« やはり冬はこれでないと | トップページ | BC中級者向け講習会in戸隠 »

2008/02/17

2月17日 世屋高原

 標高が低く海が近いため、一晩で鮮度の落ちる近畿北部日本海沿岸の雪。しかし、どんどん降り続いているときこそチャンス。関西でこの雪質を楽しめるのは地元民の特権。
 というわけで、昨日の碇高原に続いて、丹後半島宮津市の世屋高原だ。昼ご飯を食べて少しゆっくりしてから家を出る。
 半島北岸は荒れ模様だが、若狭湾側は穏やか。世屋高原への登りでは、降りてくるトラック軍団との離合に難儀する。みんなスノーモービルを積んでいる。
 標高500mの高原をベースに、点在する標高600m前後のピークを選んで登って下るつもりだったが、どこも藪が濃くて楽しめそうにない。勾配のある芝生広場を求めて家族旅行村へ以降としたが、そちらは道路の除雪の真っ最中で通行不能。仕方がないので、適当な斜面を見つけてそこでちょっとだけ遊んで帰ることにする。
 先ほどスノーモービルを積んだクルマたちが止まっていた木子の集落との分岐に戻ると誰もいない。そこから段々畑に登って遊ぶことにする。
 降りしきる雪の中、出発準備をしているとクルマが2台やってきた。木子にあるペンションの泊まり客と、宿のオーナーのクルマと思われる。客らしき人のクルマは香川ナンバーでタイヤチェーンを巻いている。この先の雪道、オーナーのクルマに乗り換えるらしい。
 用水路に落ちないように気を付けながら段々畑を登る。膝下のラッセルだ。畑を詰めて、山の斜面を少し登って平らになった林の中でシールを剥がす。
 さあ滑るぞ。ただ、楽しいのは最初だけ。畑は平らなのだ。段々の部分と最後の車道への斜面で、新雪のふわふわ感を味わって終了。帰り支度中に辺りが晴れて薄日が射した。
 雪の天橋立を見ながらの帰り道。家についたら、雪かき。
P1010297
P1010299
P1010314
P1010318
P1010327

|

« やはり冬はこれでないと | トップページ | BC中級者向け講習会in戸隠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月17日 世屋高原:

« やはり冬はこれでないと | トップページ | BC中級者向け講習会in戸隠 »