« 復活した板でリベンジ扇ノ山 | トップページ | バイクにバイクを積む(その3:とりあえず完成) »

2010/05/06

バイクにバイクを積む(その2)

 舞鶴、豊岡で真夏日となった5月5日、先日の信州遠征(報告は近日中に)で使用したテントや寝袋を干しながらスーパーカブに折り畳み自転車を積むキャリアを制作。

 横長の形に積むと車幅、つまりハンドル幅を超えてしまうので縦長に。しかし縦長では自立しない。何か支えが必要だ。さてどうしたものか。
 昭和の日に扇ノ山で見かけたハイカーは、背負子に荷物を付けた手製のフレームザックを背負っていた。何となくイメージがわいたので、その帰り道にホームセンターによる。スチール棚があった。さらにイメージが現実的となる。しかし、求めるサイズと若干違うのでその場では買わない。
 翌30日、職場の帰りにまた別のホームセンターに寄れば、あったあった。棚としてセットではなく、バラバラの素材が売られている。とりあえず必要だと思う分だけ丼勘定で買って帰る。そして組みあがったのが写真のもの。
 そして、信州遠征などの間、しばらく寝かせてあったものをとうとうキャリアに装着。ややぐらつきがあるのが課題。
P1160614P1160612P1160966

 とりあえず自転車を載せてお出かけ。いつもお世話になっている自転車店「BULLDOG」へ。ぐらつきを押さえるアドバイスをもらう。
 せっかくなのでその足で天橋立へ。路面のぐらつきを背中で押さえながら。さらに大内峠を越えながら、もう少し位置を後ろに動かした方が良さそうなことに気づく。下りでは体重を後ろよりにし、後輪のブレーキを有効に使いたい。
 阿蘇海のほとりにスーパーカブを止めて自転車をおろす。夕暮れが迫り一周はせず橋立をピストン。おそらく日中は大にぎわいだっただろう松並木の砂嘴も、今は人が疎らで走りやすい。
 さあこれで90パーセントだ。次のその3で完成の予定。
P1160974P1160975P1160985

|

« 復活した板でリベンジ扇ノ山 | トップページ | バイクにバイクを積む(その3:とりあえず完成) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バイクにバイクを積む(その2):

» D.I.Yについて [D.I.Yについて ]
D.I.Yについて [続きを読む]

受信: 2010/05/06 21:04

« 復活した板でリベンジ扇ノ山 | トップページ | バイクにバイクを積む(その3:とりあえず完成) »