« 海を見下ろすミニ山サイ「徳良山」 | トップページ | 武田尾から宝塚へ「JR福知山線廃線」を走る »

2009/10/13

畑ヶ平から紅葉と展望のMTB登山「扇ノ山」

 扇ノ山のMTB登山で一般的なのは、小ヅッコ、大ヅッコを越える登山道。ただしこちらは初心者コース。MTBに慣れてくれば畑ヶ平からの登山道の方が楽しめると聞いて実行に移す。そろそろ紅葉も始まっているだろう。
 アプローチは100km超、2時間余りのドライブ。秋晴れの連休最終日、オートバイも見られる。そろそろツーリングシーズンも中盤だね。道中特筆することといえば、餘部鉄橋の架け替え工事。古い鉄橋のすぐ海側に新しい鉄橋がかかり始めている。
 兵庫県の海沿いを横切り、鳥取県との県境手前から扇ノ山の懐にはいる。いつもの海上分岐を過ぎ、畑ヶ平へ。狭い集落の道を抜け、アマゴの養殖場を過ぎ、ぐいぐいと標高を上げる。徐々に木々が色づきを始めている。
 岡山ナンバーのクルマが一台止まった畑ヶ平登山口の近くで自転車をおろす。いつしか空は雲に覆われている。予報通りの天気下り坂。
 最初から登山道には入らず、はじめは大根畑の縁を行く。広く平らな畑の向こうに見える扇ノ山は、標高差300mの小山。昨日の徳良山とあまり変わらない。そしてその大根畑の途中から登山道への抜け道へ。これはスキー登山の時に見つけたルートで、登山道の出だしは細かなアップダウンなどがあって歩きにくいのだ。
 はじめは緩やかな登山道は、進むにつれ勾配を増して、やがて階段となる。やがて、木々の合間、左の谷の向こうに扇ノ山の山頂が見える。ブナは落葉し笹は雪に埋もれる冬ならば山頂の小屋まで確認できるのだが、今は林に隠されている。登るにつれ黄色や赤に色づいた木が増えてくる。
 人の声。見れば、人がすぐそこの大ヅッコ登山道へ降りていった。その大ヅッコ登山道に合流してさらにまだ若い雰囲気の男女連れの2人組とすれ違う。女性の方がMTBを珍しげに眺めてすれ違っていった。
 山頂直下の展望テラスからは、珍しく鳥取市街や白兎海岸、湖山池がはっきり見える。西日に霞んでいるが大山も見えている。
 山頂は無人。小屋の二階に上がって一息つきながら氷ノ山を眺める。そして登山日誌を読む。春に書いた自分の記述も確認。また最近この小屋に泊まった人の記述には、夜に文庫本が一冊読めたとのこと。いいなあ、泊まってみたいなあ。でも今シーズンはもう寒くなったからまた来年以降。
 登りでの火照りが収まったら、すぐさま下山開始。紅葉の山頂をあとにする。山頂から少し乗ったあと、階段はすべて押し。階段が終わったら本格的にお楽しみタイム。適度に湿ってグリップは良好。ああ楽しい。楽しさ余って、楽車、いや落車2回。1回目はちゃんと着地できたが、2回目は登山道に投げ出されてしまう。いい年してなにやっているんだか。
 大根畑には出ずに最後まで登山道を使うが、やっぱり走りにくかった。畑に出た方がよかった。
 来たときに止まっていた岡山ナンバーはもういない。自転車を車に積み込んでいたら、1台別のクルマが上がってきた。2人の男性が乗っている。今から入山か。すると山頂小屋泊まり。いいねぇ。
 麓の岸田集落では、道端の柵に但馬牛。かつては、少年たちに連れられて上山高原まで登っていたとのこと。「アルプスの少女ハイジ」に登場する山羊の大将「ペーター」のような話である。
 さてと、下山したら鳥取に寄って買い物をしてから帰る。
P1080178
P1080198
P1080205
P1080215
P1080217
P1080230

|

« 海を見下ろすミニ山サイ「徳良山」 | トップページ | 武田尾から宝塚へ「JR福知山線廃線」を走る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 畑ヶ平から紅葉と展望のMTB登山「扇ノ山」:

« 海を見下ろすミニ山サイ「徳良山」 | トップページ | 武田尾から宝塚へ「JR福知山線廃線」を走る »