« 晴れたら走ってしまう | トップページ | 落葉の絨毯で氷ノ山 »

2007/10/28

「冬花火」というけれど

P1070188
 舞鶴で仕事を終えて帰る途中、はるか前方の夜空に光る大輪の花が見えた。そういえば、昼間、仕事の前の走りの際に「冬花火」の案内を見かけた。
 10月最後の日曜日に天橋立で花火をするようになって何年目だろう。始まった頃は「冬花火」という名の通り、冷たい夜風に震えながら季節はずれの花火を見る、という感じだったのだが…。
 ちっとも寒くないなぁ。
P1070183_2

|

« 晴れたら走ってしまう | トップページ | 落葉の絨毯で氷ノ山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「冬花火」というけれど:

» 天橋立揺らす「ふゆ花火」(京都宮津) [京都日記~独り言~]
「日本三景天橋立ふゆ花火」(心・ルネサンス天橋立実行委主催)が28日夜、京都府宮津市府中地区で催され、2000発の花火が天橋立や夜空を照らした。 京阪神などからの観光客や写真愛好者ら約1万2000人(主催者発表)が集まったそうです。 会場には、露店が並んで祭りの雰囲気を演出。天の橋立音頭府中保存会による「天の橋立音頭」や、「宮津節」も披露されたとのこと。 丹後地域史へのいざない... [続きを読む]

受信: 2007/10/29 13:18

« 晴れたら走ってしまう | トップページ | 落葉の絨毯で氷ノ山 »