« 1月13日の積雪と14日の凍結 | トップページ | 10日ぶりの積雪 »

2009/01/19

1月18日大江山連峰鳩ヶ峰

 クルマが故障した。今年になってからの二回目の入院だ。前回の修理から戻ってきてから、一週間での再入院。何せ12年半、22万km。そろそろ寿命かなぁ。
 そういうわけで、代車が届いたのが10時過ぎ。そこから山へ向かう。昼過ぎから雨の予報だが、大丈夫かなぁ。 行動食との見物を買って福知山大江町のグリーンロッジへ。いつもなら登れる千丈ヶ原への雪道も2WDの代車では無理はできないので、片道3km、標高差170mの歩きが加算される。
 予報通り雨が降り出すが、小雨程度。携帯電話で降雨レーダー画像をチェックすれば本降りにはまだだいぶ間があるので、大丈夫だろう。千丈ヶ原には2台のクルマが止まっている。
 鍋塚林道にはスノーシューのトレース。ヘアピンカーブをショートカットしながら登る。そのうち、単独の女性、その後男女の2人連れと続けざまにすれ違う。
 初めは見えていた千丈ヶ嶽が雲に隠れ、鳩ヶ峰もぼんやりしてくる。鍋塚林道の終点、鳩ヶ峰と鍋塚の鞍部に到着する頃には稜線は真っ白なガスに覆われた。断続的に弱雨が降り続く。
 登山道に入ってもスノーシューのトレースは続く。雪は湿っているが、クラストせず何とか滑れそうだ。
 山頂手前でスノーシューのトレースはとぎれた。ゴーゴーと風の音が聞こえる中、山頂に到着。景色は全くえず、風に吹き飛ばされそうになりながらシールを外す。東斜面から東尾根に下りようかと思ったが、雪が少なくブッシュや岩や植林の切り株などの障害物がでこぼこしているので、無難に来た道を引き返す。ホワイトアウトに近いが、辛うじて斜面の勾配は目視できる。
 湿った雪は抵抗が大きく、快適な滑りとはいえない。林道まで下りたら、またヘアピンカーブをショートカットしながら下る。千丈ヶ原からはスキー板を担いでクルマを止めたグリーンロッジへ。
 車にスキーを積んだら舞鶴へ足を延ばす。遅くなったが、用事を済ませて帰路に就く。
P1010418
P1010426
P1010435

|

« 1月13日の積雪と14日の凍結 | トップページ | 10日ぶりの積雪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月18日大江山連峰鳩ヶ峰:

« 1月13日の積雪と14日の凍結 | トップページ | 10日ぶりの積雪 »