« 快晴の信州遠征「木曽御嶽山」テレマークスキー | トップページ | 薫風の丹後半島一周2010 »

2010/05/15

快晴の信州遠征木曽路「鳥居峠」MTB

 これから帰路に就く前に温泉にはいるというすうさんたちと別れ、私は奈良井へ。混雑を避け夜に帰るため、もうひと遊びするのだ。奈良井の道の駅にクルマを止めようと思っていたが、道路にまであふれ出す満車。少し手前に、道路脇の一時駐車スペースがあったのでそこに止める。そして、クルマから自転車を降ろす。今日はブロックタイヤのMTBで鳥居峠を目指す。ここは旧中山道のシングルトラックと、明治時代の旧道のダブルトラックが峠で交差している。奈良井宿からダブルトラックで峠へ登り、薮原宿方面にはシングルトラックを下り、登り返しはダブルトラック、そして峠からシングルで奈良井へ下るという8の字走行を狙っている。その前に奈良井宿の町並みを散策。さすがに観光客がいっぱいで大変走りにくい(写真は人の少ないところで撮っている)。
P1160856P1160857P1160859

 町並みを端っこまで走り奈良井駅前から急坂を上って明治の旧道ダブルトラックへ。登り標高差は200mあまりだが、曲がりくねってなかなか峠が近づかない。少し下から国道を走るクルマの轟音が聞こえる。木々に切れ間から時折奈良井宿がのぞく。標高差をほぼ登り切ったところで、左前方に白い雪をいただいた山が見えた。御嶽か、と思ったが木曽駒ヶ岳だった。写真を撮っていると、関東ナンバーのクルマが止まり、山を眺めながら話しかけてきた。「自転車で来るなんてすごいですね」と言われ、「昼頃にはあの白い山よりももっと高いところにいたんですよ」と言いそうになって、かろうじて飲み込む。
P1160862P1160871P1160875


 山肌に沿って曲がりくねった道をしばらく走ってようやく峠が見えてきた。徐々に日が傾いてきた。ここは我が丹後半島よりもずいぶん東で、日没時刻は11分の時差がある。暗くなってからのシングルトラックの下りはいやだなぁ。とすっかり薮原方面に下る気は失せていた。
 江戸時代の中山道シングルトラックは遊歩道として整備されていて、峠の前後の景色を眺めたり写真を撮ったりしている間に2人組が2組通り過ぎていった。
P1160889P1160902P1160917


 結局薮原方面には下らないで、奈良井方面にシングルトラックで戻る。出だしこそ急勾配のヘアピンカーブが続いたが、そのうち勾配も落ち着き走りやすくなる。沢を渡るところには木製の橋もか架かっていて、完璧に整備されている。途中電線に気が倒れかかって電柱ごとなぎ倒していた。自然の力は偉大なり、という感じがする。
 シングルトラックは最後は石畳となって車道に降り立った。奈良井宿までの標高差はまだ50m余り残っている。後は車道で下るのか、と思いきや、すぐまたシングルトラックが分岐していた。そのシングルは短くすぐに車道。そして奈良井宿の町並みへ。18時前になり、店のほとんどは閉まっているがかろうじて開いている煎餅屋には入りおみやげの煎餅を買う。
P1160938P1160945P1160950


 そして、観光客のいない奈良井宿の町並みを散策。夕暮れが迫り、提灯や行灯に灯がともっていい雰囲気。少し人気のある界隈にきたと思ったら、民宿が並んでいた。伝統的な旅籠のたたずまいの宿の前に大きなオートバイが並んでいる。駅まで行ったらまた町並みを戻ってさらに宿場を離れクルマを止めた国道脇へ。
 自転車を積んで、夜の帳が降りた木曽路を南下。途中の店で「ソースカツ丼」を食べるが、カツが冷たくいまいち。中津川で順調に走り、スーパーマーケットで軽く買い出しをしてから中央自動車道に乗る。21時を過ぎているが、「恵那~瑞浪渋滞10km」との電光掲示。恵那峡S.A.に入る。ここは無線LANのFREESPOTなので、パソコンを持ってクルマを降りる。駐車場も9割の入り。人で賑わって座る場所がないので、たったままでインターネット接続。渋滞情報、気象情報、知人の掲示板などを巡回して小一時間を過ごす。その間、渋滞の電光掲示を見てなのか、次々とクルマが入ってくる。
 22時を過ぎて再び本線に戻ると、「渋滞4km」。しかし実際には走行車線でも70km/hで流れていたので、渋滞ではなく混雑であった。その後は順調に名神、北陸道とつないで木之本へ。どこだったか忘れたが愛知県か岐阜県内のとあるS.A.では派手な装飾を施したクルマが大量に停まっていた。
 木之本で高速を降りたら、眠くて仕方ない。国道脇のパーキングスペースでシートを倒して寝る。目覚めたら1時間経っていた。後は、ノンストップでのんびり行く。丹後の自宅に帰ったら4時だった。

 後日、鳥居峠について調べたら、薮原方面は下り標高差100mほどでシングルトラックとダブルトラックに合流していた。しかもシングルトラックの途中には御嶽が望めるところもあった。行っときゃ良かった。もう後の祭り。下調べ不足だった。まあ、スキー登山がメインだったから仕方ないとしよう。

|

« 快晴の信州遠征「木曽御嶽山」テレマークスキー | トップページ | 薫風の丹後半島一周2010 »

コメント

山の後に、中山道散策とは趣がありますね。行動力がある。鳥居峠は地図上で小さいときから知っていただけにちょっと行ってみたかったです。
ボク達は、そこの渋滞が25kmだったのです。いったんは国道で行こうとしましたが、国道も渋滞。それで、中津川インターまで戻って、25km渋滞の高速に突入しました。しんどかったです。長旅お疲れ様でした。

投稿: すう | 2010/05/15 19:00

 出発直前に思い立ったので、事前調査不足でした。下山から3時間後の御嶽との運命的な再会が果たせなくて残念です。
 高速道路は22時でもまだ渋滞の表示が出ていたのが意外でした。でも、急速に緩和に向かっている最中だったようでした。

投稿: はいかい | 2010/05/20 19:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 快晴の信州遠征木曽路「鳥居峠」MTB:

« 快晴の信州遠征「木曽御嶽山」テレマークスキー | トップページ | 薫風の丹後半島一周2010 »