« 八木北部日置林道と紅葉峠 | トップページ | 気温は高くないけど »

2007/08/29

猛暑の笠形山

 26日朝、北近畿では豊岡測候所と宮津アメダスで20度を切る最低気温を観測した。因みに去年は9月になってからだった。8月の猛暑も一段落といった感じだ。扇風機から吹く風が涼しい。適温でよく眠れた。起きてからまたうとうとしてしまい、10時半に家を出る。
 2時間を越えるドライブの中、気温がうなぎ登り。播州市川で県道34号線に入り、舟坂峠寺家集落。笠形山の登山口の一つ、大鳥居にクルマを止める。
 すでに午後、下山してきた人は大汗をかいている。MTBを組んで林道を行く。このコースは、登山道に平行して、笠形神社直下まで林道がある。山頂までの押し上げはせず、林道のみMTBを利用する予定。
 開いたままの動物除けのゲートを越え、登山道との交差点を経てすぐに笠形寺。杉林の中の道は急勾配となり、汗がしたたり落ちる。押しにかかる。路面は簡易舗装。
 30分強で林道の終点。ここから笠形神社までは、シングルとダブルの中間の荒れたトラック。しばらくMTBを押して登るがすぐにあきらめてデポ。
 神社では2人作業員さんが、草刈り作業。挨拶を交わす。神社から本格的なシングルトラック。ほとんど杉林の中で、展望は山頂、笠ヶ丸、そしてその途中とピンポイントの3カ所のみ。アブやハエに追われながら山頂へ。登山口から1時間40分で山頂。
 道中1人にすれ違い、山頂で2人の登山者と出会う。山頂の2人は、別方向に下山していった。山頂からは360度の展望が広がる。しかし、暑いので15分ほどで下山開始。
 歩いての下りはつまらない。やはり、山はスキーかMTBで下山するのがいい。40分ほどで笠形神社。MTBと合流し、簡易舗装の道を下る。ただし、勾配がきつすぎてとばせない。最後に笠形寺下の分岐からシングルトラックに突入。MTBのお楽しみ。山頂からトータル1時間強で大鳥居に下山。
 とにかくすごい汗だ。Tシャツは絞ったら汗が流れそう。着替えを済ませて帰路に就く。今日は北風、播磨側はフェーン現象。日本海が近づくにつれ涼しい風に包まれる。但馬、丹後の道沿いの温度計は18時を過ぎで23~25度。
 夕方すーっと気温が下がった日本海側だが、夜は曇り空となって放射冷却起こらず。やや蒸し暑い夜。

市川町寺家大鳥居[274]13:28 - 14:19笠形神社[620] - 14:48笠ヶ丸[887] -
15:07笠形山[938]15:21 - 15:39笠ヶ丸 - 16:06笠形神社 - 16:30大鳥居
P1050656
P1050658
P1050678

|

« 八木北部日置林道と紅葉峠 | トップページ | 気温は高くないけど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猛暑の笠形山:

« 八木北部日置林道と紅葉峠 | トップページ | 気温は高くないけど »