« 1月19日 碇高原 | トップページ | 1月22日 「深雪天国」播州戸倉スキー場 »

2008/01/20

大江山連峰積雪調査

 実は、前日の碇高原行きは、同行者がある予定だった。スキーで雪山を歩く経験のない人のための初心者コースとしての碇高原行きの予定だった。しかし、同行者が土壇場キャンセルとなり、一瞬、独りなら大江山連峰にしようか、という考えが浮かんだ。しかし、京都府の道路情報システムをチェックすれば、大江山方面よりも丹後半島北岸の方が雪が多いもよう。そこで、碇高原を訪れたのだった。
 一夜明け、本日は舞鶴で仕事。朝舞鶴へ向かう道中に見えた鍋塚は真っ白。そこで、帰り道に少し遠回りして旧大江町山の家から千丈ヶ原へと登ってみた。
 路面は圧雪で車輪をとられる。慎重にハンドルを握る。もちろん雪は少な目で、鍋塚林道分岐のペンション界隈までクルマで入ることができた。
 週明けからまた雪が降るとのことなので、そろそろ大江山にもチャンス到来か。
P1000547

|

« 1月19日 碇高原 | トップページ | 1月22日 「深雪天国」播州戸倉スキー場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大江山連峰積雪調査:

« 1月19日 碇高原 | トップページ | 1月22日 「深雪天国」播州戸倉スキー場 »