« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009/08/16

宮津灯篭流し花火大会

 16日夜、恒例の花火大会。宮津市中心街は道路の大混雑になるので、岩滝側から阿蘇海と天橋立越しに見物。阿蘇海の畔の自転車道にスーパーカブを止める。天橋立で灯篭は見えないが、花火はばっちり。
 これで今年も晩夏。
P1050180
P1050166

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/15

海に沈む夕日

 15日は、朝からすっきりしない曇天。降りそうで降らない。夕方には日が差してきたので、昨日は間に合わなかった夕日に、今日はスピードの出る乗り物で駆けつけた。ペンションのテラスで夕食をとる人も、オートキャンプ場にいる人も、みんな夕日を見ていた。
 北海道では、日本海側を北上。ずっと夕日の名所を走って、礼文島でも西海岸に一泊したにもかかわらず、雲に邪魔されきれいな夕日を見ることができなかった。
 丹後で、海に沈む夕日が見られるのはもうしばらくの間。
P1050094P1050106P1050109

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まるで秋の夕暮れ

 14日、低気圧から伸びる寒冷前線の南下で北からの高気圧に覆われた。さわやかな青空。まるで秋が来たような。
 夕方、自転車で家を出る。北海道以来1週間ぶりの走り。今日はクロスバイク。1時間ちょっと、25kmを走る。夕日には間に合わなかったが、残照の水平線をみながら走る。
 ずっと雨が続いていたが、この日は海辺のペンションは野外での夕食が気持ちよさそう。オートキャンプ場はクルマとテントで足の踏み場もない。
 梅雨から一気に秋になった感じ。
P1050068
P1050075
P1050081

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーカブのリアボックス交換

 スーパーカブを買ってちょうど一年が経過した。雨に濡れることなく、鍵がかかる荷物スペースとしてリアボックスを付けていた。近くのホームセンターで4千円弱。ヘルメットがちょうど収まるサイズ。
 でも、一年使ってみて、もっと大きいものが欲しくなり、HONDA純正のビジネスボックスを購入。通販で、取り付けステー(金具)と併せて9千円強とお値段は2倍。でも容量は18Lから58Lへと3倍以上に増えた。
 一口にスーパーカブといっても、排気量やグレードでキャリアの形状が若干違うようで、台紙を当てて自分のカブにあった箇所にドリルで穴をあけて装着。
 乗ってみると、ちょうど背もたれみたい。前のリアボックスよりも高さがアップして楽に背中を預けられる。
 耐用重量は10kgとのことだけど、30kgの米袋を運ぶことも想定している。元々2人乗り可能な車種だし、自転車のタイヤチューブでしっかり固定すれば、家から2kmの米つき場までは大丈夫のはず。クルマの余り通らないたんぼ道を通って行くし、今までも大丈夫だったし。
P1050086
P1050087

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/09

名ばかりの梅雨明け

 8日(土)、小樽からのフェリーは予定より15分早い20時45分に舞鶴入港。舞鶴駅でクルマに自転車を積んで、ラーメン屋によってから深夜に帰宅。
 やっぱり蒸し暑い。帰宅途中にぽつぽつ落ちてきた雨は、夜に本降り。いきなり熱帯夜。北海道で過ごしていたときの最高気温よりも高い、丹後の最低気温。幸い、日中も日差しがなかったせいで、建物が熱を持っていないのでまだましだった。
 翌9日も一日雨。3日に近畿地方の梅雨明けが発表されたというけれど…。まるで1993年の夏のようだ。あの年は、秋になって梅雨明けが撤回された。
 ところで、9日には西日本各地で大雨洪水などの警報が発令されていた。フェリーを降りてから立ち寄った舞鶴のラーメン屋には、荷物を満載した徳島ナンバーのオートバイが3台泊まっていた。フェリーを降りた後か、それともこれから乗るところか。また、フェリーの船内で二輪よりも先に下船の四輪車の下船を見ていたら、関西だけでなく九州方面のナンバープレートのクルマもたくさんいた。なんとなく心配になってくる。徳島県各地には、土砂災害への注意を促す警報も発令された。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/08/07

一路南へ

一路南へ
秘境(いろんな意味で)桃岩荘ユースホステルで旅は終わり。ユースホステル前で手厚い見送りを受け、1時間歩いて港へ。さらに他の客を巻き込んでの盛大な見送り。
稚内でラーメンを食べて、特急列車に乗り込み6時間かけて小樽へ。深夜にフェリー乗船だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/06

礼文島を走り歌い踊る

礼文島を走り歌い踊る
当初の予定は、昨日で完了。今日はオプションで島に渡る。直通便でなく、あえて利尻経由便を選び船内でのんびり。そして利尻岳間近に見上げる。
自転車で利尻を眺めながら東海岸を走りアザラシの金田岬と最北限のスコトン岬までピストン。カモメの鳴き声、海の青さ、潮風が心地よく、クルマが少ないのもいい。道端には昆布が干されている。
毎日毎日、ひたすら自転車を漕いでばかりいると、エンジンのついた乗り物を転がしたくなり、レンタルバイクのスーパーカブで海岸線を飛ばしたり高台から利尻を眺める。
泊まりは桃岩荘ユースホステル。噂どおり、いやそれ以上の・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/08/05

快晴の最北端

快晴の最北端
ノシャップのライダーハウスに荷物を置いて宗谷岬をピストン。待ちに待った快晴。本州の初夏のような気候。
復路で私と同じVIGOREの自転車に乗ったサイクリストに遭遇。やはり京都の人のようだった。
今夜も稚内に滞在。テントに宿替え。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/04

利尻を見ながら稚内へ

利尻を見ながら稚内へ
早朝からカラスに叩き起こされて6時に出発。遠別で雨。霧雨だが路面に水が浮く。それでもそのうち雨は上がり、薄日も差してきた。手塩からの道道106号線で右にサロベツ原野を見ながら走っていると日本海ごしに利尻の麓が、さらに山頂が見えてきた。今日は110KM走りノシャップ岬の近くのライダーハウス泊。夕食はウニ丼。さらに朝食も付いて2000円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/03

明日は稚内

明日は稚内
3日は120KM走り初山別の岬台キャンプ場。昨日より距離はあったが、朝から走り出したしアップダウンは昨日より少なくて雨はほんの少しで追い風も吹いて、めでたしめでたし。
景色のいいキャンプ場にはオランダ人サイクリストもいた。
明日は距離もアップダウンも今日より楽に稚内まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

順調に北上中

報告さぼってすんません。
フェリーを降りたあと、札幌方面へ15KM程走って、ライダーハウス泊。安くて親切で泊まりあわせたメンバーもよかった。
居心地のいい宿と朝の雨のせいで2日は11時の出発。時折雨に打たれながら96KM走って増毛の雄冬岬キャンプ場。ライダーと二人だけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/01

この夏も北海道へ

この夏も北海道へ
4年連続8回目の夏の北海道。5年連続新日本海フェリー上船。ただ今出港。今回は小樽から宗谷岬へ。
天気は大丈夫だろうか。
この夏のパートナーは、昨年暮れにもらったVIGOREランドナー。前後にキャリアを追加して4サイドバッグ。
というわけで毎日報告するです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »