« 秋雨の土曜 | トップページ | 休日の過ごし方いろいろ »

2009/09/13

千枚田と舟屋の丹後半島先端部周遊

 昨日の雨は上がり、曇天ながら午後には回復の予報。舞鶴で仕事なのだが、今日はスーパーカブで行こう。と車庫まできたら雨が落ちてくる。携帯電話で降雨レーダー画面を見ると、現在降っているのはこの近辺だけ。しかし、昼前までは不安定な空模様、とのこと。濡れ鼠で出勤するわけにはいかないので、仕方なくクルマで出発。先週の日曜以来の四輪車の運転だ。でも、家から15分も走れば雨は止んだ。
 昼過ぎに舞鶴の職場を出て、丹後半島への帰路に就くが、途中から家とは別方向舟屋の伊根湾を目指す。予報通り天気は回復、雲は多めながら青空も広がり空気は澄んでいる。秋らしくさわやかな空気だ。
 宮津と伊根の市町境を越えたところにクルマを止め自転車をおろす。10台弱の自転車の団体が伊根から宮津方面へと走っていった。30代くらいの人が多いみたい。自転車はMTBが主体。舞鶴からここに来るまではオートバイが多かった。秋の好日、やっぱり二輪だね。
 まずは、海岸を離れ府道652,621,57号線で北上。国道178号線宇良神社から府道623号線で海岸に出て野室崎へ。標高差130mを登り断崖の上に出ると、若狭湾に浮かぶ冠島、沓島の向こうに山並みが見える。若狭・近江の国境の山々だ。パソコンの3D地図ソフトによれば伊吹山の山頂ものぞくようだが、あまりにもわずかなのぞき方なのでよくわからない。それらの向かって左手の、加賀白山などの山々は雲に隠れている。
 泊まりでいったん標高0mまで降りてから、また新井崎への130mの登り。新井の集落を過ぎたら府道を離れ、大原集落への道へ。こちらの道は千枚田の中をいく。府道より内陸ではあるが、海の景色もそこそこ楽しめる。その千枚田は、稲穂が垂れ頭であるが、まだ籾は小さい。刈り入れはまだもう少し先か。
 国道178号線の手前大原集落で左折し再び海岸の府道に戻る。大原の田んぼは、半分ほど稲刈り済み。
 一気に伊根湾に下り、舟屋の集落を抜ける。漁港には釣り人が多い。クルマはすぐそこ。さわやかな、26km。
P1050525
P1050538
P1050550

|

« 秋雨の土曜 | トップページ | 休日の過ごし方いろいろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千枚田と舟屋の丹後半島先端部周遊:

« 秋雨の土曜 | トップページ | 休日の過ごし方いろいろ »