« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007/11/25

瀬戸内から帰宅

 尾道からは高速道路を使わず(往路は山陽~福山西の100km未満で通勤割引)、中国山地を南西から北東へ。岡山・鳥取県境の恩原高原・辰巳峠や鳥取・兵庫県境の戸倉峠では道ばたに雪が残っていた。
 日付が変わるころ帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/24

尾道ラーメン

船で生口島。自転車走った海岸線や橋を海上から眺める。
そしてクルマで尾道に戻って自転車のピックアップと尾道ラーメン。やや太めの平打ち麺に透明感のあるあっさり醤油スープ。
これで全日程終了。
P1070687
D1000008

| | コメント (2) | トラックバック (0)

尾道到着

観光客うじゃうじゃ。生口島まで船で戻る。乗船時刻ぴったりで尾道ラーメンおあずけ。
P1070638
P1070676

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉しまなみ小春日和

氷雨降る日本海側から瀬戸内へ。
23日は生口島瀬戸田から四国今治往復。未明からの長距離ドライブの後の82km、疲れた。寒かった。
今日は尾道へ。昼近くなってやっとポカポカ。
P1070538
P1070589
P1070619

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/22

冬が来た!

 18日の日曜からぐっと気温が下がった。丹後ではみぞれが降る。山は雪化粧。写真は、19日の若桜氷ノ山スキー場。
071119hyo3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄葉の高竜寺ヶ岳をMTBで駆ける

 14日、昼過ぎに家を出る。近場の低山とはいえ、早い夕暮れに背中を押される。
P1070466
P1070505
P1070506

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬支度の神鍋高原

 13日、午後の空きを利用して神鍋高原へ。高原の入り口の別荘地から高原をぐるりと一回り。赤や黄色に色づいた木々、オレンジ色に実る柿、軒先に干された大根、人工雪を造るスキー場、冬はもうすぐ。
P1070411
P1070447
P1070450

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/14

中国山地の山々冠雪

 12日、大山も初冠雪。平年より12日遅れ。氷ノ山はほぼ平年並み。
 ちなみに、昨年2006年は、大山11月7日、氷ノ山13日。
 一昨年2005年は、大山、氷ノ山ともに17日と、大幅に遅れ。
 その前2004年は、大山だけ平年より早く冠雪。これは10月下旬に台風が一時的に作った西高東低の気圧配置によるもの。扇ノ山などは平年より1ヶ月も遅れて12月に冠雪。
 とにかく近年の11月は、暖かい。
 本日14日の北近畿は、午前中を中心に日がさして、4日ぶりで2度目の小春日和。氷ノ山の雪もすっかり解けた。
071114hyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/12

小春日和からうらにしへ

 10日は文字通りの小春日和。11日朝の降り始めから寒さが到来。その夜から翌12日は、時折雷を伴ってあられやみぞれの降る天気。基本的には鉛色の空だが、日が差す時間帯も。これが本来の11月。不安定な空模様が、まさにうらにし。
 氷ノ山は冠雪だそうだ。
Cimg0052

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/10

落葉の絨毯で氷ノ山

 すでに電脳徘徊本体に報告したとおり、文化の日には扇ノ山。陰暦10月1日、初日から小春日和の本日は氷ノ山。秋の夜長、毎夜の夜更かしで、朝はゆっくり起きて昼前に出発するのが精一杯。日没は早いし、かってしったる山にしか行けません。アプローチの道中、紅葉がきれい。天滝も秋色。
 ああ、山頂でもう日が傾いてきた。急いで下山しないと。
P1070340
P1070354
P1070385_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »