« 10日ぶりの積雪 | トップページ | 快晴大展望!樹氷の氷ノ山 »

2009/01/25

大江山連峰鳩ヶ峰東面から東尾根滑降

 25日、午前中の仕事を終えてから大江山連峰へ。点火プラグの交換だけで修理から戻ってきたクルマは4WD。今日は千丈ヶ原までクルマで登る。正午をすぎてもまだまだ路面凍結は完全に解消せず。除雪の終点には既に5台のクルマが止まっていた。そのうちの1台、神戸ナンバーのジープは、登山でなく単なる雪見ドライブのよう。クルマの脇で男性2人連れが「スキー場でもあるんですか」。スキー登山というスタイルは見たことがなかったようだ。14:10、スノーシューとスキーのトレースがついた林道を歩き出す。
 鍋塚林道への分岐をショートカットしているうちに、上の林道を滑り降りる人影。上半身しか見えなかったが、スキーのようだ。クロカンか、山スキーか、テレマークか。なかなか見下ろす下の道へと現れてくれない。耳を澄ますと話し声が聞こえる。複数だろうか。
 林間をショートカットして上の林道へとでたら、スキーのシュプールとスノーボードのシュプール。こういうペアだったのか。
 その後も、林道のヘアピンカーブをショートカットして登る。新雪は薄く、ラッセルは浅い。スキーとスノーボードのトレースは林間をショートカットせずずっと林道をたどっている。これではスノーボードにはつらいだろう。
 1時間ちょっとで、林道終点。鍋塚と鳩ヶ峰の鞍部へ。先週はガスで見えなかった加悦谷の平野が見える。田んぼも家並みも真っ白に雪化粧している。京丹後市の山、磯砂山、金剛童子山、依遅ヶ尾山も見える。なんとスキーとスノーボードのトレースはここまで。林道だけとはもったいない。
 そこから、30分で鳩ヶ峰に登る。シールにも雪がくっつく。先行トレースはスノーシューが一人分、片道のみ。トレースは使わず自由に歩きやすい部分を歩く。山頂手前で、雪面に顔を出したブッシュに、小さな樹氷がついている。
 15:50鳩ヶ峰到着。雪がくっついて更に固く凍ったシールを力づくで剥がし、まずは来た道を滑り降りてみる。クラストして大苦戦。標高差40mほど下って、シールを貼ってのぼり返し、今度は東斜面へドロップ。上の方がクラスト、下りるとブッシュが濃くなり厳しい。何とか東尾根へと降り立つ。
 東尾根は、林と周囲の峰々が日差しを避けてくれて、昨日積もった雪が粉のまま残っていた。気持ちいい。
 動物除けのネットを越えながら、林道に降り立つ。日のあるうちにクルマに戻る。
 夕暮れで、再び凍結した山道を慎重に下る。
P1010478
P1010483
P1010518

|

« 10日ぶりの積雪 | トップページ | 快晴大展望!樹氷の氷ノ山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大江山連峰鳩ヶ峰東面から東尾根滑降:

« 10日ぶりの積雪 | トップページ | 快晴大展望!樹氷の氷ノ山 »