« 3連休の積雪は | トップページ | 1月13日碇高原リターンズ »

2009/01/12

1月12日碇高原新雪パラダイス

 平野部の雪から推してみるにまだまだ十分には積もっていないだろうけど、連休最終日の12日、お手軽まさにバックカントリーの碇高原へ。
 自宅から20km弱。厳しい雪道も、この程度なら我慢できる。すぐ南にはスイス村スキー場。
 海が近く、日本海からの季節風がまともに当たる。また牧場の牧草地であって日光もまともに当たる。そんな碇高原の雪は、質量ともにいまいち。風にとばされ余り積もらず、あっという間に鮮度も落ちる。だからこそ今日のように雪が断続的に降っているときが狙い目だ。
 テレマークスキーにシールを貼って一本目は標高495mの展望台まで登るが、ピーク直下はブッシュが埋まっていなくて余り楽しくない。その下の北西斜面の方が楽しい。吹雪の中を下る。クルマまで降りたら、再びシールを貼って登る。自分のトレースが使えるので今度はだいぶ楽だ。そして、北西斜面のみ滑る。たのしい。雪も止んで薄日が射してきた。
 クルマに下りたら小休止。シールの着脱にはもう飽きたので、今度はダブルキャンバーのウロコ板で3本目。板は軽いし、3ピンビンディングも軽快。シールを貼ったり剥がしたりもいらないので楽ちん。ただし、やっぱりターンが難しくて転ける。
 夕日が照らす斜面の3本のシュプールは、すべて自分で付けたもの。まさに独り占め。たまに通るクルマの視線を感じながら付けたものだ。
 クルマでの下山は、スイス村スキー場からの帰りのクルマと列をなして、慎重に。
P1010330
P1010337
P1010381
P1010393
P1010405

|

« 3連休の積雪は | トップページ | 1月13日碇高原リターンズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月12日碇高原新雪パラダイス:

« 3連休の積雪は | トップページ | 1月13日碇高原リターンズ »