« 1月30日ばんしゅう戸倉スノーパーク | トップページ | 冬はまだ終わっていなかった »

2010/02/03

兵庫丹波「妙高山」

 2月に入った途端に南岸低気圧で首都圏でも積雪。らしくない大寒の後に、まさに2月を象徴する気圧配置。死して半月ぶりの寒波がやってくるようで、2日朝から日本海側丹後地方は雪を呼び込む冷たい雨が降っている。
 午後があいている。スキー場は既に雪が降り始めているはずだが、湿り雪でまだコンディションは良くないはず。ならば、久しぶりに自転車にしよう。というわけで、昼過ぎに出発。一路南へ。
 与謝峠を越えると雨は小降りになり、福知山は薄日の射す曇天。しかし、食事をしているうちにここも小雨。もう少し南下しよう。
 地図を見ながらどこで走るか考える。暮れに市島を走ったときに見えた、山の稜線付近の林道が気にかかる。妙高山辺りだと思うのだが。その妙高山には、山頂近くの神池寺まで県道が付いている。よし、ここへ登ろう。
 府県境の塩津峠を越えて市島中心街から県道59号線に左折して上牧に駐車。出勤前に積んだ自転車を下ろす。自転車はひと月ぶりなので、準備に手間取る。そして、ビンディングシューズがない。薄日が射しているが、時折ごく弱い小雨も当たる。登って下るピストンコースなので、本降りになってもすぐに引き返せる。
 暮れに見たスカイライン林道の山が見えるが、どうやら妙高山とは別の山。今日は舗装路用のタイヤしか準備していないので、林道は次回。それに向けて登り口などを後で調べよう。ちなみに自転車は、ビゴーレランドナー改パスハンター。
 15時27分、スタート。標高98m。県道59号線から541号線へ。交通量は非常に少なくて快適。点在する集落は、田園が広がる非常にのどかな農村地帯から山村という雰囲気へと変わっていく。
P1140120P1140118

 「こぶしの郷アマゴの家」といういかにも山村風のレストランを過ぎるといよいよ山の中に入っていく。そのレストランは今は無人で、かわりに手作り案山子(?)がなぜか「お買い物はエコバッグ持参」とかかれた立て札を携えて窓から覗いている。
P1140148


 道が山林の中にはいるところに地蔵堂が建ち、その先では道路に沿った沢をの対岸に祠がある。この辺りは非常に祠が多く、民家の庭先にもある。
 道の脇に「妙光山神池寺」と刻まれた石の柱が立っている。沢に沿って登っていくと、山林が開けた平らな場所に出る。道路脇は湿原となっている。休耕田の名残だろうか。地図には道沿いの山間部にも集落名がかかれているので、ここにもかつては集落があったのかもしれない。
P1140125


 ヘアピンカーブを経て16時32分神池寺へ到着。標高431m。いきなり「監視カメラ撮影中です」という音声が繰り返し流れる。10回ほど繰り返して音声は止まった。
P1140127


 寺に隣接して宿泊などができる「山の家神池寺会館」やキャンプ場などがあるが、全く人気がない。
 ここまで来たら山頂まで行ってみよう。往復しても1時間もかからないだろう。念のためワイヤーロックで自転車を鉄柱にくくりつけて歩き出す。
 寺ではなく会館の方の登山口から急坂を登る。林の中を歩いて16時48分山頂へ。標高564m。祠と二等三角点があるが展望はない。すぐさま下山開始。途中、寺の本堂に下りる道と、会館の方に下りる道に分かれるが、元来た道、つまり会館の方へ行く。出ないと踏み跡が非常にわかりにくく迷うかもしれない。と思っていたら案の定踏み跡を見失う。木々の向こうには堂の屋根やキャンプ場の広場が見えているのであわてることはないが、辺りが暗くなってきているので早く下山したい。何とか踏み跡を見つけて下りたのだが、なぜか登りの登山口とは別の常行堂のところに降り立った。またも、「監視カメラ撮影中です」の音声に迎えられる。常行堂に手を合わせてお参りする。
P1140133P1140135

 さあ、暗くなる前に下りよう。自転車に戻りロックを外す。くくりつけていた鉄柱のてっぺんには噂の監視カメラがあった。中間着を着込んでスタート。すり減ったブレーキをならしながら急さかを下る。
 山間部を一気に下り、田園地帯の集落に出るとほっとする。街灯の灯りがともって何とも暖かい雰囲気。
P1140156


 往路で目を付けていた分岐を東に折れ神池集落へ。スカイライン林道の麓なのだ。その林道への登り口の可能性のある集落はずれのコンクリート舗装の激坂を少し登る。帰ってからGPSのトラックと地図を照らし合わせて検証だ。ちなみに、その集落の奥には神池という池があり、寺や集落の名前はここから来ているようだ。
 いよいよ暗くなってきた。下り基調の県道541号線から59号線へ。さすがに帰宅するクルマがたまに通る。
 17時51分、上牧に停めたクルマに戻る。何とか雨には降られず済んだ。公民館と思ってクルマをおいたところは、診療所だった。急いで自転車を撤収し、逃げるように帰る。北に向かえばやはり雨。
 例のスカイライン林道には、神池からの道はやがてシングルトラックとなり、稜線の反対側の戸平集落から向かうほうがダブルトラックでいけるようだ。

|

« 1月30日ばんしゅう戸倉スノーパーク | トップページ | 冬はまだ終わっていなかった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 兵庫丹波「妙高山」:

« 1月30日ばんしゅう戸倉スノーパーク | トップページ | 冬はまだ終わっていなかった »