« 雨の土日 | トップページ | 若狭梅丈岳と三方五湖巡り »

2009/05/03

いよいよ大詰め扇ノ山大ヅッコ滑走

 4月29日、11日ぶりの扇ノ山。雨も降ったし、林道の雪解けが進み、しょうぶ池のまでクルマが入り、さらに自転車で小ヅッコ小屋まで。その前に自転車の機動力を生かし河合谷登山口の方も偵察。こちらは水とふれあいの広場までクルマがあがっていた。3月には土砂崩れで通行止めだった十王峠は通れるようになったのかな?
 さて、小ヅッコまでの登山道はおおかた土が出ていてスキー不可。どうせヤブヤブなので最初から板をザックに付けて背負うが、これが失敗。倒木や傾いだ木の枝に引っかかる。上地からの登山道との合流点を境にほぼ雪に覆われた状態となる。大ヅッコの北斜面はまだまだ大丈夫。積雪は1m近い。ここで2本滑ってから、板を置いて山頂を目指す。が、その先の斜面も少し滑れそうなので引き返して板を持って大ヅッコのピークへ板を担ぎ上げる。そこに板を置いて鞍部を越えて山頂へ。大ヅッコから鞍部への下り(南斜面)は雪なし。山頂北斜面と東斜面にも雪があって滑れそうに見えるが、実際には灌木が邪魔して快適ではない。雪に埋もれていたため斜めに経っているので見た目以上に障害となるのだ。山頂小屋の周辺はとうとう雪がなくなっていた。小屋の二階に上がると先客あり。なんと普段着の若い男女。荷物を持たず、普通のスニーカーできている。女性の方が「これから下りるの大変だー」って、はなくしないと日が暮れちゃうよ。小休止のあと彼らより先に下山開始。歩いて、滑って、歩いて、自転車にまたがって一気にダウンヒル。
P1030185
P1030188
P1030191
P1030197
P1030201
P1030207

|

« 雨の土日 | トップページ | 若狭梅丈岳と三方五湖巡り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ大詰め扇ノ山大ヅッコ滑走:

« 雨の土日 | トップページ | 若狭梅丈岳と三方五湖巡り »