« スーパーカブの積載性向上 | トップページ | 扇ノ山山麓「牛道から左馬殿道」のシングルトラック »

2009/11/16

若狭大島半島赤礁崎

 土日は仕事で先週の日曜から8日連続勤務。しかも月曜から雨続きで運動不足。けれども15日の日曜の舞鶴での勤務は午前中のみ。天気もまずまず。
 昼過ぎに舞鶴から若狭へクルマを走らせる。東舞鶴の市街地を抜けた辺りから東行きが渋滞。紅葉の名所、金剛院に向かうクルマが右折待ちの大渋滞を作っている。結局府県境を越えるまでに小一時間が経過。
 若狭高浜で国道27号線から海岸沿いへ。城山公園の駐車場はサーファーでいっぱいなので、近くの漁港の駐車場にクルマを止める。とにかく海沿いは釣り人とサーファーでいっぱいだ。
 自転車に乗って東へ。若狭湾を左に、そのあと和田を過ぎたら青戸の内海を右に見ながら進む。内海越しに見る国道27号線は近い。あっちはよく利用する道だが、こっち側はクルマで一度通っただけ。それも10年以上前のこと。
 青戸大橋北詰を過ぎたら、道は北上を始め小さなアップダウン。大島トンネルは使わず、金崎の旧道を行く。クルマはシャットアウトされているので自由に走れる。小浜湾を隔てた内外海半島久須夜ヶ岳が近く見える。
 金崎からヨットハーバーのある大きな入り江に下りたら、あとは平坦。大島集落を過ぎ、赤礁崎(あかぐりさき)へ。今日は北西の季節風が強く、追い風のときは快走だが、向かい風には苦戦。
 赤礁崎の手前の釣り客相手の施設に到着。そろそろ日が傾いて帰り支度をする人もちらほら。灯台のある岬へ端身内際の遊歩道が続いているが、波をかぶっているので歩いている人はいない。
 岬の北岸の海水浴場からは、たくさんのサーファーが海に入っている姿が見えた。
 さて帰路に就く。途中、入り江の奥から山に登る道をたどってみるが、途中でゲートにより塞がれ、それを越えて登るも舗装がとぎれてダートとなった。今日は700Cタイヤのクロスバイク。少し押して進むが、海の景色が見えたところで引き返す。
 入り江に下りたら、金崎への登り。帰路はトンネルを抜けて青戸大橋へ。内海沿いの道は、夕日と青葉山に向かって進む。帰りの方がやや向かい風の傾向。
 和田を過ぎたら、海水浴場に出てその砂浜に面した小道を行く。遊歩道のようになっていて、ジョギングする人も行き交う。そして、夕焼けと青葉山をバックにサーファーが波に乗る姿。城山公園が近づく頃には、日も落ちて薄暗い。サーファーも次々に海からあがってきた。
P1080628
P1080631
P1080649
P1080670
P1080681
P1080701

|

« スーパーカブの積載性向上 | トップページ | 扇ノ山山麓「牛道から左馬殿道」のシングルトラック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若狭大島半島赤礁崎:

« スーパーカブの積載性向上 | トップページ | 扇ノ山山麓「牛道から左馬殿道」のシングルトラック »