« 栗田半島は映画のロケ地 | トップページ | 舞鶴大浦半島多祢寺山 »

2009/09/03

中型自動車運転免許の限定解除

 少し前に法が改正され、運転免許の区分が変わった。4輪の場合、大きさによる区分はかつては普通と大型だったのだが、現行では普通、中型、大型の三段階となった。
 つまり今では普通免許を取得しても、運転が可能なサイズの上限は以前の普通免許よりも小さくなった(特に貨物)。逆に、かつての普通運転免許所持者は、自動的に中型免許所持ということになる。ただし、総重量8t限定の中型免許である。
 この中型免許の限定を解除するには、5時間の実技講習の上、検定を受ける。費用は6万円ちょっと。
 というわけで、8月29日に自動車学校へ。
 ところで、そもそもの発端は、春に免許の更新をしたのだが後ほんの少し条件が足りずにゴールド免許がもらえなかったことである(前回のスピード違反が一月早ければ…)。青い5年免許となったので、ゴールド免許まで遠くなってしまった。早く免許を金色にしようと思ったら、新たな免許を取得すること。そうして簡単にとれるものとして、中型限定解除を見つけたのだ。
 しかし、限定解除は新たな免許取得ではないとのことで、ゴールドはもらえないことがわかった。その一方で、今はキャンペーン期間、とのことで費用は2万円ほどOFFの4万円で済んだ。
 そして、5時間の実技講習を終え、延長なしで明日検定に挑む。合格すれば、マイクロバスが運転できるのだ。
P1050394
P1050395

以下後日追記
 9月4日、無事検定合格。難しかったのは、乗用車との車輪の位置の違い。前輪が運転席の下にあるので、右左折やS字やクランクの通過では、かなり前につっこんでハンドルを切らねばならない。でないと、内輪差で後輪がまずい。最初はまともにかけることができなかったエアブレーキは数回の教習の中でなれた。クルマの大きさはさほど気にならずミラーが多くて大きくて見やすい。後方の車間も、荷台は直角で直線的なのでかえってわかりやすい。方向転換の時の、後方の壁から50cm以内に寄せるという課題も、練習一回目からクリア。検定の時は、雨で見難かったが一発OK。あと、私は日頃からMT車に乗っているので全く苦労しなかったが、クラッチにも苦労する人が多いらしい。
 というわけで、教習5時間、検定1回の最短で合格できて、4万2千円ほど(あと免許申請手続きの手数料?)で済んだ。日頃からトラックやワンボックスカーなど(できれば少し前までのボンネットのないもの)に乗っている人なら、一発検定でもさほど難しくないように思われる。
 この勢いで大型免許も、といきたいが、現行の制度では、仮免許、路上での練習など以前より手間がかかるようだ。以前なら、今回の中型免許で教習・検定をしたトラックで、大型免許取得できたらしい。

|

« 栗田半島は映画のロケ地 | トップページ | 舞鶴大浦半島多祢寺山 »

コメント

 免許取得おめでとうございます。
ほしいけど使う機会がないようで、でもいざとなればありがたいような・・
 とられたので、バンバン活用してくださいね。使ったら、ブログにあげてくださいね。

投稿: すう | 2009/09/11 06:51

 使う必然性はもちろん、当てもいっさいありません。少し前までは、マイクロバスを持っている知り合いがいたんだけど。
 普通自動二輪の免許も取ってから10年以上使いませんでした。しかも、今でも小型限定でいけるスーパーカブに乗ってます。
 すうさんは、仕事で普通トラックを運転する機会があるんですよね。だったら一発検定でもとれるかも知れませんね。全くトラックもワンボックスも運転していない私でも教習3日でとれましたし。
 いろいろ自動車学校・教習所のWebページを見比べましたが、中型限定解除4万円は格安でした。
 ところで京阪神の自動車学校では、大型自動二輪が5万円ちょっと(普通自動二輪所持の場合)ですね。ちなみに、こちらでは豊岡で7万5千円(キャンペーン料金)が最安。
 乗り物の運転は好きだし5万円なら取りに行きますね。絶対使うことはないだろうけど。

投稿: はいかい | 2009/09/12 15:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中型自動車運転免許の限定解除:

« 栗田半島は映画のロケ地 | トップページ | 舞鶴大浦半島多祢寺山 »