« 一路南へ | トップページ | スーパーカブのリアボックス交換 »

2009/08/09

名ばかりの梅雨明け

 8日(土)、小樽からのフェリーは予定より15分早い20時45分に舞鶴入港。舞鶴駅でクルマに自転車を積んで、ラーメン屋によってから深夜に帰宅。
 やっぱり蒸し暑い。帰宅途中にぽつぽつ落ちてきた雨は、夜に本降り。いきなり熱帯夜。北海道で過ごしていたときの最高気温よりも高い、丹後の最低気温。幸い、日中も日差しがなかったせいで、建物が熱を持っていないのでまだましだった。
 翌9日も一日雨。3日に近畿地方の梅雨明けが発表されたというけれど…。まるで1993年の夏のようだ。あの年は、秋になって梅雨明けが撤回された。
 ところで、9日には西日本各地で大雨洪水などの警報が発令されていた。フェリーを降りてから立ち寄った舞鶴のラーメン屋には、荷物を満載した徳島ナンバーのオートバイが3台泊まっていた。フェリーを降りた後か、それともこれから乗るところか。また、フェリーの船内で二輪よりも先に下船の四輪車の下船を見ていたら、関西だけでなく九州方面のナンバープレートのクルマもたくさんいた。なんとなく心配になってくる。徳島県各地には、土砂災害への注意を促す警報も発令された。

|

« 一路南へ | トップページ | スーパーカブのリアボックス交換 »

コメント

 無事の帰宅お疲れ様でした。
自転車のトラブルはなかったようですね。札幌から2泊3日で稚内まで行けることを知りました。礼文島のユースがそんなにすごいのかまた教えてください。
 京都は蒸し暑いね。北海道から帰った後だとなおさら。
 

投稿: すう | 2009/08/09 21:48

 また、去年の秋からずっと更新が滞っている電脳徘徊に詳細なレポートをあげようと思っているのですが、もう少し涼しくなってからなかぁ。以前なら帰りのフェリー内でレポートができあがっていたんですが、今回は読書に専念でした。
 小樽から稚内までは340kmほどでした。札幌からなら20kmくらい少ないかな。
 H氏からもらったVIGOREランドナーはいいですね。古いのでブレーキ・変速のワイヤーやチューブのスペア、チェーン切り工具、スポークの調整工具などは手放せませんが、変速も快調に決まり、まだまだ走れます。
 過去に4回北海道を走っているもう一台のランドナー、ユーラシアツーリングには、小樽行きのフェリーの船内で、ほぼ同じモデルに出会いました。父親から受け継いだという若者が乗っていました。
 そうそう、すうさんからもらってダート走行用に変身したVIGOREにも、この数ヶ月はよく乗りましたよ(ここに報告していないのもありますが)。あちらも元気です。

投稿: はいかい | 2009/08/10 10:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名ばかりの梅雨明け:

« 一路南へ | トップページ | スーパーカブのリアボックス交換 »