« 野伏ヶ岳オプション越前大野ポタリング | トップページ | 舞鶴通勤ツーリング »

2010/04/18

扇ノ山は撤退し登山口林道積雪調査へ

 1週間前には平野部で夏日、その後のまとまった雨。中国山地の最後の砦、扇ノ山の雪もかなり解けたことだろう。山頂の東斜面はまだ滑れるだろうか。まあ、迷わず行けよ、行けばわかるさ、ありがとう!
 朝は雨だがすぐに止むだろう。ちょっと遅めに家を出てくる間を走らせるうちに上々の天気。空は青く、桜の残り花と新緑が鮮やか。
 ところで、数日前に同行者を誘ったが、あいにく都合が悪いと断られた。代わりに河合谷牧場の除雪状況を教えてもらった。湯村温泉を過ぎて、いつもの上山高原からの入山を止めることを決意。R9から上山高原の入り口を過ぎ、すぐに兵庫から県境を越えて鳥取県へ。そしてすぐに河合谷高原への入り口。集落から狭い道を経て河合谷牧場へ。牧場の辺りにも雪はなく、心配になってくる。しかし突然道路が雪に阻まれた。止めてあるクルマは1台。GPSレシーバーで位置と標高を確認するが、河合谷登山口は以外に遠い。電話で聞いた感じではもっと近いかと思ったが、これなら上山高原から小ヅッコ登山口の方が若干近い。
P1160294P1160300

 結局、上山高原に移動することにする。勝手が分かっている方がいいだろう。既に正午を過ぎているのに移動にさらに1時間を費やす。これが、あるいはこの迷いが今日という日を暗示していたのかも知れない。
P1160301P1160302

 もくろみ通り上山高原まで除雪済み。途中の芝桜公園の辺りでは桜が満開だった。上山高原の方が雪が多い。そしてクルマが多い。登山者以外に地元の人が作業もしているようだ。準備を整え、1.5m程の高さの雪の壁を登って林道を歩き出す。今日はステップソールの板だ。これだけ雪があれば、自転車を使わない方がいいだろう。
 カメラのバッテリが残り少ない。早く気づけば、クルマの中で充電できたのに。
 ショウブ池のところで、大ヅッコと扇ノ山山頂を眺める。雪はまだある。山頂東斜面も何とか滑れるだろう。ショウブ池と、登山口手前での雪の切れ目は2週間前に来たときよりも当然広がっているが、それでも林道全体ではまだ自転車よりもスキーで歩いた方がいい。
P1160308P1160310P1160315


 登山口からしばらくは土が出ているので、スキーを手に持って歩く。小ヅッコ小屋でスキーを装着。しかし、やや藪が邪魔だ。ようやくや武が一段落してさあこれから、というときにトラブル発生。右側のビンディングプレートを板に付けているネジが抜けてしまった。あらら。そういえば、ちょっとネジが短いかなと思いながら付けたんだった。今シーズン2月に届いてから、碇高原、上山高原、氷ノ山3回、前回の扇ノ山にゲレンデスキーとずいぶん酷使してきた。携帯しているスペアの大きめのネジを出してみるが、頭が大きすぎてビンディングプレートの穴に入らない。仕方ないので詰め物をして抜けたネジをもう一度締めてみるが、歩き出すとすぐにまた抜けた。
 だめだ。引き返そう。抜けたのは、4本のうちのつま先側の2本。土踏まずの方の2本でクルマまで何とか持ちこたえてくれ。できるだけ負担がかからないように下る。超緩斜面で幸いだ。林道は、ほとんどターンをしないでもく下れて快適。
 クルマに戻ったら手早く撤収。後から降りてきた3人組の登山者が賑やかだ。と思ったら質問したてきた。
 「帰り道に温泉ありますか」。どこに帰るのかも言わないでこんな質問をしてくる。で、訊ね返したら「湯村温泉を通って帰るんです」。(じゃあ湯村温泉でいいじゃない。)「地元の人が入る200円くらいのところがないですか。500円の、○○○○の温泉は知っているんだけど。」(じゃあ地元の人に聞いてよ。)この人たちに満足してもらえる回答などできないので「わかりません」とあしらってクルマを出す。先月大山に行ったときも、同行者と「最近、簡単に何でも人に尋ねる登山者が増えた。××はどっち、とか、△△までどのくらい、とか。自分で地図を見るより安易に聞いてすませようとする」と言っていたところだ。
 さあ、少し時間ができたので寄り道だ。村岡町おじろ区(旧美方町)へ。先日、仏ノ尾の山頂で見た「素晴らしいブナ林経由大谷へ」という看板の文句が気になる。私がたどったコースでは、下半分しかスキーが楽しめなかったが、そちらは道なのだろう。また雪が解けてから歩いてみて来シーズン以降に挑戦することになるだろうが、そこに至る林道の雪の状況を知りたい。除雪などされるわけはないから、どの時期にどこまでクルマで入れるかと言うことが知りたいのだ。おじろスキー場のある、矢田川の谷の西岸の山の中の林道を夕暮れまでうろうろした。仏ノ尾も氷ノ山もまだまだ白い。
P1160328P1160331

|

« 野伏ヶ岳オプション越前大野ポタリング | トップページ | 舞鶴通勤ツーリング »

コメント

 なるほど、そのようなトラブルに見舞われましたか。ネジ山がつぶれたとなるとその穴は使うことができませんか?板が新しいのでもったいなあと気になりました。ボクもできるだけテレで山に行きたいです。

投稿: すう | 2010/04/23 21:02

 まったくトホホです。シーズン末期の好日を逃したのが一番もったいないです。板はまだ使いますよ。

投稿: はいかい | 2010/04/24 22:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 扇ノ山は撤退し登山口林道積雪調査へ:

« 野伏ヶ岳オプション越前大野ポタリング | トップページ | 舞鶴通勤ツーリング »