« やっと秋になった | トップページ | イノシシがいっぱい »

2010/09/25

国道最高地点について

 渋峠を自転車で訪れたのは、実は先日が2度目である。初めて訪れたのは、21年前、大学3年の夏のことだった。ランドナー「ユーラシア・ツーリング」を買って4ヶ月、夏休みに入って帰省ツーリングに続く2度目の泊まりがけツーリングで信州を訪れたのだ。しかし、当時はまだツーリング初心者のため、登りがさっぱりだめ。信州ツーリングでは、ビーナスラインの長い登りと、その後の雨に打ちのめされ、志賀高原ではバス輪行で渋峠まで登って、ダウンヒルだけ自転車で楽しんだ。でも実質は、勝負を避けてしまったわけである。
 それが1989年のこと。当時、渋峠は志賀草津道路という有料道路の中にあり、国道最高地点はR299で八ヶ岳連峰を横断する麦草峠と言われていた。ネットで見つけた当時の看板である(少し前に見つけたもので提供元がわからなくなってしまった。持ち主の方、無断使用ごめんなさい)。
R299_15P1050655_2


 現在の国道最高地点は、渋峠(の近く)であり、麦草峠は国道で2位である(上の右の写真が現在の看板だが、「最高地点」という表現がかつての名残を感じさせる)。これは、1992年に志賀草津道路が無料化されて以降のことのようだ。
 しかし、無料化以前から志賀草津道路はR292であった。ネット上には、「無料化により国道となった」という記述が見られるが18年前のことなので、あまり正確に理解されていないようだ。
 当時の写真を掲載する。残念ながら国道番号が切れているが国道を表す標識であることは明らかである。また、有料道路であることも国道であることも1枚の中に示しているのが右。こちらから拝借している(http://www2s.biglobe.ne.jp/~fufufu/haica/)。さらには、1988年発行の昭文社ツーリングマップ(…マップルではなく、それ以前のもの)にも、有料道路の青色表示に国道番号が入っている。
P1190269_3Sigakusatu_3P1190271_4

 基本的に3桁の番号の国道は、国の補助金を受けて都道府県や政令指定都市が管理者となるのだが、有料道路時代の志賀草津道路区間は当時の日本道路公団が管理者であった。渋峠も国道ではあったが、別格扱いだった、と解釈すればいいのだろうか。はっきりしたことはわからない。
 実は、1989年当時から「なぜ渋峠も国道なのに麦草峠の方が国道最高地点なのか」という疑問を持っていた。
 とはいえ、1年前の麦草峠に続いて、今年渋峠、また一昨年には自動車道最高地点の畳平にも自転車で訪れいる。特に今年の夏の北海道では、自転車でも走ったもののどちらかというとスーパーカブの比重が高く自転車から遠ざかり気味だったので、今回存分に自転車に乗れたことも満足である。

|

« やっと秋になった | トップページ | イノシシがいっぱい »

コメント

 信州遠征お疲れ様でした。サクッと信州まで行ってしまう行動力に脱帽です。
 国道最高地であった麦草峠には大学生の時にバイクツーリングでいったことがあります。でも国道最高地だったとは今知りました。
 渋峠にはスキーで行きたいな。
 

投稿: すう | 2010/09/26 11:57

 行動力については、自分のことを棚に上げて何をおっしゃいますやら、という感じですね。当方では、すうさんのまねなどできません。要するに力の出し方、あるいは出す方向が違うだけなんでしょう。
 今回は、すうさんからいただいたVigoreで初めて、日帰り圏内を飛び出してのツーリングでした。授かってから3年、毎年パーツ変更やオーバーホールを重ねて、現在いい仕上がりとなっています。今年の丹後半島一周もそのVigoreでしたし、今一番よく使っている一台です。パスハンターとしてギア比もブレーキも以前に変えてあるので、今回の峠越えの連続には最適でした。つくづくいい自転車だと感じています。
 また、今回の旅先で出会った何人かの古いサイクリストたちがランドナーを懐かしんでくれました。絶滅危惧種ではあっても、まだ今はそういう人たちに出会えることを実感しました。

投稿: はいかい | 2010/09/27 21:15

 自転車をはいかいさんにもらってもらってよかったです。さぞ、自転車も喜んでいるでしょう。だって、20年近くになる自転車ですからね。バイクや車とは違い、パーツを組み替えることによってどんどん生まれ変わっていく感じでしょうか。
 これからも使ってやってください。ありがとうございます。

投稿: すう | 2010/09/28 05:38

 オートバイやクルマとの大きな違いは、自分の体格や体力に合っているかどうかの差がよりシビアに現れるということです。
 すうさんからVigoreランドナーがこちらの元にやってきたときは、とにかくハンドルをどうにかしないと乗れない状態だったので、乗るよりもパーツ交換からスタートしました。それを機にどんどん変更を重ねていきました。もうすっかり私の体に合わせて変更したので、すうさんにはしっくりこないかも知れません。もう一台のH氏からもらったVigoreランドナーは、オーバーホールとキャリアの装着(サイドバッグが4つ積めるように)以外は変更していません。双子のVigoreですが、育ちはずいぶん違っています。

投稿: はいかい | 2010/09/28 18:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国道最高地点について:

« やっと秋になった | トップページ | イノシシがいっぱい »