« 彼岸を過ぎての寒の戻り | トップページ | 扇ノ山は遠い »

2009/04/04

北八ヶ岳&戸隠、信州縦断の旅

3月27日(金)
◎免許更新と高速料金休日割引
 寒の戻りで周囲の山がうっすらと白い丹後。南下するにしたがって、空が明るく景色が輝き出す。
 制度が変わって誕生日の1ヶ月後まで更新期間が伸びた運転免許。私の場合、年度内の仕事が落ち着く時期が利用できるのでクルマで3時間以上かけて、初めて京都府運転免許センターへ。写真を持って行かなくてもよく、免許即日交付、その日限りですべて終了、というのが嬉しい。
 そのあと必要な買い出しをしながら、週末の夜の込み合う国道を滋賀県へ移動。竜王I.C.から名神高速へ。都市部を避けて、高速料金を1000円ですませるには、大津よりも東から乗る必要があるのだ。そして、日付がかわって土曜になってから高速を下りればよいのだ。その夜は、中央自動車道屏風岩P.A.で車中泊。まだならし運転の新しいクルマの広い荷室で、寝袋を二重にして寝る。今夜は、道路もサービスエリアも混雑。翌朝、諏訪I.C.で表示された金額は、本当に1000円だった。
P1060023
 
 
 
3月28日(土)
◎日本ピラタススキー場
 快晴のスキー場。今日明日で今シーズンの営業を終えるため、最後のサービスデイで1日券が2500円。その割に混雑は少なく、快晴、新雪と言うことなし。中央、南アルプスの眺めもよい。しばらく仮眠をとってから、ゆっくり準備をして滑り出す。ロープウェイでロングコースを繰り返す。
 さすがに昼過ぎに飽きてきたので、泊りの荷物を積めたザックと、2セット伸すキーをロープウェイで運びあげて、今夜の宿を目指す。テレマークスキーを背負って、クロカンスキー出歩くこと10分少々、縞枯山荘だ。
◎クロスカントリースキーで雨池へ
 夕食まで時間があるので雨池まで行って来る。クロスカントリースキーで行く。東側、浅間山の風景を見ながらの下りは、ブッシュの中で苦戦。板を外す。
 山小屋に戻るとちょうど夕食。寒い夜だった。
P1020426
P1020441
P1020459
P1020478
P1020498
 
 
 
3月29日(日)
◎五辻往復と縞枯山西斜面滑降
 今日はテレマークスキーを履いて、山小屋を出発。樹氷の中、ロープウェイの駅まで戻り、五辻方面へ。途中でクロカンスキーとザックを雪原におろし、シールだけ持って五辻へ。狭い登山道で滑りにくい。シールを付けて戻り、そのまま下山するのには早いので、木々の開けた斜面で遊ぶ。浅い粉雪が気持ちいい。ロープウェイが営業を始めて、ハイカー達が通り過ぎていく。スキーのひとは少ない。
 斜面を2本滑ったら、もう片方の板とザックを背負ってスキー場を滑り降りる。
◎信州北上
 蓼科の河童温泉に入ってから、名だたる観光地白樺湖、そして上田を過ぎて長野へ。快晴のドライブだ。夜は、まんが喫茶で過ごす。山小屋とは正反対の夜という感じ。
P1020519
P1020541
P1020587
P1020631
 
 
 
3月30日(月)
◎テレマークスキーで佐渡山
 まんが喫茶を出て、牛丼屋で朝食。一路戸隠へ。戸隠大橋にクルマを止め林道シール歩行開始。群雄割拠する山々に中に、これから目指す佐渡山を見つける。スキーやスノーシューのトレースがいくつもある。それに案内されるように、樹林の尾根を登り、佐渡山山頂へ。見事な展望。戸隠連山、スキー場、黒姫山、妙高山、火打山などばっちり。山頂付近はややクラスト気味で苦労したが、なかなか楽しい滑りで昼過ぎに下山。
◎戸隠スキー場
 今日明日で今シーズン営業終了のサービス料金、一日券が1500円。戸隠連山を見ながら、スキーを楽しむ。しかし、午前中に苦労して登ったのに匹敵する標高差が、リフト2本とは…。
 泊りは戸隠高原横倉ユースホステル。
P1020649
P1020656
P1020668
P1020681
P1020689
 
 
 
3月31日
◎テレマークスキーで黒姫山
 昨日と同じ戸隠大橋にクルマを止め、林道をシール歩行。黒姫山は山頂部はスキーで滑りにくそうなので、目標は1900m付近とする。昨日までの晴天は終わり、天気は曇り。
 登りに連れて雪がクラスト、滑りにくそう。牛歩戦術でのろのろと登り、何とか1900mに到着。稜線越しに小黒姫山が見える。その辺りは快適な疎林なのだが、クラストした雪はどうにもならず斜滑降キックターンを繰り返す。
 しばらくして尾根が狭くなり、尾根を外そうにも雪庇と濃い藪。息詰まって板を外して下る。屈辱である。結局、標高差にして200mほどはただ下るだけだった。標高1700mを切ったくらいから、尾根が広がり、雪も緩んでターン可能になった。悪雪を蹴散らしながら下山。
◎帰路
 戸隠から白馬へ、大望峠・白沢峠の大展望のドライブ。道の駅白馬で、おみやげを買って、温泉に入って、夕食を済ませる。糸魚川から富山までは国道8号線を走り、小杉I.C.から北陸道へ。敦賀I.C.まで深夜割引で2100円。4時頃に帰宅。
P1020706
P1020720
P1020729
P1020761

|

« 彼岸を過ぎての寒の戻り | トップページ | 扇ノ山は遠い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北八ヶ岳&戸隠、信州縦断の旅:

« 彼岸を過ぎての寒の戻り | トップページ | 扇ノ山は遠い »