« 丹後半島スイス村スキー場から太鼓山風力発電所 | トップページ | 氷ノ山三ノ丸で快適ザラメのヘタレマークターン »

2009/03/05

伯耆大山はガスの中

 例年は4月に滑っている大山だが、案内役のSさんから「今年はもう雪がなくなるでぇ」との連絡があり、3月1日に決行。山スキー仲間のすうさんにも声をかけて、3人で。
 平野部では朝の小雨も止み、午後には晴れ間が出る予報通りの天気。しかし大山4合目付近から上は、終始ガスに覆われ雪がぱらつく。
 日差しがあれば快適なザラメになるはずの雪面は、アイスバーン。しかも滑り出しは40度はありそうな急斜面。ここだけはテレマークでなくアルペンスキーでないと自信がない。
 写真は、一瞬薄日が射した夏山登山道。そして樹氷、などなど。
P1010957
P1010966
P1010971
P1010981

|

« 丹後半島スイス村スキー場から太鼓山風力発電所 | トップページ | 氷ノ山三ノ丸で快適ザラメのヘタレマークターン »

コメント

 呼んでいただいてありがとうございました。とっても楽しかったです。あんな楽しめる山が、もっと近くにあればいいのにと思いました。
 昨年は、大山に3月8日に行っていました。もちろん、雪はもっとありました。今年の少なさに驚いた次第です。今年は6合目の避難小屋も見れました。
 新しい車が待ち遠しいです。レポートお願いします。
 

投稿: すう | 2009/03/08 19:58

 クルマに乗せてもらってありがとうございました。私の家から大山までは200kmとちょっと。家からの3分の1は満身創痍の自分のクルマ、次の3分の1はすうさんのクルマ、最後の3分の1はSさんのクルマといった案配でした。
 納車待ちのクルマは、車体価格はリッターカー並、自動車税は軽自動車プラスアルファの割に、積載能力に期待できます。自転車を立てて車内に積めることも判明しました。
 さて、大山はめっきり出番の少なくなったアルペンスキーの活躍する山。あの急斜面、角付けの弱いヒールフリースキーでは自信がありません。
 というわけで、次の話題に書いたとおり、今週はうってかわってテレマークスキー向けのコースでした。

投稿: はいかい | 2009/03/08 23:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伯耆大山はガスの中:

« 丹後半島スイス村スキー場から太鼓山風力発電所 | トップページ | 氷ノ山三ノ丸で快適ザラメのヘタレマークターン »