« 日曜は舞鶴ツーリング | トップページ | 快晴の信州遠征「木曽御嶽山」テレマークスキー »

2010/05/15

快晴の信州遠征小谷「雨飾山」テレマークスキー

 5連休初日の5月1日は、比較的のんびり過ごす。そして夜に行動開始。23時スタート。さすがに大型連休、深夜でもクルマは流れている。でも大型車はほとんどいないのはずいぶんと楽である。
 丹後半島から、舞鶴を超え、若狭湾沿いを東に走り、敦賀で北陸自動車道。上限1000円の休日特別割引も期限が迫り追い込み利用者もいるんだろう。何となく休憩を頻繁にとったのでペースは遅め。富山県内小矢部川S.A.で仮眠。30分後で目覚めると、あたりは明るい。糸魚川で高速を降りる頃には周囲の緑が鮮やかにかかがいている。去年と違って、今年は全く空模様の心配が必要のない連休である。
 新潟から長野へ南下、小谷村でコンビニによってから小谷温泉へ。周囲の山が白い。山田旅館をすぎ、雨飾山キャンプ場の駐車場が近づくと、道路の両側には1mを越える除雪の壁。去年より雪が多いようだ。
 キャンプ場の下の駐車場にはすでに15台ほどのクルマが止まっている。出発する登山者の周りで子供たちが雪遊びをしている。
 だらだらと準備を整え、8時半頃に出発。まずは大海川沿いをシールを着けたスキーをはいて歩く。平坦なのでシールがいらないくらいだ。どこから山にとりつくのだろう。ガイドブックで調べてきた尾根は雪が解けていて無理だった。足下にあるスキーのトレースについてどんどん進むと雪のついた斜面があったが、どうもそのトレースは下ってきたもの。登りトレースはない。引き返すと人がとりついている斜面があった。よく見ると木の幹に矢印がかいてあった。
P1160628P1160631

 スキー板をザックに付けて斜面にとりつく。いきなりの急登、息が弾む。しばらくすると、私より先に駐車場を出発した男女がやせ尾根をもう降りてくる。聞けば去年痛めた腰の調子が悪いので撤退とのこと。
 相変わらずペースは遅い。どんどん追い越される。スキーヤーは少なく、つぼ足の登山者が多い。広い林間の斜面を登り、さらにいくとオープンバーンにでる。広大なゲレンデ。滑りが気持ちよさそうだ。
 そのオープンバーンを足跡につられてトラバースしていったが、スキーで滑降できるP2からそれていく。思い直して軌道修正。スキーヤーはオープンバーンには出ないで南西の林間を直としているようだ。
 しばらくいくと上方のルンゼからオープンバーンに滑り込んでくるスキーヤー。だいぶ前に私を追い越していったテレマーク1(男性),山スキー2(男女)のパーティだ。気持ちよさそうに滑り、動画を撮っている。
 相変わらずの牛歩戦術でP2を目指す。気温は上昇。雪がゆるんで足が深く沈む。アウターウェアもスパッツも着けていないのでブーツに雪が入る。表面の緩んだ雪は、2日前に積もった新雪のようだ。山頂直下の林間との境目、木の下で休憩。行動食をとる。
P1160647P1160650P1160678

 14時前、ようやくP2に到着。誰もいない。黒々とした岩の塊、雨飾山最高峰のP1が恐ろしい雰囲気で迫る。その反対側は大きく展望が開け、頸城の山々が一面に見渡せる。素晴らしい眺めだ。朝のうちは頂を雲に隠していた妙高山もようやく全貌を表した。すぐ近くには丁度1年前に登った大渚山。去年のGWは天候が悪く、大渚山と雨飾山の二つを狙ったのだが、結局ひとつしかかなわなかった。この快晴でそのリベンジを果たした。
 さあ、シールを剥がして滑降準備。結局、大海川沿いは平坦だったし、その後はずっと板を背負っていたので、シールはなくても良かった。最後にP1を見上げると、人影が見えた。
 やや急な斜面もある山頂直下を過ぎると、広大なオープンバーンだ。日差しが強く、雪はややクサレ気味。しかし広いゲレンデを独占し、気持ちよくシュプールを刻む。
P1160685P1160698P1160701


 登りで費やした時間が嘘のように、下りは速い。林間にはいると、だんだんブッシュとやせ尾根で滑りにくくなる。先行シュプールにつられて滑りやすい斜面へと移動。どうも、登りの時に川沿いから確認した斜面よりも早くから北に行きすぎている気がする。川沿いまで後少しと言うところで、とうとう雪が切れ切れになってしまった。雪のない急斜面を藪にしがみつきながら下る。そして何とか川沿いへと降り立つ。
P1160703P1160709P1160712


 後は平坦。シールがない方が軽快だ。水芭蕉の川原を過ぎキャンプ場へは斜登行で登り返す。15時半、クルマに戻る。ブーツの中は大洪水だった。
 駐車場から、三脚を構えているカメラマンが多数。何を撮っているのだろう。
P1160717P1160745P1160755


 さあ、大移動開始。北アルプスに沿って南下する。その前に温泉。1年前には雨のため独り占めだった露天風呂は、どうも人が多いようでパス。国道に出て「サンテイン小谷」という日帰り入浴施設へ。汗に濡れた服を脱ぎ湯に浸かると気持ちいい。
 その後、白馬では後立山連峰が圧巻。しかし、道路は混雑。大町を抜け、安曇野で夕食。あらかじめ調べていた「テンホウ」でソースカツ丼とミニラーメンのセット。国道から広域農道にレーンチェンジし、大型ショッピングセンターで買いだし。エリア内には電気屋があるのでネットに接続し、明日狙っている山や気象情報をチェック。また、ガソリンスタンドも敷地内にある。
 この後合流予定のすうさんに連絡を取ると、渋滞で到着が遅れるようだ。
 その後、何度か連絡を取りながら塩尻から木曽路へ。大量の鯉のぼりに見下ろされる道の駅「三岳」で、すうさん、修行僧さんと合流。2台で田ノ原へ。さすがに徹夜明けで眠く、ぐねぐね道の運転は怖かった。
 10台以上の車が停まる駐車場に着いたらすぐに寝る支度。すうさんたちはクルマで、私はテントを張って。標高2200mの夜は寒い。シュラフを2重にして寝た。空は満天の星だった。

|

« 日曜は舞鶴ツーリング | トップページ | 快晴の信州遠征「木曽御嶽山」テレマークスキー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 快晴の信州遠征小谷「雨飾山」テレマークスキー:

« 日曜は舞鶴ツーリング | トップページ | 快晴の信州遠征「木曽御嶽山」テレマークスキー »