« 暖かい大寒 | トップページ | 今年初のスーパーカブ通勤 »

2010/01/24

粉雪舞う懐かしのアルペンローズ

 土曜は風邪気味と睡眠不足のため寝たきりの生活。日曜も朝寝でなんとか復調。午後になってから家を出る。冬至からひと月が過ぎ、明るい日差し。自転車に乗りたくなる陽気。しかし、今のうちに雪遊びをしておかないと、今シーズンはすぐ雪が解けそうな気配。
 豊岡で図書館に寄って本を借りてから、神鍋高原へ。道路には雪全くなし。今のところは営業しているどのスキー場もゲレンデは真っ白。この高原の東の端(蘇武トンネルができるまでは袋小路の突き当たり)、20世紀の遺跡「アルペンローズスキー場」跡地にクルマを止める。2000年3月のシーズン終了。翌シーズン以降の営業はなかったが、2006年と2008年にシール登行により2度ゲレンデトップに立っている。万劫と稲葉の2カ所のベースに平行してトップから3本のコースが降りてきている。最も東に位置する「ススキコース」は営業停止以降未踏なので、今日の狙いはここ。最も急斜面のススキコースは、過去の2回は雪が多すぎて雪崩の危険があり敬遠していた。雪があまり多くない今年こそ狙い目、と思って訪れたがゲレンデ中腹のブッシュが気になってあきらめる。結局、2年前と同じ稲葉からのコースにする。15時05分、スタート。
 すり鉢状の稲葉ゲレンデは昨夜から今朝積もったばかりの粉雪。なるほど朝のうちは曇り、晴れ間が出た午後は日陰の東向き斜面なので雪が粉のまま保存されているようだ。結構楽しく滑れるかも知れない。リフトの支柱がほとんど取り払われている。
 登っていくと日当たりの関係か雪がひどく悪くなっている区間や、ブッシュが成長している区間があり、下りが思いやられる。それでもゲレンデトップが近づくと再びさらさらの粉雪。コース内にブッシュもほとんどなくなりなんだかわくわくしてくる。リフト終了時刻を知らせる奥神鍋スキー場の場内放送が聞こえる。
 ゲレンデトップは標高698m。ベースからの標高差330m。1時間ちょっとで登り切った。このアングルからの神鍋高原の景色は懐かしい。展望の良いススキコースを滑ってみたい衝動に駆られるが、それでも登ってきたコースの日陰の粉雪はさらに楽しみだ。
 シールをはがして登ってきたコースを滑り降りる。アンテナを頂いた三川山に向かって滑るようだ。浅いけれど素晴らしいパウダースノー。気持ちよくターンを切る。あまりにも楽しいので、ブッシュ区間の手前でもう一度シールを貼り直してゲレンデトップへ。先ほどの自分のシュプールに絡むように2本目を刻む。独り「パウダー8」だ。
 しかし楽しい時間はあっという間。その後はブッシュに悩み、悪雪に苦闘する。最後の万劫すり鉢ゲレンデも、表面の粉雪に隠れた悪雪に深くめり込む板をとられて転けまくる。道路を通り過ぎるクルマがスピードを緩めて通り過ぎる。
 クルマに戻ったときには残照の空。ああ、楽しかった。奥神鍋のナイターゲレンデを見ながら帰路に就く。板を積んだクルマの列に並んで高原を後にする。
            *           *           *
 昭和40年代万劫集落をベースとする西神鍋スキー場が誕生。昭和50年代には稲葉をベースとして別会社のリフトが加わり、アルペンローズスキー場となる。
 アルペンローズスキー場のゲレンデトップは、三等三角点のある小ピーク。点名は「万劫」。(1/25追記)
P1130984
P1130990
P1130992
P1140007
P1140016
P1140027
P1140040

|

« 暖かい大寒 | トップページ | 今年初のスーパーカブ通勤 »

コメント

 ここはボクも昔よく通ったところです。神鍋の手前から駐車率の高いスキー場を避けていくと、最後のここに到着したようなことが多かったと思います。いつも人は少なめでしたね。でも、帰りに渋滞に遭うと一番奥だから時間もかかった。
 懐かしいところです。

投稿: すう | 2010/01/28 05:32

 1990年代初め、スキー場もバブルでした。スキー場はどこも混雑。リフト待ち行列に並ぶために訪れるような感じでした。そんな神鍋高原のスキー場の中でアルペンローズは救いでした。万場と並んでお気に入りで、よく訪れたものでした。1月14日の記事に書いた震災前の大雪の思い出も印象深いですが、最後のシーズン2000年の2月のこともよく覚えています。
 当時すでにスキーバブルは崩壊。その後のスノーボードブームも長続きはせず、2000年のアルペンローズは土日祝日のみの営業でした。しかし、その休日に訪れてもスキー客は疎ら。ゲレンデもレストハウスもがらがらでした。帰りのクルマの中で、「こんなんでここ大丈夫かな」と同行者と言葉を交わしたのですが、翌シーズンはリフトのワイヤーに椅子がつり下げられることがありませんでした。
 あれから10年。リフト待ちの列の作り方が独特だった頂上リフトを含め、支柱も監視小屋もほとんど撤去され、コースやゲレンデにはブッシュが茂り始めました。
 最近では、新戸倉スキー場が休業2シーズン目。公式サイトでは「再開に向けての充電期間」とありますが、果たして再開はあるのでしょうか。

投稿: はいかい | 2010/01/28 22:04

 はじめまして。
 はいかい様の記事はよくチェックさせてもらっています。同市内に住む「あやまど」と申します。
 自転車も、スキーもちょぼちょぼとやっていて勝手に親近感を抱いております事、大変失礼申し上げます。
 高校生の頃に何回か足を運んだ「アルペンローズ」のことが記事になっていましたので思わずキーボードを叩きました(風情がないですね)。
 蘇部トンネルを抜ける度に、ここがアルペンローズだったんだなといちいち感慨にふけっておりました。
 最後に行ったのは、多分23年前のことか、、、。
 どんな斜面だったのかも忘れてしまいましたが、結構楽しいゲレンデだったと記憶しています。
 最近になってから。子供と一緒にゲレンデに帰ってきました。
 近頃の滑りを体得するのに頭も体もリセットして頑張っています。
 自分の事ばかり申し上げましたが、いつか、お目に掛かりたいと願っております。

投稿: あやまど | 2010/02/03 22:53

あまやどさん、ようこそ。
 何(誰)と同市内かわかりませんが、おそらく豊岡か京丹後の方のようですね。ご近所さん歓迎、よろしくお願いします。
 今日は、ススキコースを滑降しました。雪もちょうど良くて快適でした。

投稿: はいかい | 2010/02/07 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 粉雪舞う懐かしのアルペンローズ:

« 暖かい大寒 | トップページ | 今年初のスーパーカブ通勤 »