回していても、気づくと土踏まずでペダルを踏んでいる。そこでもう少し靴底に引っかかるものに替えた。そのタイプで折り畳みはないが、道具なしで取り外しできるものを選んだ。自転車はスーパーカブに積みっぱなしなので、現地で交換しよう。
 スーパーカブで西へ。久美浜町に入ったらたんたんトンネルを超えて兵庫県豊岡市但東町へ。図書館に本を返しに行く。図書館のある庁舎の前ではイベントの準備中。
P1200492P1200494

 京都府京丹後市に戻り、久美浜の丹後神野駅にスーパーカブを止めて自転車をおろす。日が低い。到着した列車から降りてきた観光客が民宿のワゴンに乗り込んでいく。
P1200500P1200505P1200507


 早速ペダルを交換し、久美浜湾一周へスタート。海を左に見ながら反時計回りに走る。
 小天橋と呼ばれる半島が外海と湾を塞いで、ほとんど湖のような感じ。行楽のクルマが多いのでできるだけ本線を避けて海べりの遊歩道や家並みの狭い道を選ぶ。日陰では息が白い。
P1200511P1200513P1200517


 入り江ので入り口の狭い水道を橋で超えて、湾の西側へ。牡蠣の養殖場やゴルフ場を見ながらアップダウンを超えて、久美浜の中心街へ。海が近い集落の内部には入らず海沿いの散歩道を行く。
P1200522P1200525

 湾の東側に抜け、兜山の裾のアップダウンへ。標高差50mにも満たないヒルクライムが終わる頃、後輪に違和感。パンクだ。
 さあ、どうしよう。2kmくらいでもうゴールなので、歩いて神野駅に戻り、家に帰ってからパンクを修理するという選択しもある。が、やっぱりその場でチューブ交換することにする。なんと行ってもこれから下りになるのだから。
 たまにクルマの通る狭くて見通しの悪い道で作業をするわけにいかず、少し押して公園に行き、東屋の椅子に腰掛けて作業を開始。母親に連れられた2人の用事が遊具で遊んでいる。後輪を外すのにとまどう。変速機が特殊なのだ。シャフトを抜いて何とかホイールを外し、チューブを抜く。パンクの原因は…。どうやらリム打ちらしく、リム側に穴があった。
 母親と幼児達が軽自動車に乗って帰っていく。急がないと暗くなる。新しいチューブに交換しホイールを組み付けて空気を入れる。小径車で初めてのチューブ交換は25分もかかってしまった。残りが本当に2kmだったら、もう到着している時間だ。シャフトに付いているとんがりコーンのような形をしたバネを落として、それを探すのにずいぶん時間がかかった。ホイールの外し方もわかったし、今後は10分くらい短縮できるだろう。
P1200531P1200541P1200544


 残照の中を再スタート。すっかり体が冷えてしまった。一気に下って、後は海沿いの細道を行く。マジックアワーといわれる薄暮の美しい海を見ながら、クルマの通らない海辺の散歩道を行く。いいねぇ。
 神野駅に戻ったらすっかり暗くなっていた。実際にはパンク地点から3km以上あったので、チューブ交換して正解。その3kmは、下りと平坦だったので体はあまり温まらなかった。スーパーカブでの帰り道は、寒い寒い。

|

« 大島半島大山ダブルトラック | トップページ | 落葉 »

コメント

はいかいさんこんばんわ
残暑の厳しさと大山や氷ノ山の冠雪の早さには相関関係はなるほどと思いました。

奥越のほうは2,30年前は11月でもかなりの積雪で根雪になっていたようです

かもしかは近所でもよく出会います 普通に会えます 5年以上前はとても珍しかったんですが・・ 

半島は自転車に向いてますね 車も少ないし 地名は分かりませんが丹後方面はいいところがありますね
冬型の暗い天気の時は京都方面も近いしそちらに向かえば天気も良いですしね  

若狭は越前の人はほとんど方は行かないことが多く 逆も多いと思います。、丹後の方のほうが詳しいかもしれませんね  


投稿: ゆう | 2010/11/28 19:48

 ゆうさん毎度どうもです。冒頭とパンクの後の部分を少し加筆修正しています。
 さて、若狭は京都から一番近い海であり、そして福井県が独立する前には、若狭および越前の敦賀の大部分(つまりは嶺南のほぼすべて)が滋賀県だった歴史もあり、関西からのつながりが強いと思います。前の記事の内外海半島ツーリングの帰りに列をなしていたクルマの多くは京阪神から来ているようでした。
 奥越にも自転車にいいコースがたくさんありそうですね。そして雪遊びの場所には事欠かないですし、うらやましいです。
 あと、クルマの多い都会も自転車に向いていますよ。道路の選択肢が多くて、さらに自由度が高いですからね自転車は(実際都市部の方が自転車の保有率が高いですしね)。2週間前の、20年来の仲間との走り、自転車乗りがたくさんいた木津川サイクリングロード、そしてサイクルモード大阪のあと、自転車がマイブームです。元々ずっとブームなのに、さらに輪をかけてという感じです。

投稿: はいかい | 2010/11/29 20:24

はいかいさん
日本海側には珍しく 今日と明日はぽかぽか陽気ですね

近くても今シーズンはまともにスキーできそうにないので ネットで丹後~スキーのレポートなど拝見させてください

バイクのカブはいいですね
軽トラに積んで 春の白山のアプローチに使えます そんなお誘いが前からあるのですが今シーズンもいけそうにないです

若狭はほんとに関西圏ですね
若狭あたりの山や沢 自然好きです 敦賀近辺しかしらないですけど 
高島トレイル方面の山もいいですよね

投稿: ゆう | 2010/12/01 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初冬の久美浜湾一周:

« 大島半島大山ダブルトラック | トップページ | 落葉 »